大泉洋、“マシンガントーク”で授賞式を進行 松山ケンイチもお怒り「来年の参考にならない!」

2017年2月9日 / 17:30

軽快なトークで会場を盛り上げた司会の大泉洋

 東京映画記者会(報知新聞社など在京7紙)が主催する「第59回 ブルーリボン賞授賞式」が8日、東京都内で行われ、前年の主演男優賞と主演女優賞を受賞した大泉洋と有村架純が司会を担当した。

 冒頭、有村と並んだ大泉は「去年は(賞を)もらう側でしたけど、今年は司会側。何か失礼があってはいけないと思うと緊張感があります」と神妙な面持ち。「私がここに立っていると、ただただお金をもらって司会をしに来た人と思われるかもしれませんが、決してそうではない。去年、主演男優賞をもらったからここに居るんです」と強調すると、「台本には『バラエティーの司会などに慣れています』などと書いてありますが、実はやったことがない。きょう私は役者としてここに居るんだということを改めて強く申したい!」と観客に訴えて、笑いを誘った。

 一方で、有村とは昨年公開された映画『アイアムアヒーロー』でも共演しており、大泉は「我々は息がぴったりですから」と観客にアピール。その上で「果たして、『アイアムアヒーロー』が何の賞を取るのでしょうか。我々2人を司会に据えて、まさか、『アイアム-』に何も取らせないなんてことはないでしょうね?」とオトボケ発言で、会場を再び笑いに包んだ。

 そんな大泉、授賞式では受賞者を“困惑”させるほどのマシンガントークを展開した。主演男優賞の松山ケンイチは、慣例により来年の司会を務める予定だが「まあ、本当にペラペラペラペラとしゃべられますね」と大泉に呆れモードで「今回、来年の参考にもなればいいなと思って、最初から大泉さんに注目していたのに何の参考にもならない!もう大泉さんと目を合わすのはやめました!」とまさかのダメ出し。主演女優賞の大竹しのぶも、“暴走”する大泉を目の当たりにして「この笑いを来年、私と松山くんで取れるのだろうか…?と心配になってしまい、賞を頂いた喜びが吹っ飛んでしまいました」と不安をのぞかせた。

司会を務めた有村架純(左)と大泉洋

司会を務めた有村架純(左)と大泉洋

 これにはさすがの大泉も「今年受賞なさった方たちは不運だったなと思います」と認め「私が司会をしたことで、バラエティー一色になっちゃって申し訳ない」と謝罪したが、松山は「どうするんですか、本当に…。大泉さん、来年も来て一緒に司会してくださいよ!」と不満が止まらない様子で、笑いを誘った。

 終了間際には、一緒に司会を務めた有村までもが「ほとんど大泉さんがしゃべっていたので、私は(受賞者に)聞きたいところも聞けずに終わってしまいました」と笑顔でチクリ。これに大泉は「じゃあ、今聞いたらいいじゃないですか?」とすっトボケながら、最後は「後悔しか残らないブルーリボン賞…。今年はたくさん笑っていただいたけど、来年、またブルーリボン賞を厳かな雰囲気(の式)に戻していただけたら」とおどけて、締めくくった。


芸能ニュースNEWS

ヒロミ「すごく気を使っていたはず」 新型コロナ感染の眞島秀和に言及

テレビ2020年8月11日

 タレントの坂上忍、ヒロミ、フリーアナウンサーの高橋真麻が11日放送のテレビ番組「バイキング」(フジテレビ系)に出演した。  番組では、俳優の眞島秀和が新型コロナウイルスに感染したことを取り上げた。眞島は6日に37.8度の発熱があり、PCR … 続きを読む

生田斗真×クドカンの単発ドラマに反響 「最後ゾワッとしたけど面白かった!」

ドラマ2020年8月11日

 生田斗真が主演し、脚本を宮藤官九郎氏が担当した単発ドラマ「JOKE~2022パニック配信!」(NHK総合)が10日、放送された。  本作は、生配信されるネット番組「俺んちチャンネル」の映像をベースに、視聴者のコメントと電話の声のみで、主人 … 続きを読む

舞台「正しいロックバンドの作り方 夏」開幕 藤井流星「ジャニーズWESTと重ねちゃう」

舞台・ミュージカル2020年8月10日

 舞台「正しいロックバンドの作り方 夏」の公開稽古と取材会が9日、東京都内で行われ、出演者でジャニーズWESTの藤井流星と神山智洋、栗原類、吉田健悟ほかが登壇した。  本作は、今年4月から6月に日本テレビの深夜ドラマ「シンドラ」で放送された … 続きを読む

「半沢直樹」半沢と大和田が共闘関係に 「大和田さん、いとおし過ぎる」

ドラマ2020年8月10日

 堺雅人が主演する日曜劇場ドラマ「半沢直樹」(TBS系)の第4話が、9日に放送された。  本作は、主人公の半沢直樹(堺)が出向先の子会社・東京セントラル証券で、さまざまな事件に立ち向かう姿を描く。  今回は、まな弟子の伊佐山(市川猿之助)に … 続きを読む

「親バカ青春白書」新垣結衣が再び登場 「起用方法がぜいたく過ぎてたまらない」

ドラマ2020年8月10日

 ムロツヨシが主演するドラマ「親バカ青春白書」(日本テレビ系)の第2話が、9日に放送された。  本作は、女子高育ちの娘・さくら(永野芽郁)が、大学デビューで悪い男にだまされないかと心配するあまり、娘と同じ大学に入学してしまった日本一「親ばか … 続きを読む

page top