松田龍平、“おじさん役”を追求するも… 「僕はまだおじさんじゃない!」

2016年11月3日 / 17:57

主演の松田龍平

 映画『ぼくのおじさん』の初日舞台あいさつが3日、東京都内で行われ、出演者の松田龍平、真木よう子、宮藤官九郎、子役の大西利空、山下敦弘監督が出席した。

 主演の“おじさん”を演じた松田は、「初日を迎えられてとてもうれしいです」と笑顔を見せ「僕自身、すごく好きな映画になったのでたくさんの方に見ていただきたいと思います」とアピール。

 オファーが来た時の心境については「おじさん来たな…という(感じで)」と苦笑しながらも「まあでも、おじさんといっても叔父さんの“おじ”なので。自分なりのおじさんを追求していきたいなという気持ちでやらせてもらいました」と撮影を振り返った。

 原作は芥川賞作家・北杜夫氏による同名小説。学校で「自分のまわりにいる大人」をテーマに作文を書くことになった“ぼく”こと春山雪男(大西)は、大人のくせにお小遣いはくれないし、勉強も教えてくれない、万年床で漫画ばかり読んでいるボサボサ頭の居候のおじさん(松田)をテーマに作文を書き始める…という物語。

 今回演じた“おじさん”について、客観的な意見を問われた松田は「グータラですけど行動力がありますよね」とコメント。「独特で、例えばハワイ行くのに、懸賞で行けるよう全力を注ぐところとか、カレーのクーポン券が使えなくてショックを受けるとか、すさまじいなと思って…」とある意味、感心もしている様子だった。

 一方、マドンナ役のエリーを演じた真木は、「おじさん的な人を(異性として)どう思う?」という質問に、「現実的に考えると経済面とか問題になってきますが、嫌いではないです」と回答。これを聞いた松田は「僕のことじゃないですよね。(あくまで役柄の)おじさんなんで。僕はまだまだおじさんじゃないぞ!」と主張して、会場の笑いを誘った。

 トーク中には、今回、ハワイ在住の日系4世という役どころに挑んだ真木が「エリーは明朗快活。私にそんなイメージはあまりなかったから、お話をいただいた時に第7候補ぐらいじゃないのかなと疑いました」とこぼす一幕も。それでも、「マドンナの役は女優として一度はやってみたかったので、二つ返事でOKしました」と話す真木に、山下監督は「そんなことないですよ!」と慌てて否定していた。

マドンナ役を演じた真木よう子

マドンナ役を演じた真木よう子


芸能ニュースNEWS

高橋一生「僕は相河一輝に限りなく近い」 主演ドラマのSPイベントは「とても楽しみ」

イベント2018年11月19日

 スペシャルイベント「僕らはドラマと音楽と奇跡でできている体感ライブ」が19日、東京都内で行われ、出演者の高橋一生、児嶋一哉(アンジャッシュ)、矢作穂香、北香那、戸田恵子ほかが登場した。  イベントは、生き物の“フシギ”が大好きな大学講師・ … 続きを読む

チョコレートプラネットが休養よしこの様子を明かす 長田「結構あっけらかんとしていました」

トレンド2018年11月19日

 「ソフトバンクロボティクス/ソフトバンク新製品発表会」が19日、東京都内で行われ、女優でモデルの河北麻友子、お笑いコンビ・チョコレートプラネットの長田庄平と松尾駿が出席した。 続きを読む

乃木坂46・若月佑美、卒業前最後の舞台 「ついにこの日が来たか!」

舞台・ミュージカル2018年11月19日

 舞台「鉄コン筋クリート」の囲み取材が18日、東京都内で行われ、出演者で乃木坂46の若月佑美、三戸なつめほかが登壇した。  本作は、松本大洋氏の同名コミックを舞台化したもので、暴力が飛び交い、大人の思惑がうごめく街に暮らす少年シロとクロが互 … 続きを読む

山崎努、樹木希林さんとの共演を回顧 「現場ではものすごく元気で…」

授賞式2018年11月19日

 「第10回TAMA映画賞」の授賞式が17日、東京都内で行われ、映画『モリのいる場所』に出演した俳優の山崎努が登壇した。  本作は、30年間一歩も家の外へ出ることなく、庭の生命を見つめ、描きつづけた伝説の画家・熊谷守一(通称モリ)の生涯を描 … 続きを読む

吉沢亮、最優秀新進男優を受賞 「映画を中心にやっていきたい」

授賞式2018年11月19日

 「第10回TAMA映画賞」の授賞式が17日、東京都内で行われ、最優秀新進男優賞を受賞した吉沢亮ほかが登壇した。  『リバーズ・エッジ』『猫は抱くもの』『銀魂2 掟は破るためにこそある』『ママレード・ボーイ』などの演技が認められ、受賞となっ … 続きを読む

page top