新海誠監督、“ARIGATO賞”に感慨 「よくも悪くも“発見していただけた”」

2016年11月3日 / 20:17

『君の名は。』の新海誠監督 (c)2016 TIFF

 第29回「東京国際映画祭(TIFF)」のクロージングセレモニーが3日、都内のEXシアター六本木で行われ、“ARIGATO(ありがとう)賞”に選出された女優の高畑充希、俳優の妻夫木聡、新海誠監督、ゴジラが登壇した。この賞は“日本映画界への貢献が目覚ましい人々に贈られる賞”で、昨年設立された。

 社会現象になるほどの大ブームを巻き起こしている『君の名は。』の新海監督は、司会から「日本アニメーション映画界の新星」と紹介されて壇上に上がると、「私自身は10年前から普通にアニメーションを作り続けてきたんですが…」と苦笑い。それでも「今回2016年、よくも悪くも“発見していただけた”ということなんだと思います」と感謝の言葉を述べた。

 続けて「そのことはとても幸せなことですし、同時に“発見されなかった自分”というのも今でもどこかに存在しているような気がしています」と率直な思いを明かすと、「自分にできること、これからやりたいことはあまり変わりません。これから先も今の観客が何を見たいのか、物語の負うべき役割は何なのかを考えながら、変わらずアニメーション映画を作っていけたら幸せです」と気持ちを新たにした。

 また、「僕の名前でこの賞をいただきましたが、実質“ARIGATO賞”は『君の名は。』というアニメーション映画にいただいたものだと思っています」と新海監督。「もちろん僕の力だけではなく、本当に優秀なスタッフ、アニメーターたちや配給のスタッフ、(声優を務めた)神木隆之介くんや上白石萌音ちゃん、RADWIMPSの息をのむような音楽があったからこそ、この映画が1000万人以上という想像もできないようなたくさんの観客に届いたのだと思います」とし、あらためて「映画を見てくださった皆さまに心から御礼申し上げます。まだ見ていない皆さん、よろしかったら見てください」と笑顔でアピールした。

null

“ARIGATO賞”の受賞者たち(c)2016 TIFF


芸能ニュースNEWS

「石子と羽男」“大庭”赤楚衛二の告白が「カッコ良かった」 「恋バナではしゃぐ“羽男”中村倫也がかわい過ぎる」

ドラマ2022年8月13日

 有村架純と中村倫也がW主演するドラマ「石子と羽男-そんなコトで訴えます?-」(TBS系)の第5話が、12日に放送された。  本作は、司法試験に4回落ちた崖っぷち東大卒のパラリーガル・石子(有村)と、司法試験に1回で合格した高卒の弁護士・羽 … 続きを読む

「六本木クラス」“龍二”鈴鹿央士の境遇に「涙した」 “新”竹内涼真は「本当に愛情深い人」「長屋に負けるな」

ドラマ2022年8月12日

 竹内涼真が主演するドラマ「六本木クラス」(テレビ朝日系)の第6話が、11日に放送された。  本作は、韓国ドラマ「梨泰院クラス」をリメークしたジャパン・オリジナル版。絶望の淵に立たされた青年・宮部新(竹内)が復讐(ふくしゅう)を誓い、金と権 … 続きを読む

「家庭教師のトラコ」“トラコ”橋本愛の預金額に驚きの声 「8千万円を何に使ったんだろう」「施設への寄付?」

ドラマ2022年8月11日

 橋本愛が主演するドラマ「家庭教師のトラコ」(日本テレビ系)の第4話が、10日に放送された。  本作は、謎の家庭教師・トラコ(橋本)が、年齢も抱えている問題もバラバラの3人の母親と、その子どもを救う個別指導式ホームドラマ。遊川和彦氏が脚本を … 続きを読む

草なぎ剛、デビュー作の原田琥之佑にエール 「感謝の気持ちを忘れずにいれば、絶対にうまくいく」

映画2022年8月11日

 映画『サバカンSABAKAN』完成披露舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の原田琥之佑、尾野真千子、竹原ピストル、草なぎ剛と金沢知樹監督が登壇した。  本作は、1980年代の長崎を舞台に、久田(番家一路)と竹本(原田)の2人の少 … 続きを読む

岩本照、天才詐欺師役は「アイドルに近いものがある」 お気に入りの“成り済まし”は「医者」

舞台・ミュージカル2022年8月10日

 ミュージカル「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」プレスコール取材会が9日、東京都内で行われ、出演者の岩本照(Snow Man)、横山由依、吉田栄作が登壇した。  本作は、フランク・W・アバグネイル・ジュニアの自伝小説『世界をだました男』 … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top