斎藤工「排泄物の目線」を追体験!? 豊川悦司も立ち○○○の話で対抗

2017年4月8日 / 17:18

『ラブレター』に出演する斎藤工

 映画『ブルーハーツが聴こえる』の初日舞台あいさつが8日、東京都内で行われ、出演者の斎藤工、山本舞香、市原隼人、豊川悦司、三浦貴大ほかが登壇した。

 1995年に解散した伝説のロックバンド「THE BLUE HEARTS」の楽曲を、6人の気鋭監督がそれぞれ自由な解釈で映像化した、6篇から成るオムニバス映画。

 斎藤は、その中の『ラブレター』(井口昇監督)で、自身の高校時代にタイムスリップし、当時片思いしていた美少女・彩乃(山本)と再会する脚本家の大輔役を熱演した。撮影中の“学ラン姿”を振り返った斎藤が「待っている時間が結構すごいシュールでしたね。おじさんが学ランを着ているという…」と自虐的に語ると、井口監督も「工さんは学ランのまま、エキストラのお子さんと餅を焼いて食べていました」とエピソードを披露。さらに「僕が(自分の仕事が)終わっていったらみんな食べ終わっていて」と“食べ物の恨み”を持ち出す井口監督に、斎藤は「それ、ここで言う話ですか?」と苦笑いだった。

 また、高校時代の大輔は、今の風貌とはまるで違った“おデブの映画少年”という設定だが、これは井口監督が「高校時代に全然モテなかった僕」をモチーフとしたものだといい「(僕を)工さんに置き換えて描いたら楽しいかなと思って。人生の復讐です」とニヤリ。大輔がトイレに流されてタイムスリップするという描写についても「トイレが一番夢があると思ったし、単純に工さんがトイレから出てきたら面白いと思ったから」と説明した。

 斎藤も「撮影はクリスマスの夜でしたね」としみじみ。演じながら「排泄物の目線はこんな感じなのかなと思って、いろんな感情が分かりました」と語り、会場の笑いを誘った。

 そんな中、『1001のバイオリン』でメガホンを取った李相日監督は「トイレの話に勝つには立ちションの話しかない」と主演した豊川に撮影での出来事を語るように“指示”。豊川は苦笑いしながらも「三浦(貴大)くんと2人で『東京オリンピック成功』と書かれた横断幕に立ちションするシーンがあるのですが、演出部が用意してくれたニセのおしっこのボトルというのがなかなかうまくいかずに…。なので、あれは自前です」と衝撃の告白で会場を盛り上げた。

(左から)市原隼人、斎藤工、豊川悦司、山本舞香、三浦貴大

(左から)市原隼人、斎藤工、豊川悦司、山本舞香、三浦貴大


芸能ニュースNEWS

吉本興業・岡本社長、宮迫&田村亮との関係修復を希望 「非常につらい思いをさせてしまった」

ニュース2019年7月22日

 吉本興業の岡本昭彦社長が22日、反社会的勢力の会合に参加した“闇営業“に端を発する一連の騒動を受け、東京都内で会見を行った。  この日の会見は、20日、同社と契約解消となったお笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之と、謹慎中のロンドンブーツ … 続きを読む

岸恵子、幼少期の悲惨な戦争体験を告白 清原果耶「同世代の方にも見てほしい」

ドラマ2019年7月22日

 NHK特集ドラマ「マンゴーの樹の下で ~ルソン島、戦火の約束~」試写会見が22日、東京都内で行われ、出演者の岸恵子、清原果耶、渡辺美佐子、山口まゆ、伊東四朗が登場した。  本作は、太平洋戦争の中で最も凄惨(せいさん)を極めたフィリピン攻防 … 続きを読む

斎藤工「業界全体が変わらなきゃいけない時代」 芸人らに「気が気じゃないだろうな」

トレンド2019年7月22日

 「読売新聞 特別記者」任命式が22日、東京都内で行われ、特別記者に任命された俳優の斎藤工が登場した。 続きを読む

城田優「今までで一番すてきな加藤和樹を作る」 加藤「最後まで付いていく」

舞台・ミュージカル2019年7月22日

 ミュージカル「ファントム」制作発表会見が22日、東京都内で行われ、出演者の加藤和樹、城田優、愛希れいか、木下晴香ほかが登壇した。  本作は、フランスの人気小説『オペラ座の怪人』を原作に、同作に登場する怪人ファントムの人間像に焦点を当てた物 … 続きを読む

NHK発の地下アイドルグループが誕生! Twitterでミュージックビデオを公開

ドラマ2019年7月22日

 女優の白石聖、松田るか、田中珠里、松川星、天木じゅんをメンバーとする地下アイドルグループ「サニーサイドアップ」が22日にNHKからデビューし、オリジナル曲「おちゃのこサニサイ」のミュージックビデオをTwitterで公開した。  27日から … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top