清水富美加欠席で『暗黒女子』完成披露 飯豊まりえ「富美加ちゃんの人柄がすごく好き」

2017年2月22日 / 11:17

涙声で清水富美加に対する思いを語った飯豊まりえ

 映画『暗黒女子』の完成披露試写会が21日、東京都内で行われ、舞台あいさつに出演者の飯豊まりえ、清野菜名、玉城ティナ、小島梨里杏、平祐奈、千葉雄大と耶雲哉治監督、原作者の秋吉理香子氏が出席した。

 後味の悪い読後感がくせになるミステリー作品“イヤミス”として人気の秋吉氏の同名小説を映画化した本作は、セレブ女子高生たちが通う聖母マリア女子高等学院を舞台にした“全員悪女”によるだまし合いと裏切りのエンターテインメント作。

 飯豊とダブル主演した清水富美加の宗教法人「幸福の科学」への出家騒動の渦中で公開される作品として注目が集まっていたが、4月1日の公開が正式決定しての完成披露となった。

 舞台あいさつでは冒頭のキャスト登壇前、司会者から「清水富美加さんは事務所側からの申し出により欠席です」との告知があった。

 その後は清水の話題について触れられることなく進んだが、最後のあいさつで耶雲監督が「この映画はキャスト、スタッフ全員で挑戦して頑張って作った作品です。特に主演の2人、飯豊まりえちゃんと清水富美加ちゃんが頑張って真正面から役を見つめて体当たりでやってくれました」と切り出した。

 さらに耶雲監督は撮影中の清水について「彼女も澄川小百合という役を本気で考えてくれて、現場でも率先して演技プランやアイデアをたくさん出してくれました」と振り返り、「このキャラクターは清水富美加という女優じゃなかったら生まれることはなかったんじゃないかというくらいすごみのあるキャラになっています。本当にやばいです」と言い切った。

 続いて、飯豊も「富美加ちゃんと今日ここに一緒に立てなかったのは本当に残念に思っています。富美加ちゃんがどう思っているか分からないけど、富美加ちゃんの人柄がすごく好きだし、一緒に頑張ろうねと言っていたので…」と声を詰まらせながらも涙声で思いを語った。

 飯豊は「富美加ちゃんも含めて皆で一生懸命作り上げてきたものにうそはないので、今ここにいるキャストの皆と耶雲監督と映画の関係者の皆さんで一人でも多くの人に届けていけるように頑張りたいと思います」と誓った。

 映画は4月1日からロードショー。

(左から)秋吉理香子氏、小島梨里杏、平祐奈、飯豊まりえ、清野菜名、玉城ティナ、千葉雄大、耶雲哉治監督

(左から)秋吉理香子氏、小島梨里杏、平祐奈、飯豊まりえ、清野菜名、玉城ティナ、千葉雄大、耶雲哉治監督


芸能ニュースNEWS

「恋ぷに」スペシャル 石原さとみと綾野剛が“感動の再会” 「幸福感に包まれた楽しいドラマだった」

ドラマ2021年6月17日

 石原さとみと綾野剛がW主演するドラマ「恋はもっとDeepに -運命の再会スペシャル-」(日本テレビ系)が、16日に放送された。  本作は、海洋学者として地上で暮らす“人魚”の海音(石原)と、ツンデレ御曹司の倫太郎(綾野)の恋模様を描く「恋 … 続きを読む

北川景子「リコカツ」最終回は「きれいごとではない終わり方」 「ラストシーンまで誰がどうなるか分からない」

ドラマ2021年6月17日

 金曜ドラマ「リコカツ」(TBS系)の取材会が8日、オンラインで行われ、主演の北川景子が取材に応じた。  本作は、運命的な出会いをし、“交際ゼロ日婚”をした出版社勤務の咲(北川)と自衛官一家の長男・紘一(永山瑛太)の離婚から始まるラブストー … 続きを読む

千葉雄大「ウサギに懐かれる体質で…」 「魔性カリスマタイプ」と診断される

映画2021年6月16日

 映画『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』ぎっしりうさぎ“特盛”まみれイベントが16日、東京都内で行われ、日本語吹き替え版の声優を務めた千葉雄大、哀川翔、カジサックが登場した。  本作は、ビアトリクス・ポターの名作絵本を実写映画化した『 … 続きを読む

「着飾る恋」“駿”横浜流星VS“シャチ”向井理 「今週は完全に向井理に持っていかれた」

ドラマ2021年6月16日

 川口春奈が主演するドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系)の第9話が、15日に放送された。  くるみ(川口)と駿(横浜流星)は、2人でレストランデートに出掛けるはずだったが、駿が仕事で時間に間に合わず、くるみは“シャチ”こと祥吾(向 … 続きを読む

「大豆田とわ子と三人の元夫」最終話に絶賛の声 「脚本の坂元裕二の真骨頂を見た気がした」

ドラマ2021年6月16日

 松たか子が主演するドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」(カンテレ・フジテレビ系)の最終話が、16日に放送された。  とわ子(松)は考え抜いた末、小鳥遊(オダギリジョー)との4度目の結婚には踏み切らず、一人で生きていく道を選んだ。  とわ子の … 続きを読む

amazon

page top