相葉雅紀「貴族探偵」で2年ぶり月9主演 「この“攻めた”役を楽しめたら」

2017年2月10日 / 15:33

主演の相葉雅紀を盛り立てる共演者たち

 嵐の相葉雅紀が4月にスタートするフジテレビ系の“月9”ドラマ「貴族探偵」に主演することが10日、明らかになった。

 1987年4月からスタートした“月9ドラマ”は今春で30周年を迎える。「ようこそ、わが家へ」以来2年ぶりに月9に主演する相葉は「また月曜夜9時に出演させていただくことになり、とても光栄です。今回の僕の役どころは、“貴族”で“探偵”。これまで演じたことのないタイプの役どころですが、この“攻めた”役を楽しめたらと思います!」と意気込みを語っている。

 「貴族探偵」は “主人公が推理をして謎を解く”という常識を覆す“主人公が推理をせずに謎を解く”前代未聞のミステリードラマ。原作は麻耶雄嵩氏の本格推理小説『貴族探偵』と続編の『貴族探偵対女探偵』で、麻耶氏の作品が映像化されるのは今回が初となる。

 新米探偵の高徳愛香を武井咲、刑事の鼻形雷雨を生瀬勝久、愛香の師匠・喜多見切子を井川遥が演じるほか、主人公の運転手役、メード役、執事役として、滝藤賢一、中山美穂、松重豊が出演する。

 相葉演じる貴族は、年齢、家族、学歴、住所、さらには本名までも不明。己のことを貴族と名乗り、探偵を趣味にしている青年だ。働いている様子はなく、身なりは常にあか抜けている。言動は紳士的でレディーファーストを心掛ける一方、貴族であるという自覚を強く持ち、権威に頓着することなく常に泰然としている。

 事件解決に関わっていくものの、なんと捜査、推理をするのは彼を取り巻く召使たち。「推理などという雑事は、使用人に任せておけばいいんですよ」と言い放ち、事件関係者の女性と会話を楽しみ、遊びに興じている貴族に、あっけにとられる周囲を尻目に、貴族へ絶対的な忠誠心を持つ執事、メード、運転手が現場分析、証拠集めなど捜査へと動き始める。

 相葉は「僕の演じる貴族の使用人たちは、本当に素晴らしい役者の方々ばかりなので緊張しますが、今回ばかりは存分に“命令”をさせていただこうかと思います」とちゃめっ気たっぷりに語っている。


芸能ニュースNEWS

戸塚祥太「最初は絶望ぐらいからスタート」 ビートルズ創成期のメンバー役で一からベースを練習

舞台・ミュージカル2019年5月25日

 舞台「BACKBEAT」のフォトコールおよび囲み取材会が25日、東京都内で行われ、出演者の戸塚祥太(A.B.C-Z)、加藤和樹、辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)、JUON(FUZZY CONTROL)、上口耕平、演出の石丸さち子氏ほかが出席した。 … 続きを読む

西島秀俊「熱気を感じてわくわくしている」 斎藤工「見守る側になりたい」

トレンド2019年5月25日

 ジョルジオ・アルマーニ史上初となるクルーズコレクションを発表するファッションショーが24日、東京都内で開催され、約12年ぶりに来日したデザイナーのジョルジオ・アルマーニ氏のほか、海外ゲストとしてハリウッド女優のユマ・サーマン、日本からは西島秀俊、斎藤工、上白石萌歌、剛力彩芽、鈴木保奈美、建築家の安藤忠雄氏ほかがコレクション発表に駆けつけた。 続きを読む

西島秀俊「平和の大切さを感じてほしい」 佐々木蔵之介「『空母いぶき』への参加は怖かった」

映画2019年5月24日

 映画『空母いぶき』初日舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者の西島秀俊、佐々木蔵之介、本田翼、市原隼人、深川麻衣、藤竜也、若松節朗監督が登場した。  本作は、国籍不明の軍事勢力から攻撃を受け、戦後最大の危機に陥った日本を舞台に、命 … 続きを読む

京本政樹“大先輩”里見浩太朗と舞台初共演 「先生、私も還暦になりました」

舞台・ミュージカル2019年5月24日

 舞台「赤と黒 サムライ・魂」の囲み取材会が24日、東京都内で行われ、出演者の里見浩太朗、越岡裕貴(ふぉ~ゆ~)、福士申樹(MADE/ジャニーズJr.)、小川菜摘、堤下敦(インパルス)、京本政樹が登場した。  本作は、往年の名俳優と次世代の … 続きを読む

松本白鸚、父の顔見せ「小さな喜び」 3人の子に自らの仕事を承継

トレンド2019年5月24日

 「松竹大歌舞伎」東コース制作発表が24日、東京都内で行われ、松本白鸚、松本幸四郎が出席した。 続きを読む

page top