乃木坂46、12人そろっての3期生公演 大園&与田のWセンターはマイペースぶりを発揮

2017年10月6日 / 15:32

公開舞台稽古を行った乃木坂46の3期生

 乃木坂46 3期生公演「見殺し姫」の囲み取材および公開舞台稽古が6日、東京都内で行われ、伊藤理々杏、岩本蓮加、梅澤美波、大園桃子、久保史緒里、阪口珠美、佐藤楓、中村麗乃、向井葉月、山下美月、吉田綾乃クリスティー、与田祐希が出席した。

 本作は、3期生12人がメインキャストとして出演する完全オリジナル作品。平安末期の平家の世を舞台に、塀に囲まれた屋敷で暮らす12人の若き姫たちを演じる。

 それぞれのメンバーに合った役が割り当てられた。山下は「一言で言うとのぞき魔。なんでかなと思ったけど、よく目が大きいと言われるからかな。やっと眼力が生かせる機会ができた」と気合十分。

 1人ずつ見どころをアピールしたが、大園は「虫が大好きな役なんですけど、そんなこと一言も言っていない。でも虫は嫌いじゃないです。役を頑張ります」と笑わせた。

 乃木坂46のシングル「逃げ水」では大園と共にWセンターに抜てきされた与田。19thシングルにも3期生による楽曲が収録されるなど十分な期待を受け、「声が大きくリーダーシップがあって行動力がある役。本来の自分にはあまり結びつかないと思ったけど、この舞台では皆を引っ張っていけるよう頑張ります」と意気込みを語った。

 その一方、物語にちなんだ「もし現代の若き姫になったら何をしたいか」との質問には「この間、浪費癖がどうこう言われることがあって貯金を始めたので、貯金をやめたいです」とユニークな回答を。

 大園も乃木坂46加入から1年で「しゃべるのは慣れていません。歌うのは慣れました」と語るなど、そろってマイペースぶりを見せつけた。

 また、梅澤は「半年前ぐらいに『プリンシパル』をやらせてもらって、オーディション形式だった。舞台に立てないメンバーもいたので、12人で舞台に立てることをありがたく思います」と改めて感謝の思いを述べ、「成長した3期生を見せたい。3期生はまだまだできるんだぞって姿を見て帰ってもらいたい」と期待していた。

 舞台は都内、AiiA 2.5 Theater Tokyoで6日~15日に上演。


芸能ニュースNEWS

山崎賢人「人間としての弱さや愚かさに共感できた」 松岡茉優「言いたいせりふがたくさんあった」

映画2020年3月27日

 映画『劇場』の完成記念イベントが25日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、松岡茉優、寛一郎と行定勲監督、原作者の又吉直樹が登壇した。  芥川賞作家の又吉による同名小説を映画化した本作は、劇作家を目指す主人公・永田(山崎)と、彼を必死に支 … 続きを読む

Matt、伝えたいメッセージは「LOVE」 「大変な時期だからこそ、思いやりの気持ちを」

イベント2020年3月27日

 「イヴ・サンローラン・ボーテ 表参道 フラッグシップ ブティック」テープカットセレモニーが26日、東京都内で行われ、モデルでタレントのMattが出席した。  この日は、同ブランド初の“ジャパンアンバサダー”に就任したタレントのローラも出席 … 続きを読む

松雪泰子「黒木華ちゃんは本当に天使だった」 『甘いお酒でうがい』で40代の独身女性役

映画2020年3月24日

 映画『甘いお酒でうがい』大ヒット祈願イベントが24日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、黒木華、清水尋也が登壇した。  お笑い芸人シソンヌ・じろうが、40代の独身女性・川嶋佳子が日記につづった517日間の日常を描いた同名小説を映画化。松 … 続きを読む

市川染五郎「声優初挑戦はすごく不安だった」 父・松本幸四郎は「良かったよ」

映画2020年3月24日

 映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』完成報告会が23日、東京都内で行われ、声優を務めた市川染五郎、杉咲花とイシグロキョウヘイ監督が登壇した。  本作は、俳句以外では思ったことがなかなか口に出せないチェリー(染五郎)と、見た目のコンプレ … 続きを読む

今泉佑唯が美しき刺客を演じ切る 舞台「あずみ~戦国編~」

舞台・ミュージカル2020年3月20日

 舞台「あずみ~戦国編~」の公開稽古が19日、東京都内のBunkamura シアターコクーンで開催された。  原作の『あずみ』は、第43回小学館漫画賞を受賞した小山ゆう氏の人気漫画。激動の戦国時代に、刺客という過酷な使命を背負い、屈強な男た … 続きを読む

page top