中川翔子、ポージング位置間違え平謝り 人妻役を演じるも「リアルでも人妻になりたい」

2017年3月25日 / 13:22

ランウェーを歩いた中川翔子

 ファッションを通じて自分スタイルを具現できる街・渋谷の魅力を伝える共同キャンペーン「第7回 渋谷ファッションウイーク」のファッションショー「SHIBUYA RUNWAY」が24日、東京都内の金王八幡宮で行われ、キャンペーンのアンバサダーを務める中川翔子ほかが出席した。

 「MADE IN SHIBUYA」をテーマにした白いワンピース姿で登場した中川は、参道をランウェーに見立てたレッドカーペットを歩いたが、本来の位置よりも大幅に手前で立ち止まってポージングし、再登場して歩き直す場面があった。

 フィナーレでは後ろに引き連れたスタッフの指示のもと、正しいポジショニングで“ジョジョ立ち”などのポーズを決め、まさかのトラブルに「いろいろな意味で一生忘れられない日になりました」と恐縮した。

 「アンバサダーの大役に抜てきしていただいて、どんなポージングをしようかなと、こんな短足が選んでいただいて先祖にも伝えたいと思うぐらい今日の日を楽しみにしていたんです」と語り、「緊張のあまり立ち位置を2度も間違える大失態。戻ったらもう一度行ってと言われて、また同じことをしました。関係各所の皆さんにスライディング土下座したい」と平謝りだった。

 「ファッションは心の色を映す装備だと思う。今年は32歳になる年で、父が亡くなった年と並び、越えていく年。終着駅じゃなくてここからスタートということで、真っ白で来ました」とこの日のファッションのポイントを説明し、「本厄ですが、神社を歩けたことが厄落としになったんじゃないかと思います」と語った。

 また「今度人妻で子持ちの役をやることになったので」とロングだった髪をショートボブに切っており、「リアルでも人妻になりたい。そんなわくわくのドラマがほしい。『誰か助けてください』と声を大にして叫びたいです。楽しんできらきらとしていれば出会いもあるといいなと思って、明日にでもそういう人生になれれば」と切実な思いを吐露した。


芸能ニュースNEWS

「その女、ジルバ」“スミレ”江口のりこに祝福の声  「見ているこっちまで幸せになった」

ドラマ2021年3月1日

 池脇千鶴主演のドラマ「その女、ジルバ」(東海テレビ・フジテレビ系)の第8話が、28日に放送された。  会社を辞めて、BAR「OLD JACK&ROSE」での仕事一本に絞る決意をした新(池脇)。退職届を提出し、バーでの仕事に気合が入るが、前 … 続きを読む

「天国と地獄」第7話は「難解過ぎて面白い」 「東朔也と日高の母親が彩子の中にいるのか」

ドラマ2021年3月1日

 綾瀬はるか主演のドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」(TBS系)の第7話が、28日に放送された。  本作は、女性刑事の望月彩子(綾瀬)と、サイコパスな殺人鬼・日高陽斗(高橋一生)の魂が入れ替わり、運命が交錯していく物語(※以降、<>内は … 続きを読む

柳楽優弥、モンゴルでの過酷な撮影を回顧 「オオカミと向き合うってなかなかない」

映画2021年2月26日

 映画『ターコイズの空の下で』初日舞台あいさつが26日、東京都内で行われ、主演の柳楽優弥とKENTARO監督が登壇した。  本作は、裕福な家庭で甘やかされて育った日本人男性タケシ(柳楽)が、実業家の祖父により、終戦後に生き別れとなった祖父の … 続きを読む

「にじいろカルテ」“真空”高畑充希が倒れる 「真空を励ます村人たちの合唱に涙腺崩壊した」

ドラマ2021年2月26日

 高畑充希が主演するドラマ「にじいろカルテ」(テレビ朝日系)の第6話が、25日に放送された。  本作は、山奥にある「虹ノ村診療所」を舞台に、ポンコツ内科医の真空(高畑)と、癖の強い外科医の朔(井浦新)、看護師の太陽(北村匠海)の姿を描くチー … 続きを読む

「知ってるワイフ」“澪”広瀬アリスが思いを告白 “津山”松下洸平に「幸せになってほしい」の声

ドラマ2021年2月26日

 大倉忠義主演のドラマ「知ってるワイフ」(フジテレビ系)の第8話が、25日に放送された。  朝、剣崎元春(大倉)が目覚めたとき、口論の末に家を出た妻の沙也佳(瀧本美織)の姿はなかった。  翌日、元春の支店に、沙也佳から洋服などが詰まったスー … 続きを読む

amazon

page top