満島ひかり&永山絢斗がツーショット登壇 破局危機問われるも笑顔

2017年6月27日 / 21:13

和気あいあいのトークを展開した満島ひかり(左)と永山絢斗

 映画『海辺の生と死』の舞台あいさつ付き完成披露上映会が27日、東京都内で行われ、出演者の満島ひかり、永山絢斗、井之脇海、川瀬陽太、津嘉山正種と越川道夫監督が出席した。

 本作は、互いに小説家である島尾敏雄とその妻・島尾ミホが、それぞれ執筆した鮮烈な出会いと恋の物語を映画化。2人が出会った奄美大島、加計呂麻島でロケが行われ、満島にとっては4年ぶりの単独主演作となった。

 島尾ミホがモデルのヒロイン、大平トエを演じた満島は「満島家は奄美大島の生まれで、沖縄で育ったものの、方言も歌や踊りも耳なじみのあるものでした」と明かし、ふるさとでの撮影では「13歳で上京したので、13歳からのふるさとの生活をちょっとやり直している感覚でもありました」と撮影以外の部分でも感じるものがあったという。

 トエの恋人で島尾敏雄をモデルとした朔中尉役の永山は、実在の人物を演じるのは初めてだったといい「実際にそういう経験をしてみると、もう少し深いところにいける努力ができるもんだなと。島にはどこに行っても島尾敏雄さんの名前があって、たくさんそういうところにピースが落っこちていたので助かりました」と役づくりを振り返った。

 「島尾ミホは愛に生きた方だと思う」と印象を語った満島は、映画にも出演した現地の子どもたちから「トエ先生は好きな人のために死ぬの?」と問われ、「そういう話だね」と答えたところ「駄目だよ、そんな男はやめなさい」と諭されたという。笑いながら「感受性豊かな子どもたちで。(恋人役の)永山くんのことじゃないですけどね」と冗談も飛ばして和気あいあいのトークを展開した。

 また、昨年交際が明らかになった満島と永山はこの日、ステージ上でも隣同士に並び、交際発覚後初のツーショットを披露。一部で破局危機が報じられたばかりだが、降壇時に報道陣から問われると、永山は言葉はなかったものの笑顔で一礼し、続く満島は手でOKサインを作って笑顔を見せた。

 映画は7月29日からテアトル新宿ほか全国順次公開。

(左から)川瀬陽太、井之脇海、満島ひかり、永山絢斗、津嘉山正種、越川道夫監督


芸能ニュースNEWS

山崎賢人「人間としての弱さや愚かさに共感できた」 松岡茉優「言いたいせりふがたくさんあった」

映画2020年3月27日

 映画『劇場』の完成記念イベントが25日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、松岡茉優、寛一郎と行定勲監督、原作者の又吉直樹が登壇した。  芥川賞作家の又吉による同名小説を映画化した本作は、劇作家を目指す主人公・永田(山崎)と、彼を必死に支 … 続きを読む

Matt、伝えたいメッセージは「LOVE」 「大変な時期だからこそ、思いやりの気持ちを」

イベント2020年3月27日

 「イヴ・サンローラン・ボーテ 表参道 フラッグシップ ブティック」テープカットセレモニーが26日、東京都内で行われ、モデルでタレントのMattが出席した。  この日は、同ブランド初の“ジャパンアンバサダー”に就任したタレントのローラも出席 … 続きを読む

松雪泰子「黒木華ちゃんは本当に天使だった」 『甘いお酒でうがい』で40代の独身女性役

映画2020年3月24日

 映画『甘いお酒でうがい』大ヒット祈願イベントが24日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、黒木華、清水尋也が登壇した。  お笑い芸人シソンヌ・じろうが、40代の独身女性・川嶋佳子が日記につづった517日間の日常を描いた同名小説を映画化。松 … 続きを読む

市川染五郎「声優初挑戦はすごく不安だった」 父・松本幸四郎は「良かったよ」

映画2020年3月24日

 映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』完成報告会が23日、東京都内で行われ、声優を務めた市川染五郎、杉咲花とイシグロキョウヘイ監督が登壇した。  本作は、俳句以外では思ったことがなかなか口に出せないチェリー(染五郎)と、見た目のコンプレ … 続きを読む

今泉佑唯が美しき刺客を演じ切る 舞台「あずみ~戦国編~」

舞台・ミュージカル2020年3月20日

 舞台「あずみ~戦国編~」の公開稽古が19日、東京都内のBunkamura シアターコクーンで開催された。  原作の『あずみ』は、第43回小学館漫画賞を受賞した小山ゆう氏の人気漫画。激動の戦国時代に、刺客という過酷な使命を背負い、屈強な男た … 続きを読む

page top