遠藤憲一、舞台あいさつを“はしご” 「妖怪から人間役に戻ってまいりました」

2016年12月17日 / 16:53

(左から)高橋惠子、岡部尚、遠藤憲一、水野真紀、尾崎右宗

 映画『うさぎ追いし 山極勝三郎物語』の公開初日舞台あいさつが17日、東京都内で行われ、出演者の遠藤憲一、水野真紀、高橋惠子、岡部尚、近藤明男監督ほかが登壇した。

 本作は、長野県上田市を舞台に、人工がん研究の先駆者・山極勝三郎(遠藤)の生涯を描く。

 遠藤は目を潤ませながら「なかなか普段、感極まるということはないのですが、この映画は、低予算の単館(上映)から始まった作品。初日から立ち見まで出ているとあり、本当に感謝します」とあいさつした。

 遠藤は、同じく初日を迎えた出演映画『妖怪ウォッチ~』の舞台あいさつから“はしご”をしたこともあり、「妖怪から人間役に戻ってまいりました」と陽気に語って笑わせた。

 また、NHKの大河ドラマ「真田丸」に上杉景勝役で出演した遠藤。舞台は本作と同じ上田とあり「不思議な縁を感じています。水野さんと撮影初日に、市長さんにお会いした時は、ポスターも何もできていなくて、バックに『真田丸』って書いてある所で記念撮影をして、何の宣伝か分からなくなっちゃった。でも先月行った時には、この映画のポスターがいっぱいあって、“やっと肩を並べられるようになったな”と思いました」と語り、ほほ笑んだ。

 映画にちなみ「自分が勝三郎なら、2年以上も地道な実験を続けられたと思う?」と聞かれた遠藤が「若いころはこらえ性がないので無理だったでしょう。今は逆に、例えば“2年を懸けて一つの映画を作る”みたいな役があったら喜んでやります。長い時間を懸けてコツコツ作るのが好きなんです」と答えると、観客から温かい拍手が贈られた。

 一方、劇中で病をおして実験に向かう勝三郎に「命よりも大切なものはありません」と訴える妻かね子を演じた水野には「もし自分であれば、夫を力づくでも休ませたと思う?」という質問が。

 「行かせたと思います」と答えた水野は「『相手の成長を止めるような愛し方をするな』というのが、『エースをねらえ!』でありまして。確か、宗方コーチが藤堂くんに言った言葉だと記憶しています。それが私の中に残っていまして…」と明かして笑わせた。


芸能ニュースNEWS

中村獅童「女殺油地獄」を“倉庫”で上演 「古典を守りつつ革新を追求していく」

舞台・ミュージカル2019年3月24日

 オフシアター歌舞伎「女殺油地獄」の取材会が22日、東京都内で行われ、出演者の中村獅童、演出・脚本を担当する赤堀雅秋氏が出席した。  原作は300年前の実話を基にした人形浄瑠璃の名作。油屋の放蕩(ほうとう)息子・与兵衛は、借金の返済に困って … 続きを読む

中村勘九郎“代役”の三宅弘城にコメント 「以前からファン。楽しみでしょうがない」

ドラマ2019年3月23日

 大河ドラマ「いだてん」トークツアーin 東京都文京区が23日、東京都内で行われ、主人公の金栗四三役の中村勘九郎と三島弥彦役の生田斗真が出席。イベント後に報道陣の取材に応じた。  NHKは19日、ピエール瀧容疑者が麻薬取締法違反容疑で逮捕さ … 続きを読む

「いだてん」制作統括、ピエール瀧についてコメント 「とにかくショックだし、つらいし、残念」

ドラマ2019年3月23日

 俳優でミュージシャンのピエール瀧容疑者が麻薬取締法違反容疑で逮捕されたことを受け、NHK大河ドラマ「いだてん」の制作統括・訓覇圭氏が23日、東京都内で取材に応じた。  今回の件に関する見解を聞かれた訓覇氏は「とにかくショックだし、つらいし … 続きを読む

田中圭、興味があるのは「執筆活動」 「ゼロから物事を生み出すってすごい」

映画2019年3月23日

 映画『美人が婚活してみたら』の初日舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演者の黒川芽以、臼田あさ美、中村倫也、田中圭、脚本のじろう(シソンヌ)と大九明子監督が登壇した。  本作は、不毛な恋愛を続け、気が付けば32歳になっていた主人公タ … 続きを読む

おかずクラブ、羽田で「たびレジ」をPR ゆいP「新婚旅行でモルディブに行きたい」

トレンド2019年3月22日

 「外務省×よしもと 海外安全対策ステージ」イベントが22日、東京都内の羽田空港国際線ターミナルで行われ、お笑いコンビ・おかずクラブのオカリナとゆいPが登場した。 続きを読む

page top