遠藤憲一、衝撃の“じんめん犬”役に苦笑 斎藤工「鼻から春雨が出るかと思いました」

2016年12月17日 / 15:46

武井咲(左)と遠藤憲一

 『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』の公開初日舞台あいさつが17日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、斎藤工、武井咲、遠藤憲一、南出凌嘉、浜辺美波ほかが登壇した。

 本作は、主人公のケータ(南出)がアニメと実写の世界を行き来しながら大冒険を繰り広げる。

 実写パートで、顔は人間、体はトイプードルの姿をした妖怪“じんめん犬”を演じた遠藤は、人気妖怪のジバニャンと並び「こんなかわいいキャクターが出てくるような作品に出たことないけど、大丈夫か、俺!?」と戸惑い気味にあいさつ。

 「ちっちゃい子は、みんな、じんめん犬が怖かったと思うけど大丈夫。普段はこうですからね」と優しい笑顔でアピールして笑いを誘った。

 遠藤は「じんめん犬のメークが終わった時に、ケータがすごく人懐っこくてベタベタくっついたのね。なのに素顔で宣伝番組に出たらまったく寄りつかなくて」とエピソードを披露。

 「じんめん犬よりこっちのほうが怖い?」と尋ねる遠藤に、南出が「じんめん犬のメークの時は面白くて近づいたけど、素顔を見るとちょっとびっくりして…」と明かすと、遠藤は「普通、じんめん犬のほうにびっくりするだろ!」と突っ込んで、会場を盛り上げた。

 武井も、劇中で一番印象に残ったシーンとして「やっぱり、じんめん犬かな。パンチが忘れられないです」と挙げると、斎藤も「じんめん犬を見た時は、鼻から春雨が出るかと思いました。遠藤さんのエネルギーが圧巻でした。憧れました」と独自の視点で振り返った。

 一方、ぬらりひょんを演じた斎藤は、山崎演じるエンマ大王とダンスシーンで共演。その出来について聞かれると「僕が“いかに踊れないか”というサイトが一時期あったぐらいなので」とダンスが苦手であることを明かした。

 山崎も「僕も、それこそ踊ったら友達に『おまえ妖怪みたいだな』と言われるぐらい下手。今回は結構頑張ったと思います」と苦笑い。練習では「ワンエン、ツーエン、みたいなのがよく分からなくて、いちにのさ~ん!みたいな感じで分かりやすく教えてもらった」と語った。

 そんな2人のダンスシーンが「一番ツボった」という遠藤。「2人共、真顔なんだよね。どういう気持ちでやってたの?」と質問された山崎は「必死でした。(頭の中で)カウントしていました」と恥ずかしそうに答えた。

舞台あいさつの登壇者たち

舞台あいさつの登壇者たち


芸能ニュースNEWS

中村獅童「女殺油地獄」を“倉庫”で上演 「古典を守りつつ革新を追求していく」

舞台・ミュージカル2019年3月24日

 オフシアター歌舞伎「女殺油地獄」の取材会が22日、東京都内で行われ、出演者の中村獅童、演出・脚本を担当する赤堀雅秋氏が出席した。  原作は300年前の実話を基にした人形浄瑠璃の名作。油屋の放蕩(ほうとう)息子・与兵衛は、借金の返済に困って … 続きを読む

中村勘九郎“代役”の三宅弘城にコメント 「以前からファン。楽しみでしょうがない」

ドラマ2019年3月23日

 大河ドラマ「いだてん」トークツアーin 東京都文京区が23日、東京都内で行われ、主人公の金栗四三役の中村勘九郎と三島弥彦役の生田斗真が出席。イベント後に報道陣の取材に応じた。  NHKは19日、ピエール瀧容疑者が麻薬取締法違反容疑で逮捕さ … 続きを読む

「いだてん」制作統括、ピエール瀧についてコメント 「とにかくショックだし、つらいし、残念」

ドラマ2019年3月23日

 俳優でミュージシャンのピエール瀧容疑者が麻薬取締法違反容疑で逮捕されたことを受け、NHK大河ドラマ「いだてん」の制作統括・訓覇圭氏が23日、東京都内で取材に応じた。  今回の件に関する見解を聞かれた訓覇氏は「とにかくショックだし、つらいし … 続きを読む

田中圭、興味があるのは「執筆活動」 「ゼロから物事を生み出すってすごい」

映画2019年3月23日

 映画『美人が婚活してみたら』の初日舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演者の黒川芽以、臼田あさ美、中村倫也、田中圭、脚本のじろう(シソンヌ)と大九明子監督が登壇した。  本作は、不毛な恋愛を続け、気が付けば32歳になっていた主人公タ … 続きを読む

おかずクラブ、羽田で「たびレジ」をPR ゆいP「新婚旅行でモルディブに行きたい」

トレンド2019年3月22日

 「外務省×よしもと 海外安全対策ステージ」イベントが22日、東京都内の羽田空港国際線ターミナルで行われ、お笑いコンビ・おかずクラブのオカリナとゆいPが登場した。 続きを読む

page top