中川大志[Alexandros]川上を絶賛 「最初見た時、本当にかっこいいなと思って」

2017年2月25日 / 15:03

軽快なトークを展開した中川大志(左)と[Alexandros]の川上洋平

 映画『きょうのキラ君』の初日舞台あいさつが25日、東京都内で行われ、出演者の中川大志、飯豊まりえ、葉山奨之、平祐奈、主題歌を担当した4人組ロックバンドの[Alexandros](川上洋平、磯部寛之、白井眞輝、庄村聡泰)と川村泰祐監督が登壇した。

 本作は、他人と関わることが苦手なニノ(飯豊)と、誰もが憧れるクラスメートのキラ(中川)の切なくもピュアな恋を描いた“キュン泣き”ラブストーリー。

 この日、劇中の「わたし、365日、キラ君と一緒にいます」というせりふに掛けて、自身の「365日後の宣言」を尋ねられた中川は「『きょうのキラ君2』をやりたいと思います」と答えた。

 飯豊から「もう今から撮らなきゃ(無理)だよ」と突っ込まれ、「それはちょっと大げさですが…」と苦笑いした中川だったが、「365日後といわずとも、このメンバーでまた何か(映画を)作れたらと思います」と語り、会場を盛り上げた。

 また、[Alexandros]の川上は、曲に込めた思いを披露。本作の製作段階から携わったことを明かし、「一度きりの人生で大切な人に思いを伝えたいと思った時に、歌詞がぱっと浮かんだんです」と振り返り「映画の最後にぴったりな感じで添えていただき光栄でした」と語った。

 飯豊は、4年前に彼らのPVに出演したことに触れ「その時、洋平さんが『君が映画に初出演する時がきたら、そこで主題歌をやりたい』と言ってくださって。それが本当に実現して驚いています。(口に出して)言っていれば、夢はかなうんだと思いました」と明かした。

 また今回、英語教師役で友情出演した川上は「映画ファンとしては大興奮の1日でした。初めての演技でしたが、皆さんの思いの熱さを感じて、これは“のほほん”と構えていちゃまずいなと思って頑張りました。これが最後になると思うので、見てください」と控えめにアピールしたが、中川から「最初見た時、本当にかっこいいなと思いました」と絶賛され、「結構、ドキドキします」と照れた。

 そんな川上の初演技にメンバーの磯部は「恥ずかしいやらなんやら。本当に映画好きの彼が晴れて友情出演できて、メンバーとしては、涙がちょちょ切れる思いで見ていました」とコメント。

 白井が「高校の時、彼は英語の特進のコースだったので、本当に英語の先生をやっているのが面白かった」と感想を語ると、庄村は「“2”がもし公開された時に、英語の先生が、超ファンキーじゃね…?となれば、多分僕です」と出演意欲を示して笑いを誘った。

舞台あいさつの登壇者たち

舞台あいさつの登壇者たち


芸能ニュースNEWS

かまいたち山内「徳井義実さんに紹介したい」 確定申告アプリでシミュレーションを体験

トレンド2020年2月17日

 「freee 確定申告 SWITCH 2020」が17日、東京都内で行われ、お笑いコンビ・かまいたちの山内健司と濱家隆一、鬼越トマホークの坂井良多と金ちゃんが登場した。 続きを読む

磯山さやか、最近のバレンタイン事情を語る 「本命はいても多分あげない」

トレンド2020年2月17日

 「HOUSE JOURNEY JAPAN 茨城~常陸の国は、ラグジュアリー。~」のオープニングイベントが14日、東京都内で行われ、いばらき大使を務めるタレントの磯山さやか、荒磯親方(元横綱稀勢の里)ほかが出席した。 続きを読む

今泉佑唯「たくさんの現実と向き合うことが多かった」 瀬戸利樹「ワクワクを100パーセントに持っていけたら」

舞台・ミュージカル2020年2月14日

 舞台「あずみ~戦国編~」公演成功祈願会見が14日、東京都内で行われ、出演者の今泉佑唯、瀬戸利樹、味方良介、高橋龍輝ほかが登壇した。  本作は、小山ゆう氏の人気漫画を原作とし、刺客として育てられた美しい少女、あずみが戦国の乱世に身を投じてい … 続きを読む

成田凌「役は選ばず、地道にやっていく」 「毎日映画コンクール」で男優主演賞に輝く

授賞式2020年2月14日

 「第74回毎日映画コンクール 表彰式」が13日、川崎市で行われ、周防正行監督作の『カツベン!』で男優主演賞を受賞した成田凌が登壇した。  『カツベン!』は、日本映画の黎明(れいめい)期の大正時代に、映画の語り部として人気を博した活動弁士た … 続きを読む

シム・ウンギョン『新聞記者』で女優主演賞 「もっと良い俳優になれるよう謙虚に臨む」

授賞式2020年2月14日

 「第74回毎日映画コンクール 表彰式」が13日、川崎市で行われ、藤井道人監督作『新聞記者』が日本映画優秀賞を受賞し、シム・ウンギョンが女優主演賞を獲得した。  本作は、真実に迫ろうともがく若き新聞記者・吉岡エリカ(ウンギョン)と、「闇」の … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top