松田龍平、“おじさん役”を追求するも… 「僕はまだおじさんじゃない!」

2016年11月3日 / 17:57

主演の松田龍平

 映画『ぼくのおじさん』の初日舞台あいさつが3日、東京都内で行われ、出演者の松田龍平、真木よう子、宮藤官九郎、子役の大西利空、山下敦弘監督が出席した。

 主演の“おじさん”を演じた松田は、「初日を迎えられてとてもうれしいです」と笑顔を見せ「僕自身、すごく好きな映画になったのでたくさんの方に見ていただきたいと思います」とアピール。

 オファーが来た時の心境については「おじさん来たな…という(感じで)」と苦笑しながらも「まあでも、おじさんといっても叔父さんの“おじ”なので。自分なりのおじさんを追求していきたいなという気持ちでやらせてもらいました」と撮影を振り返った。

 原作は芥川賞作家・北杜夫氏による同名小説。学校で「自分のまわりにいる大人」をテーマに作文を書くことになった“ぼく”こと春山雪男(大西)は、大人のくせにお小遣いはくれないし、勉強も教えてくれない、万年床で漫画ばかり読んでいるボサボサ頭の居候のおじさん(松田)をテーマに作文を書き始める…という物語。

 今回演じた“おじさん”について、客観的な意見を問われた松田は「グータラですけど行動力がありますよね」とコメント。「独特で、例えばハワイ行くのに、懸賞で行けるよう全力を注ぐところとか、カレーのクーポン券が使えなくてショックを受けるとか、すさまじいなと思って…」とある意味、感心もしている様子だった。

 一方、マドンナ役のエリーを演じた真木は、「おじさん的な人を(異性として)どう思う?」という質問に、「現実的に考えると経済面とか問題になってきますが、嫌いではないです」と回答。これを聞いた松田は「僕のことじゃないですよね。(あくまで役柄の)おじさんなんで。僕はまだまだおじさんじゃないぞ!」と主張して、会場の笑いを誘った。

 トーク中には、今回、ハワイ在住の日系4世という役どころに挑んだ真木が「エリーは明朗快活。私にそんなイメージはあまりなかったから、お話をいただいた時に第7候補ぐらいじゃないのかなと疑いました」とこぼす一幕も。それでも、「マドンナの役は女優として一度はやってみたかったので、二つ返事でOKしました」と話す真木に、山下監督は「そんなことないですよ!」と慌てて否定していた。

マドンナ役を演じた真木よう子

マドンナ役を演じた真木よう子


芸能ニュースNEWS

「恋です!」「第3話にして神回」 “森生”杉野遥亮の熱いハグに「キュンキュン」「宇宙一尊い」

ドラマ2021年10月21日

 杉咲花が主演するドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」(日本テレビ系)の第3話が20日に放送された。  本作は、弱視の盲学校生・赤座ユキコ(杉咲)と、けんかっ早いけれど純粋なヤンキー・黒川森生(杉野遥亮)が、引かれ合っていく様子を描 … 続きを読む

永野芽郁、田中圭は「意外とおっちょこちょい」 学生たちに「勉強できる時間は貴重」

映画2021年10月21日

 映画『そして、バトンは渡された』学生限定サプライズ登壇試写会イベントが20日、東京都内で行われ、主演の永野芽郁が登場した。  本作は、4回名字が変わった優子(永野)が、親が命を懸けてついたうそを知り、想像を超える愛に気付く感動作。  この … 続きを読む

松本伊代「意外と家族の中ではしっかり者なんです」 夫のヒロミは「レストランも自分で予約できない」

イベント2021年10月20日

 旭化成ファーマ「骨検プロジェクト啓発週間“骨検週間”発表会」が20日、東京都内で行われ、タレントの松本伊代とお笑いコンビ・ラランド(サーヤ、ニシダ)が出席した。  この日は、骨粗しょう症の黄色信号である「身長のマイナス2センチ」に着目し、 … 続きを読む

二宮和也&城島茂、CM初共演で笑顔 後輩・西畑大吾を交えて“オイル談議”も

CM2021年10月20日

 二宮和也(嵐)、城島茂(TOKIO)、西畑大吾(なにわ男子)が出演する日清オイリオグループ「鮮度のオイルシリーズ」の新CMが、10月21日から全国で放送される。  ごま油「追いがけ、味変、ごま油」篇、BOSCO「はじめにオリーブオイル」篇 … 続きを読む

令和版「東京ラブストーリー」石橋静河“赤名リカ”の名せりふに反響 「すごいせりふ。言われてみたいわ」

ドラマ2021年10月20日

 伊藤健太郎が主演するドラマ「東京ラブストーリー」(フジテレビ系)の2話が、19日深夜に放送された。  本作は、1991年にフジテレビ系で放送された織田裕二、鈴木保奈美主演の同名ドラマを、昨年、29年ぶりに制作。動画配信サービス「FOD」な … 続きを読む

amazon

page top