亀梨和也、役作りでは“セクシー封印!” 「漏れ出ないように気を付けました」

2017年2月7日 / 20:31

ヒロインを演じた土屋太鳳

 映画『PとJK』のセレモニー&舞台あいさつが7日、東京都内で行われ、出演者の亀梨和也、土屋太鳳、高杉真宙、玉城ティナ、西畑大吾(関西ジャニーズjr.)、村上淳、大政絢、廣木隆一監督が登壇した。

 本作は、『別冊フレンド』に連載中の三次マキ氏による人気少女漫画を映画化。仕事に真面目な警察官・功太(亀梨)と、ピュアで真っすぐな女子高生のカコ(土屋)が織り成すキュートな恋愛模様を描く。

 普段から「セクシーでスマート」と評されることの多い亀梨だが、意外にも本格的な恋愛映画はこれが初めて。今回は真面目な役どころとあり「自分の(普段の)イメージの部分が漏れ出ないように気を付けました」と振り返った。

 「どういうふうに?」と具体的に問われると「やっぱり、セクシーは常に出てしまいがちなので…。その辺は廣木監督の指示の下、しっかり抑えてやらせていただきました」とちゃめっ気たっぷりに答えて、笑いを誘った。

 そんな亀梨と共演した感想を問われた土屋は「クールでいらっしゃるかと思いきや、すごく面白い部分を持たれていて、行動とか身のこなしもとてもレディーファーストなんです」とコメント。

 これを聞いた亀梨が「ちょっと(いいところが)出ちゃってた?」と冗談めかすと、土屋は「分からないですけど」とはにかみながらも「私が気付いていない間にもすごく気を使ってくださったので、大人の男性の方ってすごいんだなって思いました。王子様に出会うってこういう感じなのかな、カコちゃんはうらやましいなと思って撮影していました」とうっとりしながら語った。

 映画の冒頭で結婚する2人。トークの途中、土屋の乱れた髪を亀梨が直す一幕もあった。客席からの「キャー」という悲鳴に亀梨は「新婚なので」とニヤリ。

 劇中で描かれた新婚生活についても「なかなかリアルです。男が一人で生活していたところに、カコちゃんというキラキラした女性が入ってきて、功太くんも照れる部分もあったり、幸せを感じたりと。とにかくカコちゃんがキラキラしています」と語った。

 映画は3月25日から全国ロードショー。

(左から)村上淳、高杉真宙、土屋太鳳、玉城ティナ、大政絢、廣木隆一監督

(左から)村上淳、高杉真宙、土屋太鳳、玉城ティナ、大政絢、廣木隆一監督


芸能ニュースNEWS

浜辺美波「夏は『咲-Saki-』に捧げている」 共演者は「浜辺さんが美しくて、美しくて」

映画2018年1月20日

 映画『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』の初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の桜田ひより、浜辺美波、伊藤萌々香、恒松祐里ほかが登壇した。  本作は、少女たちのマージャンに懸ける情熱を描いた『咲-S … 続きを読む

斎藤工、アルバイトで経験した“悲劇”を語る 今年の抱負は「領収書の月ごとのファイル分け」

映画2018年1月20日

 映画『パディントン2』の公開記念舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、吹き替え版のボイスキャストを務めた松坂桃李、古田新太、斎藤工、三戸なつめが登壇した。   本作は、ペルーから英ロンドンにやって来た“紳士過ぎる”クマのパディントンとブ … 続きを読む

高橋一生、宣伝スタッフの名前を連呼 長澤まさみ、長風呂で汗を拭かずに我慢

映画2018年1月20日

 映画『嘘を愛する女』の初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、 出演者の長澤まさみ、高橋一生、DAIGO、川栄李奈、吉田鋼太郎、中江和仁監督登壇した。  本作は、5年間一緒に暮らしていた恋人の全てが偽りだったことが分かったキャリアウー … 続きを読む

「新人内さまライブ」でペンギンズが優勝! 「三村さんの一言が自信に」

トレンド2018年1月20日

 内村光良とさまぁ~ず(三村マサカズ、大竹一樹)が司会を務めるネタバトル大会「新人内さまライブ チャンピオン大会2017」が19日、東京都内で行われ、お笑いコンビのペンギンズ(アニキ、ノブオ)が王者となった。 続きを読む

小室哲哉、相手女性との男女の関係は否定 「精神的なものの支えになっていた」

ニュース2018年1月19日

 18日発売の週刊誌で看護師との不倫疑惑を報じられた音楽プロデューサーの小室哲哉が19日、東京都内で会見を行った。  黒いスーツ姿で登場した小室は「僕なりのこの騒動のけじめとして、引退を決意しました」と音楽活動からの引退を発表。報じられた看 … 続きを読む

page top