斎藤工「排泄物の目線」を追体験!? 豊川悦司も立ち○○○の話で対抗

2017年4月8日 / 17:18

『ラブレター』に出演する斎藤工

 映画『ブルーハーツが聴こえる』の初日舞台あいさつが8日、東京都内で行われ、出演者の斎藤工、山本舞香、市原隼人、豊川悦司、三浦貴大ほかが登壇した。

 1995年に解散した伝説のロックバンド「THE BLUE HEARTS」の楽曲を、6人の気鋭監督がそれぞれ自由な解釈で映像化した、6篇から成るオムニバス映画。

 斎藤は、その中の『ラブレター』(井口昇監督)で、自身の高校時代にタイムスリップし、当時片思いしていた美少女・彩乃(山本)と再会する脚本家の大輔役を熱演した。撮影中の“学ラン姿”を振り返った斎藤が「待っている時間が結構すごいシュールでしたね。おじさんが学ランを着ているという…」と自虐的に語ると、井口監督も「工さんは学ランのまま、エキストラのお子さんと餅を焼いて食べていました」とエピソードを披露。さらに「僕が(自分の仕事が)終わっていったらみんな食べ終わっていて」と“食べ物の恨み”を持ち出す井口監督に、斎藤は「それ、ここで言う話ですか?」と苦笑いだった。

 また、高校時代の大輔は、今の風貌とはまるで違った“おデブの映画少年”という設定だが、これは井口監督が「高校時代に全然モテなかった僕」をモチーフとしたものだといい「(僕を)工さんに置き換えて描いたら楽しいかなと思って。人生の復讐です」とニヤリ。大輔がトイレに流されてタイムスリップするという描写についても「トイレが一番夢があると思ったし、単純に工さんがトイレから出てきたら面白いと思ったから」と説明した。

 斎藤も「撮影はクリスマスの夜でしたね」としみじみ。演じながら「排泄物の目線はこんな感じなのかなと思って、いろんな感情が分かりました」と語り、会場の笑いを誘った。

 そんな中、『1001のバイオリン』でメガホンを取った李相日監督は「トイレの話に勝つには立ちションの話しかない」と主演した豊川に撮影での出来事を語るように“指示”。豊川は苦笑いしながらも「三浦(貴大)くんと2人で『東京オリンピック成功』と書かれた横断幕に立ちションするシーンがあるのですが、演出部が用意してくれたニセのおしっこのボトルというのがなかなかうまくいかずに…。なので、あれは自前です」と衝撃の告白で会場を盛り上げた。

(左から)市原隼人、斎藤工、豊川悦司、山本舞香、三浦貴大

(左から)市原隼人、斎藤工、豊川悦司、山本舞香、三浦貴大


芸能ニュースNEWS

霜降り明星、低姿勢貫く 次なる“冠”獲得期待も「反感買わないように」

トレンド2019年5月22日

 「よしもと学園祭2019」オススメタレントお披露目会が22日、東京都内で行われ、霜降り明星ほかが出席した。 続きを読む

堤真一「自分の映画を見て初めて泣いた」 『泣くな赤鬼』完成披露、結婚&妊娠発表の川栄李奈も登場

映画2019年5月22日

 映画『泣くな赤鬼』の完成披露試写会が21日、東京都内で行われ、出演者の堤真一、柳楽優弥、川栄李奈、竜星涼と兼重淳監督が登壇した。  本作は、重松清氏の同名短編を映画化。厳しくすることでしか教え子に向き合えなかった熱血教師の“赤鬼先生”(堤 … 続きを読む

北斗晶、薬物依存について考える 「もし自分の子なら寄り添って戦えるのか」

トレンド2019年5月21日

 映画『ベン・イズ・バック』トークイベントが21日、東京都内で行われ、ゲストとしてタレントの北斗晶、内科医で作家のおおたわ史絵氏が出席した。 続きを読む

今田美桜、公開アフレコに挑戦 声優業は「すごく難しくて勉強中です」

映画2019年5月21日

 映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』アフレコイベントが21日、東京都内で行われ、日本語版吹き替え声優を務める女優の今田美桜が出席した。  本作は、ブラックスーツとサングラスに身を包み、地球上に生息するエイリアンが犯罪や侵略行為 … 続きを読む

長谷川博己、大河ドラマの撮影を前に墓参 「『必ずいいものにします』と念を込めました」

ドラマ2019年5月21日

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」で戦国武将・明智光秀を演じる長谷川博己が20日、光秀の菩提(ぼだい)寺である滋賀県・西教寺を訪れ、明智一族の墓に参った。  昨夏も同地を訪れたという長谷川は「今回、また西教寺に来ることになり、明智 … 続きを読む

page top