岡田准一、高倉健とイメージを重ねられ恐縮 「背中を追い掛けて精進していけたら」

2017年4月4日 / 20:33

(左から)木村大作氏、吉岡秀隆、木村文乃、柄本佑、小栗旬、長澤まさみ、安藤サクラ、降旗康男監督

 映画『追憶』の完成披露会見が4日、東京都内で行われ、出演者の岡田准一、小栗旬、柄本佑、長澤まさみ、木村文乃、安藤サクラ、吉岡秀隆、降旗康男監督、撮影の木村大作氏が登壇した。

 本作は、監督・降旗康男×撮影・木村大作の黄金コンビが9年ぶりにタッグを組んで贈るヒューマンミステリー。一つの殺人事件をきっかけに、刑事(岡田)、容疑者(小栗)、被害者(柄本)という形で再会を果たした3人。それぞれが家族を持ち、歩んできた人生が再び交差し、運命の歯車が回り始める。

 これまで時代を代表する多くの映画俳優を撮り続けてきた降旗監督は、岡田について「高倉健を継ぐような俳優さんになっていただけたらいいなと思って仕事をしていました」と告白。「どうか、これからもそんな気持ちを思い起こして(役者をやって)いっていただけたらありがたい」と呼び掛けた。

 これに対して岡田は「健さんというのは特別な存在で、唯一無二の方。僕が健さんになれるとは全く思っていないし、比べていただくのも恐縮してしまう」と謙遜しながらも、「自分にとってはすごく大きな方ですので、健さんの背中を追い掛けて今後も精進していけたら、人間を映してこられた健さんと、1ミリでも近いことができるように年を重ねていけたらと願っている最中です」と言葉に力を込めた。

 また岡田は「健さんと実際にお会いしたことはないが、役者としての助言などを、人を通して伝えていただいたことがある」と明かした。

 「どういう部分が健さんに通じるのか?」と尋ねられた降旗監督は「斜め後ろからの姿ですね。背は健さんのほうが高いんだけど、一人の人間の姿としては同じような中身、同じような人生を背負って生きている感じがします」とコメント。

 木村氏も「斜め45度ですよ。健さんというのは基本的には(相手の芝居を)受けて立つ俳優さん。周りにしゃべらせて、自分は黙っているけど、後ろ姿一つで全てを感じさせる。なんぼでも(絵として)持つ。そういうものを岡田さんに感じています」と評した。

 映画は5月6日から全国東宝系でロードショー。


芸能ニュースNEWS

神田沙也加、念願のイライザ役に感激! 「私がやる意味をちゃんと見つけたい」

舞台・ミュージカル2018年5月24日

 舞台「マイ・フェア・レディ」の制作発表記者会見が24日、東京都内で行われ、出演者の朝夏まなと、神田沙也加、寺脇康文、別所哲也、相島一之、今井清隆、平方元基、前田美波里、演出のG2氏が出席した。  英ロンドンの下町を舞台に、花売り娘イライザ … 続きを読む

飯豊まりえ「ホークアイさんがカッコいい」 「アメコミ」「洋画」のフィギュアの祭典に登場

イベント2018年5月24日

 「TAMASHII Comic―Con ―タマシイ コミ魂―」新ブランド発表会が24日、東京都内で行われ、女優の飯豊まりえがスペシャルゲストとして登場した。  同祭典は、BANDAI SPIRITSが展開する「アメコミ」や「洋画」のフィギ … 続きを読む

寺島しのぶ、六本木の新劇場に“提案” 「未来のために『子ども落語』やコンサートを」

トレンド2018年5月24日

 六本木トリコロールシアター こけら落とし公演「八人の女優による連続リーディング フランソワーズ・サガン『愛のゆくえ』」の記者発表会が24日、東京・港区の同劇場で行われ、出演者の草笛光子、木の実ナナ、浅田美代子、中嶋朋子、寺島しのぶ、オーナーを務める女優の白樹栞ほかが出席した。  続きを読む

新田真剣佑、おちゃめに“有言実行” 「北村匠海と一緒なら何にでも勝てる」

イベント2018年5月24日

 映画『OVER DRIVE』の女性限定試写会が23日、東京都内で行われ、出演者の東出昌大、新田真剣佑、森川葵、北村匠海、町田啓太、羽住英一郎監督が登場した。  自動車競技「ラリー」を題材に、若者たちの熱い愛と絆を描いた本作。この日は、作品 … 続きを読む

武井咲、7月女優復帰 引退説は否定「憶測報道が独り歩き」

ニュース2018年5月23日

 今年3月に第一子となる女児を出産した女優の武井咲が、7月から女優復帰することが、23日、分かった。武井が所属するオスカープロモーションが報道各社にFAXで発表した。  書面を通じ「さて、昨年12月より出産のため休養しておりました女優の武井 … 続きを読む

page top