斎藤工「排泄物の目線」を追体験!? 豊川悦司も立ち○○○の話で対抗

2017年4月8日 / 17:18

『ラブレター』に出演する斎藤工

 映画『ブルーハーツが聴こえる』の初日舞台あいさつが8日、東京都内で行われ、出演者の斎藤工、山本舞香、市原隼人、豊川悦司、三浦貴大ほかが登壇した。

 1995年に解散した伝説のロックバンド「THE BLUE HEARTS」の楽曲を、6人の気鋭監督がそれぞれ自由な解釈で映像化した、6篇から成るオムニバス映画。

 斎藤は、その中の『ラブレター』(井口昇監督)で、自身の高校時代にタイムスリップし、当時片思いしていた美少女・彩乃(山本)と再会する脚本家の大輔役を熱演した。撮影中の“学ラン姿”を振り返った斎藤が「待っている時間が結構すごいシュールでしたね。おじさんが学ランを着ているという…」と自虐的に語ると、井口監督も「工さんは学ランのまま、エキストラのお子さんと餅を焼いて食べていました」とエピソードを披露。さらに「僕が(自分の仕事が)終わっていったらみんな食べ終わっていて」と“食べ物の恨み”を持ち出す井口監督に、斎藤は「それ、ここで言う話ですか?」と苦笑いだった。

 また、高校時代の大輔は、今の風貌とはまるで違った“おデブの映画少年”という設定だが、これは井口監督が「高校時代に全然モテなかった僕」をモチーフとしたものだといい「(僕を)工さんに置き換えて描いたら楽しいかなと思って。人生の復讐です」とニヤリ。大輔がトイレに流されてタイムスリップするという描写についても「トイレが一番夢があると思ったし、単純に工さんがトイレから出てきたら面白いと思ったから」と説明した。

 斎藤も「撮影はクリスマスの夜でしたね」としみじみ。演じながら「排泄物の目線はこんな感じなのかなと思って、いろんな感情が分かりました」と語り、会場の笑いを誘った。

 そんな中、『1001のバイオリン』でメガホンを取った李相日監督は「トイレの話に勝つには立ちションの話しかない」と主演した豊川に撮影での出来事を語るように“指示”。豊川は苦笑いしながらも「三浦(貴大)くんと2人で『東京オリンピック成功』と書かれた横断幕に立ちションするシーンがあるのですが、演出部が用意してくれたニセのおしっこのボトルというのがなかなかうまくいかずに…。なので、あれは自前です」と衝撃の告白で会場を盛り上げた。

(左から)市原隼人、斎藤工、豊川悦司、山本舞香、三浦貴大

(左から)市原隼人、斎藤工、豊川悦司、山本舞香、三浦貴大


芸能ニュースNEWS

中村獅童「女殺油地獄」を“倉庫”で上演 「古典を守りつつ革新を追求していく」

舞台・ミュージカル2019年3月24日

 オフシアター歌舞伎「女殺油地獄」の取材会が22日、東京都内で行われ、出演者の中村獅童、演出・脚本を担当する赤堀雅秋氏が出席した。  原作は300年前の実話を基にした人形浄瑠璃の名作。油屋の放蕩(ほうとう)息子・与兵衛は、借金の返済に困って … 続きを読む

中村勘九郎“代役”の三宅弘城にコメント 「以前からファン。楽しみでしょうがない」

ドラマ2019年3月23日

 大河ドラマ「いだてん」トークツアーin 東京都文京区が23日、東京都内で行われ、主人公の金栗四三役の中村勘九郎と三島弥彦役の生田斗真が出席。イベント後に報道陣の取材に応じた。  NHKは19日、ピエール瀧容疑者が麻薬取締法違反容疑で逮捕さ … 続きを読む

「いだてん」制作統括、ピエール瀧についてコメント 「とにかくショックだし、つらいし、残念」

ドラマ2019年3月23日

 俳優でミュージシャンのピエール瀧容疑者が麻薬取締法違反容疑で逮捕されたことを受け、NHK大河ドラマ「いだてん」の制作統括・訓覇圭氏が23日、東京都内で取材に応じた。  今回の件に関する見解を聞かれた訓覇氏は「とにかくショックだし、つらいし … 続きを読む

田中圭、興味があるのは「執筆活動」 「ゼロから物事を生み出すってすごい」

映画2019年3月23日

 映画『美人が婚活してみたら』の初日舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演者の黒川芽以、臼田あさ美、中村倫也、田中圭、脚本のじろう(シソンヌ)と大九明子監督が登壇した。  本作は、不毛な恋愛を続け、気が付けば32歳になっていた主人公タ … 続きを読む

おかずクラブ、羽田で「たびレジ」をPR ゆいP「新婚旅行でモルディブに行きたい」

トレンド2019年3月22日

 「外務省×よしもと 海外安全対策ステージ」イベントが22日、東京都内の羽田空港国際線ターミナルで行われ、お笑いコンビ・おかずクラブのオカリナとゆいPが登場した。 続きを読む

page top