上原多香子、舞台「くちづけ」で本格復帰 「この日を迎えられた喜びでいっぱい」

2015年10月7日 / 19:06

本格復帰する上原多香子

 舞台「くちづけ」の公開稽古が7日、東京都内で行われ、出演者の金田明夫、森田涼花、大和田獏、かとうかず子、柴田理恵、上原多香子、出演のほか作・演出を手掛ける宅間孝行が取材に応じた。

 実話を基に制作されたこの作品は、知的障がいの娘・マコ(森田)とその父親・いっぽん(金田)の切ない愛情を描く。2013年には映画化もされた人気作。昨年9月に夫でET-KINGのTENNさんが亡くなって以降、活動を休止していた上原はこの舞台で本格復帰を果たす。

 報道陣から「お帰りなさい」と声を掛けられた上原は、笑顔で応じながら「稽古は1カ月あったとはいえ、あっという間でした。皆さんにどう感じていただけるか楽しみです」と意気込みのあいさつ。上原が演じるのは、知的障がい者の兄を持つ妹役。自身は健常者の役だが「とても難しかった。実際に知的障がいの女の子のご家族の方に稽古場に来ていただいて、いろんな意見をいただいたり、グループホームを訪問したりしました」と役作りを明かした。

 そんな上原について兄役の宅間は「いい芝居するんです。これはちょっと見ていただきたい。もう踊っているだけじゃないぞ、泣かせるぞと。名演をしております」と太鼓判。さらに「みんなで飲み会をやった時に、たかちゃんが炊飯器を持ってきて炊き込みご飯を作ってくれた。その後も稽古場でたかちゃんが毎日いろいろ炊いてくれる」とほほえましいエピソードを披露。

 照れ笑いを浮かべた上原は、最後に報道陣からあらためて復帰の心境を問われると「ずっと稽古に集中していた。お話をいただいてからやっとこの日を迎えられた喜びでいっぱい。待ってくださっていた方々に早くお会いしたいです」と熱い思いを語った。

 舞台は7日~18日、都内のサンシャイン劇場を皮切りに、12月13日まで全国10都市で上演。

(前列左から)宅間孝行、金田明夫、森田涼花、(後列左から)柴田理恵、大和田獏、かとうかず子、上原多香子

(前列左から)宅間孝行、金田明夫、森田涼花、(後列左から)柴田理恵、大和田獏、かとうかず子、上原多香子


芸能ニュースNEWS

中島健人、ネット炎上や誹謗中傷などの“SNSトラブル”を語る 「アイドルとして、いろんな言葉を全身で受け止めて来た」

ドラマ2024年7月14日

 ドラマ「しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~」の記者会見が12日、東京都内で行われ、出演者の中島健人、白石聖、片平なぎさが登場した。  本作は、原作・左藤真通氏、作画・富士屋カツヒト氏の同名漫画をドラマ化。変わり者の弁護士 … 続きを読む

「ギークス」“基山伊織”滝沢カレンの複雑な家庭環境が話題に 「家族が全員ヤバい」「父親はとんだろくでなし」

ドラマ2024年7月12日

 松岡茉優が主演するドラマ「ギークス~警察署の変人たち~」(フジテレビ系)の第2話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、警察署に勤務する、卓越した知識や技術を持っているのに人間関係が苦手な“3人の女ギーク”(=賢いオタ … 続きを読む

「クラスメイトの女子、全員好きでした」ジャイアン声優・木村昴の初主演作に反響 「ダメな男のツボに入れてくる」「展開最高ー」

ドラマ2024年7月12日

 「クラスメイトの女子、全員好きでした」は、偶然手に入れた小説を盗作し、人気作家となった枝松脛男(木村昴)が、中学時代に恋したクラスメイト女子たちとの思い出を回想しながら編集者の片山美晴(新川優愛)と“真の作者”を探すハートフルコメディー。 … 続きを読む

三谷幸喜が主宰する東京サンシャインボーイズが30年ぶりに復活 「傑作になるような予感がしています」

舞台・ミュージカル2024年7月12日

 東京サンシャインボーイズによる新作舞台の製作発表会見が11日、東京都内で行われ、作・演出の三谷幸喜、出演者の相島一之、阿南健治、小原雅人、梶原善、甲本雅裕、吉田羊ほかが登壇した。  東京サンシャインボーイズは、1983年に三谷が高校、大学 … 続きを読む

「新宿野戦病院」「死ぬとき、命が消えるとき、皆心臓が止まり、息が止まり、冷たくなる」「やっぱり出たペヤング!」

ドラマ2024年7月11日

 脚本・宮藤官九郎氏の「新宿野戦病院」(フジテレビ系)の第2話が、10日に放送された。  本作は新宿・歌舞伎町にある病院を舞台に、さまざまなバックボーンを持つ“訳あり”な登場人物たちが交錯する社会の構図をテーマとし、ときにユーモアを織り交ぜ … 続きを読む

Willfriends

page top