梅沢富美男、自分の人生を狂わせた女は…? 男の浮気については「甲斐性」

2017年5月19日 / 10:27

男のロマンについて語った梅沢富美男

 映画『夜に生きる』の公開直前イベントが18日、東京都内で行われ、ゲストとして俳優の梅沢富美男が登場した。

 本作は、警察幹部の息子でありながら、ギャングの世界へ足を踏み入れ“夜に生きる”と決意した男ジョー(ベン・アフレック)を描いたクライム・エンターテインメント。

 主人公の設定にちなみ、「運命を狂わせる女に今まで出会ったことは?」と尋ねられた梅沢は「あります。佐々木希だったね」と即答し、「あれはいい女だったね」としみじみ。

 どんな仕事でも、必ず先に台本に目を通して、自分に合う役かどうかを見極めてからオファーを受けるスタイルを貫いてきた梅沢だが、唯一「『佐々木希と共演しませんか?』と言われた瞬間に『出ます!』って、役柄も何も聞かずに決めちゃった」と告白。「いや、いい匂いがしてたね~」と笑わせた。

 父親役を演じた梅沢は佐々木との“抱擁シーン”もあったといい「絶対に3回はNGを…と思って。滅多に無いじゃない。1回でOKじゃもったいない。(NG出して)『ごめんね』と言いながらやりました」とぶっちゃけ、報道陣を笑わせた。

 また“男のロマン”に話題が及ぶと、梅沢は「浮気だってそう。男の甲斐性で浮気しているんだから。だから甲斐性無いやつは浮気はするなと言ってるの。(俺は)『遊びに来てください』と言っている所に遊びに行っているんだから何が悪いんだよ」とコメント。

 「男のいる女には手を出しませんよ。その辺のルールはキチッと守っている」と強調した上で、昨年から続く芸能界の不倫騒動にも触れ「確かに僕が遊べば不倫になるのでしょうが、そんなことでマスコミの方が追っかけるのはおかしいと思う」と持論を展開した。

 続けて「モテるんだから、当然のこと。役者なんてモテたくてやっているやつがたくさんいる。俺だってそう。この世界では、人生は何でも経験していって、初めて芸の肥やしになる。まじめに家に帰ってかあちゃんのお茶漬け食ってるようじゃ、人生駄目ですよ。男というのはそんなのじゃ駄目」と言い切った。


芸能ニュースNEWS

中島健人、ネット炎上や誹謗中傷などの“SNSトラブル”を語る 「アイドルとして、いろんな言葉を全身で受け止めて来た」

ドラマ2024年7月14日

 ドラマ「しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~」の記者会見が12日、東京都内で行われ、出演者の中島健人、白石聖、片平なぎさが登場した。  本作は、原作・左藤真通氏、作画・富士屋カツヒト氏の同名漫画をドラマ化。変わり者の弁護士 … 続きを読む

「ギークス」“基山伊織”滝沢カレンの複雑な家庭環境が話題に 「家族が全員ヤバい」「父親はとんだろくでなし」

ドラマ2024年7月12日

 松岡茉優が主演するドラマ「ギークス~警察署の変人たち~」(フジテレビ系)の第2話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、警察署に勤務する、卓越した知識や技術を持っているのに人間関係が苦手な“3人の女ギーク”(=賢いオタ … 続きを読む

「クラスメイトの女子、全員好きでした」ジャイアン声優・木村昴の初主演作に反響 「ダメな男のツボに入れてくる」「展開最高ー」

ドラマ2024年7月12日

 「クラスメイトの女子、全員好きでした」は、偶然手に入れた小説を盗作し、人気作家となった枝松脛男(木村昴)が、中学時代に恋したクラスメイト女子たちとの思い出を回想しながら編集者の片山美晴(新川優愛)と“真の作者”を探すハートフルコメディー。 … 続きを読む

三谷幸喜が主宰する東京サンシャインボーイズが30年ぶりに復活 「傑作になるような予感がしています」

舞台・ミュージカル2024年7月12日

 東京サンシャインボーイズによる新作舞台の製作発表会見が11日、東京都内で行われ、作・演出の三谷幸喜、出演者の相島一之、阿南健治、小原雅人、梶原善、甲本雅裕、吉田羊ほかが登壇した。  東京サンシャインボーイズは、1983年に三谷が高校、大学 … 続きを読む

「新宿野戦病院」「死ぬとき、命が消えるとき、皆心臓が止まり、息が止まり、冷たくなる」「やっぱり出たペヤング!」

ドラマ2024年7月11日

 脚本・宮藤官九郎氏の「新宿野戦病院」(フジテレビ系)の第2話が、10日に放送された。  本作は新宿・歌舞伎町にある病院を舞台に、さまざまなバックボーンを持つ“訳あり”な登場人物たちが交錯する社会の構図をテーマとし、ときにユーモアを織り交ぜ … 続きを読む

Willfriends

page top