松田龍平、“おじさん役”を追求するも… 「僕はまだおじさんじゃない!」

2016年11月3日 / 17:57

主演の松田龍平

 映画『ぼくのおじさん』の初日舞台あいさつが3日、東京都内で行われ、出演者の松田龍平、真木よう子、宮藤官九郎、子役の大西利空、山下敦弘監督が出席した。

 主演の“おじさん”を演じた松田は、「初日を迎えられてとてもうれしいです」と笑顔を見せ「僕自身、すごく好きな映画になったのでたくさんの方に見ていただきたいと思います」とアピール。

 オファーが来た時の心境については「おじさん来たな…という(感じで)」と苦笑しながらも「まあでも、おじさんといっても叔父さんの“おじ”なので。自分なりのおじさんを追求していきたいなという気持ちでやらせてもらいました」と撮影を振り返った。

 原作は芥川賞作家・北杜夫氏による同名小説。学校で「自分のまわりにいる大人」をテーマに作文を書くことになった“ぼく”こと春山雪男(大西)は、大人のくせにお小遣いはくれないし、勉強も教えてくれない、万年床で漫画ばかり読んでいるボサボサ頭の居候のおじさん(松田)をテーマに作文を書き始める…という物語。

 今回演じた“おじさん”について、客観的な意見を問われた松田は「グータラですけど行動力がありますよね」とコメント。「独特で、例えばハワイ行くのに、懸賞で行けるよう全力を注ぐところとか、カレーのクーポン券が使えなくてショックを受けるとか、すさまじいなと思って…」とある意味、感心もしている様子だった。

 一方、マドンナ役のエリーを演じた真木は、「おじさん的な人を(異性として)どう思う?」という質問に、「現実的に考えると経済面とか問題になってきますが、嫌いではないです」と回答。これを聞いた松田は「僕のことじゃないですよね。(あくまで役柄の)おじさんなんで。僕はまだまだおじさんじゃないぞ!」と主張して、会場の笑いを誘った。

 トーク中には、今回、ハワイ在住の日系4世という役どころに挑んだ真木が「エリーは明朗快活。私にそんなイメージはあまりなかったから、お話をいただいた時に第7候補ぐらいじゃないのかなと疑いました」とこぼす一幕も。それでも、「マドンナの役は女優として一度はやってみたかったので、二つ返事でOKしました」と話す真木に、山下監督は「そんなことないですよ!」と慌てて否定していた。

マドンナ役を演じた真木よう子

マドンナ役を演じた真木よう子


芸能ニュースNEWS

崎山つばさ、舞台初主演で「テンション上がりすぎた」 ゲネプロで負傷アクシデント

舞台・ミュージカル2019年4月19日

 舞台「幕末太陽傳 外伝」の公開ゲネプロおよび囲み取材が18日、東京都内で行われ、出演者の崎山つばさ、入江甚儀、中野あいみ、武藤十夢、愛原実花、柳亭小痴楽ほかが出席した。  本作は、日活クラシック映画を代表する故・川島雄三監督の生誕百年記念 … 続きを読む

永瀬廉、「もっと演技を勉強したい」 初主演映画ようやくお披露目

映画2019年4月19日

 映画『うちの執事が言うことには』の完成披露試写会が18日、東京都内で行われ、King & Princeの永瀬廉と神宮寺勇太ほかの出演者たちと、久万真路監督が登壇した。  本作は、名門・烏丸家第27代当主となる主人公・花穎(永瀬)と、仏頂面 … 続きを読む

アンガ田中「みちょぱと“令和初の芸能人結婚”を」 みちょぱ全否定「田中さんに愛はない」

トレンド2019年4月18日

 Netflix「GWスペシャルイベント ~美しきサボりのススメ~」が18日、東京都内で行われ、モデルでタレントの池田美優(みちょぱ)、アンガールズの田中卓志と山根良顕が“部屋着”姿で登場した。 続きを読む

“12代目ゼクシィガール”に女優・白石聖 大先輩・泉ピン子が“男の見極め方”指南

トレンド2019年4月18日

 結婚情報誌『ゼクシィ』の新CM発表会が18日、東京都内で行われ、12代目CMガールに抜てきされた白石聖が出席した。 続きを読む

生田絵梨花、「飛鳥先輩に小突かれました」 CM撮影でのNGを反省

トレンド2019年4月18日

 フルーツ炭酸飲料「ファンタ」の新キャンペーン「ファンタ坂学園」のPRイベントが17日、東京都内で行われ、新イメージキャラクターに起用された乃木坂46の秋元真夏、生田絵梨花、齋藤飛鳥、山下美月、与田祐希が出席。お笑いコンビのメイプル超合金もイベントを盛り上げる“判定員”として駆け付けた。 続きを読む

page top