高畑充希、映画の賞に「すごく幸せ」 妻夫木聡「転機は『ウォーターボーイズ』」

2016年11月3日 / 19:48

高畑充希 (c)2016 TIFF

 第29回「東京国際映画祭(TIFF)」のクロージングセレモニーが3日、都内のEXシアター六本木で行われ、“ARIGATO(ありがとう)賞”に選出された女優の高畑充希、俳優の妻夫木聡、新海誠監督、ゴジラが登壇した。

 この賞は“日本映画界への貢献が目覚ましい人々に贈られる賞”で、昨年設立された。妻夫木は、『ジョゼと虎と魚たち』(2003)でキネマ旬報ベスト・テン最優秀主演男優賞、『悪人』(10)では第34回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞、ブルーリボン賞主演男優賞など、数々の賞に輝き、いまや日本を代表する俳優の一人に成長した。

 壇上でトロフィーを受け取った妻夫木は「ありがとうございます」と満面の笑み。自身の転機となった作品として『ウォーターボーイズ』(01)を挙げ、「あの作品で日本映画の汗臭さ、泥臭さを肌で感じることができたし、スタッフ、キャストのみんなで一丸となって“映画を作っているんだ”という一体感を感じることができました」と述懐。

 それ以降、「映画にほれて今までずっとやってきました」という妻夫木は「映画界の方々からこのような賞をいただけるとは思っていなかったので、これを励みにまた一から頑張りたいと思います」とさらなる躍進を誓った。

 一方の高畑は、今年大ヒットを記録した映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』(16)の主演のほか、『怒り』(16)、『アズミ・ハルコは行方不明』(16、同映画祭 コンペティション部門出品作品)など話題作が続く。特に今年はNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」で主役の小橋常子を熱演。“日本全国のヒロイン”としてお茶の間でも人気を博した。

 壇上に上がった高畑は「すてきな賞をいただき、すごく幸せな気持ちです。私はミュージカルからこの世界に飛び込んだので、そこから10年たって、映画の賞をいただけるなんて…」と感慨深げにコメント。

 続けて「それも“ゴジラさん”と同じ壇上に立つ日が来るとは思っていませんでした」と笑うと、「いつも、この先どのようになるか分からぬまま、運とかいろんな方とのご縁でここまでやってきたと思います。すごく恵まれた10年間でした」と改めて感謝。「これからも必死に頑張ります。こちらこそ“ありがとう”ございました」と頭を下げた。

日本を代表する俳優の一人に成長した妻夫木聡

妻夫木聡 (c)2016 TIFF


芸能ニュースNEWS

「ユニコーンに乗って」西島秀俊演じる中年サラリーマン“小鳥”に反響  「西島さんがかわい過ぎて、杉野遥亮とどっちを選べばいいのか分からない」

ドラマ2022年7月6日

 永野芽郁が主演するドラマ「ユニコーンに乗って」(TBS系)の第1話が、5日に放送された。  教育系スタートアップ企業「ドリームポニー」の若きCEO成川佐奈(永野)の下に、中年の小鳥智志(西島秀俊)が転職してきたことで巻き起こる騒動を通して … 続きを読む

マヂラブ村上「子どもの頃は、1日1回は絶対に泣いていた」 渋谷凪咲「できることなら80年代に生まれたかった」

ドラマ2022年7月6日

 Netflixシリーズ「ストレンジャー・シングス 未知の世界4」配信記念スペシャルイベントが5日、東京都内で行われ、同シリーズに参加する声優の園崎未恵、ファンとして、マヂカルラブリー(野田クリスタル、村上)、NMB48の渋谷凪咲ほかが登壇 … 続きを読む

佐藤勝利、秋元康に「空調を差し入れして、切実です」 “これだけはやめられないもの”も告白

ドラマ2022年7月6日

 ドラマ「赤いナースコール」のオンライン記者会見が5日に行われ、出演者の佐藤勝利(Sexy Zone)、福本莉子、池田鉄洋、板尾創路、浅田美代子が登場した。  秋元康氏が企画・原作を手掛ける本作は、主人公の春野翔太朗(佐藤)が入院した病院で … 続きを読む

SHELLY、第3子妊娠を改めて報告 「すてきなパートナーが出来、新たに赤ちゃんも」

イベント2022年7月5日

 Prime Videoの婚活リアリティー番組「バチェロレッテ・ジャパン」シーズン2配信記念・七夕祭り記者会見が5日、東京都内で行われ、スタジオMCを務めるナインティナインの岡村隆史と矢部浩之、SHELLY、番組進行役の坂東工が出席した。 … 続きを読む

三谷幸喜、作・演出「ショウ・マスト・ゴー・オン」のキャストが発表に 鈴木京香、尾上松也、ウエンツ瑛士、シルビア・グラブら

舞台・ミュージカル2022年7月5日

 2022年11~12月に上演されるシス・カンパニー公演「ショウ・マスト・ゴー・オン」のキャストが5日、発表された。作・演出は、現在放送中のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で脚本を担当する三谷幸喜氏が務める。  “一度幕を上げたら その幕 … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top