18年前期朝ドラ『半分、青い。』に決定 「私も片耳が聞こえない」と脚本の北川悦吏子氏

2017年2月22日 / 20:20

脚本を手掛ける北川悦吏子氏

 NHKは22日、2018年(平成30)年度前期・連続テレビ小説第98作が「半分、青い。」に決定したと発表した。

 脚本家・北川悦吏子氏のオリジナル作品であるこのドラマは、故郷である岐阜県と東京を舞台に、ちょっとぼんやりだけれど失敗を恐れないヒロインが、高度成長期の終りから現代までを七転び八起きで駆け抜け、やがて一大発明をなしとげるまで、およそ半世紀の物語を紡ぎだしてゆく。

 主人公は、大阪万博の翌年となる1971(昭和46)年、岐阜県東濃地方のとある町の小さな食堂に誕生した、鈴愛(すずめ)という女の子。毎日野山を駆け回る元気な子だったが、小学生のとき、病気で片耳を失聴してしまう。そんな彼女を励ましたのは、わが子を愛してやまない両親と、同じ日に同じ病院で生まれた幼なじみだった…と物語は展開する。

 会見に緊張の面持ちで登場した北川氏は「ここまで長きにわたってヒロインを書くのはこれが初めて。私としては、自分の人生をもう一回、生き直すような気持ちで書いています。これまで自分が人生の中で感じたいろんなことをギュッと凝縮して、キラキラ光るもの、リアルといったものを、ドラマの中に流し込めたらと思いました」と作品に対する熱い思いを語った。

 また自身も、朝ドラと同じ“1961年生まれ”であることに触れ「私たち、やっとめぐり逢えました」とニッコリ。朝ドラには「“私から”アプローチをしました」とも自ら制作陣に打診したことも明かした。

 今回、物語よりも先に「タイトルが先に浮かんだ」という北川氏は「左側の耳が聞こえない女の子の話。雨が降って傘を差すと、なんと右側しか雨が降らないんですね。雨が止んで傘を閉じた時に、そのヒロインが(片側だけが晴れたようで)『半分、青い。』と言ったらとても素敵ではないかと思って…。それが私の中での物語の始まりです」と着想のポイントを説明。

 さらに、主人公を“失聴した女の子”という設定にした理由について聞かれると、「自分が、ある時片耳を失聴したんです」と語り出した。「ちょっと不謹慎なんですが“面白いな”と思って…」と北川氏。「もちろん、私も(最初は)すごく落ち込んだりしたんですが、考えようによっては(この設定だと)ロマンチックなエピソードが思い浮かびやすくて。雨が片方しか降らないとか、相手の左側に来ないと(話が)聞こえないとか。これをドラマにしたら“素敵に見える瞬間”と“頑張らなきゃ!という瞬間”がすごくいいバランスで書けるんじゃないかと思いました。そういった野心、創作魂みたいなのに火がついたのがとっかかりです」と話した。

 北川氏は、1992年(平成4)年に「素顔のままで」で連続ドラマデビュー。主な作品に、社会現象となった「愛していると言ってくれ」「ロングバケーション」。そして、「ビューティフルライフ」「オレンジデイズ」など。NHKでの執筆は昨年、ドラマ10「運命に、似た恋」が初。今作が2作目となる。

 放送は、2018年4月2日から9月29日まで全156回。今年秋にクランクインの予定。


芸能ニュースNEWS

長澤まさみ、木村拓哉へのドッキリに失敗 「途中で気付かれちゃって…」

映画2019年2月16日

 映画『マスカレード・ホテル』の大ヒット御礼舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、出演者の木村拓哉、長澤まさみと鈴木雅之監督が登壇した。  先月18日に公開された本作は、観客動員数累計280万人を突破した。  ホテルに潜入するエリート刑事 … 続きを読む

市川海老蔵“母不在”の子どもたちを憂慮 「父親だけではきっと支えられないものもある」

トレンド2019年2月16日

 「豊洲市場 Oishii(おいしい)土曜マルシェ」特別企画トークセッション「魚河岸と歌舞伎-豊洲市場の未来に寄せて-」が16日、東京都内で行われ、歌舞伎役者の市川海老蔵、小池百合子東京都知事らが出席した。 続きを読む

橋本祥平「俺が、俺たちがガンダムだ!」 舞台「機動戦士ガンダム00」開幕

舞台・ミュージカル2019年2月16日

 舞台「機動戦士ガンダム00 -破壊による再生-Re:Build」の初日あいさつ&公開稽古が15日、東京都内で行われ、出演者の橋本祥平、伊万里有、鮎川太陽、永田聖一朗、前山剛久、赤澤燈、窪寺昭が登壇した。  本作は、アニメ「機動戦士ガンダム … 続きを読む

櫻井孝宏、18歳の自分に「このままいけば何とかなる」 『えいがのおそ松さん』完成披露舞台あいさつ

映画2019年2月15日

 劇場版『えいがのおそ松さん』の完成披露舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、声優の櫻井孝宏、主題歌を担当したDream Ami、藤田陽一監督ほかが登壇した。  本作は、赤塚不二夫の名作ギャグ漫画「おそ松くん」を原作とし、大人になってもク … 続きを読む

神木隆之介が持つ特殊能力とは… DAIGO「奥さんと隆の苦しむ芝居を勉強した」

映画2019年2月15日

 映画『フォルトゥナの瞳』の初日舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の神木隆之介、有村架純、志尊淳、DAIGO、斉藤由貴、時任三郎と三木孝浩監督が登壇した。  この日は、劇中で神木が「死を目前にした人間が透けて見える」という不思議 … 続きを読む

page top