カズレーザー、「税金がどれくらい取られるか」 “棚ぼたブレーク”後の恐怖を告白!

2017年1月25日 / 14:30

メイプル超合金の安藤なつ(左)とカズレーザー

 人気ゲーム「バイオハザード」シリーズ最新作「バイオハザード7 レジデント イービル」完成披露会が24日に東京都内で行われ、メイプル超合金(カズレーザー、安藤なつ)、川田将央プロデューサー、中西晃史ディレクター、主題歌「Aunt Rhody」を歌うJordan Reyne、日本語ボイスキャストの木内秀信、樋口あかり、山路和弘、伊沢磨紀、佐藤せつじ、小林ゆうが登壇した。

 シリーズの根源である“恐怖”を形にしたこの作品では、緻密な映像表現が可能となった新たなゲームエンジンと、プレーヤー視点という圧倒的な没入感で、究極のサバイバルホラーが体験できる。

 川田プロデューサーいわく、「ゲーム同様、芸風がとんがっている」という理由で招かれたメイプル超合金だが、カズレーザーは「いやいや、全くとんがってないです。偉い人に頭を下げるだけです。今回も金に目がくらんで来たんですから」とにんまり。このシリーズについて、以前はよく遊んでいたが、最近はめっきりその機会がなくなったことも素直に明かすと、最新版を楽しそうにプレーし、「(以前のものとは)全然違いますね」と目を丸くした。

 そんなカズレーザー、最近の恐怖体験を問われると、昨年の同事務所タレントのベッキー騒動による“棚ぼたブレーク”を「レアなケース」と喜びつつ、「税金がどれくらい取られるかですね。脱税するわけにはいかないですもんね」と、大躍進故の恐怖を告白。また、「ここ10年で今年初めてインフルエンザにかからなかった」と明かすと、「結局、金さえあれば人間なんとかなる。金がないからインフルエンザにかかっていた」と持論を展開し、会場を沸かせた。

 「バイオハザード7 レジデント イービル」は1月26日発売予定。


芸能ニュースNEWS

山崎賢人「人間としての弱さや愚かさに共感できた」 松岡茉優「言いたいせりふがたくさんあった」

映画2020年3月27日

 映画『劇場』の完成記念イベントが25日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、松岡茉優、寛一郎と行定勲監督、原作者の又吉直樹が登壇した。  芥川賞作家の又吉による同名小説を映画化した本作は、劇作家を目指す主人公・永田(山崎)と、彼を必死に支 … 続きを読む

Matt、伝えたいメッセージは「LOVE」 「大変な時期だからこそ、思いやりの気持ちを」

イベント2020年3月27日

 「イヴ・サンローラン・ボーテ 表参道 フラッグシップ ブティック」テープカットセレモニーが26日、東京都内で行われ、モデルでタレントのMattが出席した。  この日は、同ブランド初の“ジャパンアンバサダー”に就任したタレントのローラも出席 … 続きを読む

松雪泰子「黒木華ちゃんは本当に天使だった」 『甘いお酒でうがい』で40代の独身女性役

映画2020年3月24日

 映画『甘いお酒でうがい』大ヒット祈願イベントが24日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、黒木華、清水尋也が登壇した。  お笑い芸人シソンヌ・じろうが、40代の独身女性・川嶋佳子が日記につづった517日間の日常を描いた同名小説を映画化。松 … 続きを読む

市川染五郎「声優初挑戦はすごく不安だった」 父・松本幸四郎は「良かったよ」

映画2020年3月24日

 映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』完成報告会が23日、東京都内で行われ、声優を務めた市川染五郎、杉咲花とイシグロキョウヘイ監督が登壇した。  本作は、俳句以外では思ったことがなかなか口に出せないチェリー(染五郎)と、見た目のコンプレ … 続きを読む

今泉佑唯が美しき刺客を演じ切る 舞台「あずみ~戦国編~」

舞台・ミュージカル2020年3月20日

 舞台「あずみ~戦国編~」の公開稽古が19日、東京都内のBunkamura シアターコクーンで開催された。  原作の『あずみ』は、第43回小学館漫画賞を受賞した小山ゆう氏の人気漫画。激動の戦国時代に、刺客という過酷な使命を背負い、屈強な男た … 続きを読む

page top