岡田准一、高倉健とイメージを重ねられ恐縮 「背中を追い掛けて精進していけたら」

2017年4月4日 / 20:33

(左から)木村大作氏、吉岡秀隆、木村文乃、柄本佑、小栗旬、長澤まさみ、安藤サクラ、降旗康男監督

 映画『追憶』の完成披露会見が4日、東京都内で行われ、出演者の岡田准一、小栗旬、柄本佑、長澤まさみ、木村文乃、安藤サクラ、吉岡秀隆、降旗康男監督、撮影の木村大作氏が登壇した。

 本作は、監督・降旗康男×撮影・木村大作の黄金コンビが9年ぶりにタッグを組んで贈るヒューマンミステリー。一つの殺人事件をきっかけに、刑事(岡田)、容疑者(小栗)、被害者(柄本)という形で再会を果たした3人。それぞれが家族を持ち、歩んできた人生が再び交差し、運命の歯車が回り始める。

 これまで時代を代表する多くの映画俳優を撮り続けてきた降旗監督は、岡田について「高倉健を継ぐような俳優さんになっていただけたらいいなと思って仕事をしていました」と告白。「どうか、これからもそんな気持ちを思い起こして(役者をやって)いっていただけたらありがたい」と呼び掛けた。

 これに対して岡田は「健さんというのは特別な存在で、唯一無二の方。僕が健さんになれるとは全く思っていないし、比べていただくのも恐縮してしまう」と謙遜しながらも、「自分にとってはすごく大きな方ですので、健さんの背中を追い掛けて今後も精進していけたら、人間を映してこられた健さんと、1ミリでも近いことができるように年を重ねていけたらと願っている最中です」と言葉に力を込めた。

 また岡田は「健さんと実際にお会いしたことはないが、役者としての助言などを、人を通して伝えていただいたことがある」と明かした。

 「どういう部分が健さんに通じるのか?」と尋ねられた降旗監督は「斜め後ろからの姿ですね。背は健さんのほうが高いんだけど、一人の人間の姿としては同じような中身、同じような人生を背負って生きている感じがします」とコメント。

 木村氏も「斜め45度ですよ。健さんというのは基本的には(相手の芝居を)受けて立つ俳優さん。周りにしゃべらせて、自分は黙っているけど、後ろ姿一つで全てを感じさせる。なんぼでも(絵として)持つ。そういうものを岡田さんに感じています」と評した。

 映画は5月6日から全国東宝系でロードショー。


芸能ニュースNEWS

「石子と羽男」“大庭”赤楚衛二の告白が「カッコ良かった」 「恋バナではしゃぐ“羽男”中村倫也がかわい過ぎる」

ドラマ2022年8月13日

 有村架純と中村倫也がW主演するドラマ「石子と羽男-そんなコトで訴えます?-」(TBS系)の第5話が、12日に放送された。  本作は、司法試験に4回落ちた崖っぷち東大卒のパラリーガル・石子(有村)と、司法試験に1回で合格した高卒の弁護士・羽 … 続きを読む

「六本木クラス」“龍二”鈴鹿央士の境遇に「涙した」 “新”竹内涼真は「本当に愛情深い人」「長屋に負けるな」

ドラマ2022年8月12日

 竹内涼真が主演するドラマ「六本木クラス」(テレビ朝日系)の第6話が、11日に放送された。  本作は、韓国ドラマ「梨泰院クラス」をリメークしたジャパン・オリジナル版。絶望の淵に立たされた青年・宮部新(竹内)が復讐(ふくしゅう)を誓い、金と権 … 続きを読む

「家庭教師のトラコ」“トラコ”橋本愛の預金額に驚きの声 「8千万円を何に使ったんだろう」「施設への寄付?」

ドラマ2022年8月11日

 橋本愛が主演するドラマ「家庭教師のトラコ」(日本テレビ系)の第4話が、10日に放送された。  本作は、謎の家庭教師・トラコ(橋本)が、年齢も抱えている問題もバラバラの3人の母親と、その子どもを救う個別指導式ホームドラマ。遊川和彦氏が脚本を … 続きを読む

草なぎ剛、デビュー作の原田琥之佑にエール 「感謝の気持ちを忘れずにいれば、絶対にうまくいく」

映画2022年8月11日

 映画『サバカンSABAKAN』完成披露舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の原田琥之佑、尾野真千子、竹原ピストル、草なぎ剛と金沢知樹監督が登壇した。  本作は、1980年代の長崎を舞台に、久田(番家一路)と竹本(原田)の2人の少 … 続きを読む

岩本照、天才詐欺師役は「アイドルに近いものがある」 お気に入りの“成り済まし”は「医者」

舞台・ミュージカル2022年8月10日

 ミュージカル「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」プレスコール取材会が9日、東京都内で行われ、出演者の岩本照(Snow Man)、横山由依、吉田栄作が登壇した。  本作は、フランク・W・アバグネイル・ジュニアの自伝小説『世界をだました男』 … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top