松山ケンイチ、“伝説の棋士”に共鳴 俳優の仕事は「生きることに直結している」

2016年11月2日 / 21:58

伝説の天才棋士を演じる松山ケンイチ

 第29回東京国際映画祭の公式クロージング作品『聖の青春』の上映前舞台あいさつが2日、東京都内で行われ、出演者の松山ケンイチ、東出昌大、森義隆監督が登壇。ゲストとしてレスリングの吉田沙保里選手、ウエートリフティングの三宅宏実選手、カヌーの羽根田卓也選手も駆け付け、監督とキャストに花束を贈った。

 この作品は、29歳にして亡くなった天才棋士・村山聖さんの生涯を映画化。同映画祭のレッドカーペットにも登場した主演の松山は、「(今回の)映画祭は楽しかった記憶しかありません。(オープニングでゲストの)メリル・ストリープさんや安倍首相にお会い出来たことも光栄だし、映画祭に参加すると、毎回パワーをもらえる気がします」と感謝のコメント。あらためて「日本の伝統文化である将棋、日本独特の“粋な美しさ”が存分に描かれた作品。ぜひ世界中の方々に楽しんでもらいたい」とアピールした。

 また、村山さんと自身の共通点を問われた松山は「村山さんにとっては将棋、僕でいうと俳優という仕事が、生きることに直結しているところが似てるんじゃないかな」と分析。「その中でも将棋だけが人生、俳優だけが人生ということではなく、プライベートではお酒を飲んでいるシーンや麻雀をするシーンも(劇中に)出てきましたが、病に左右されずに、自分の人生を好きなように燃やしていく…。その生きざまが僕はすごく好きだし、(その生きざまを通して)自分の人生についても考えさせられました」と振り返った。

 一方で、最近自分がした“勝負”についての質問も。これに松山は「まあ、腹が痛くなって、エレベーターが来なくて。自分との戦いでした…」と苦笑いで告白。続く森監督が「松山くんが言っていたことが勝負であるならば、僕は30歳を超えてから2敗ぐらいしています」と意味深に語ると、吉田選手は「漏れたってこと?」と驚き。すかさず東出が「(ここは)国際映画祭! 国際映画祭!」と森監督をたしなめ、会場の笑いを誘った。

舞台あいさつの登壇者たち

舞台あいさつの登壇者たち


芸能ニュースNEWS

中居正広「やっぱり山頂の酸素は薄い」 「30年スーパースター」の本音を吐露

テレビ2020年5月25日

 タレントの中居正広が23日放送のテレビ番組「新・日本男児と中居」(日本テレビ系)に出演。幻冬舎の編集者・箕輪厚介氏や大学生らと共にリモート飲み会に初挑戦した。  リモート飲み会について中居は「苦手だなあ…」と及び腰。大学生の悩み相談に答え … 続きを読む

岡江久美子さんが発熱前日に送った言葉 「天までとどけ」の子どもたちが明かす

テレビ2020年5月24日

 新型コロナウイルスによる肺炎で、4月23日に63歳で死去した女優の岡江久美子さんをしのび、22日「爆報!THE フライデー」(TBS系)で追悼企画が放送された。  番組では1991年から8年間にわたって放送された「天までとどけ」の秘蔵映像 … 続きを読む

「野ブタ。」特別編「高校生目線の人間物語」 「何度見ても泣いてしまう」

テレビ2020年5月24日

 亀梨和也と山下智久が出演するドラマ「野ブタ。をプロデュース」特別編(日本テレビ系)の第7話が、23日に放送された。  本作は、桐谷修二(亀梨)と草野彰(山下)がいじめられっ子の転校生・小谷信子(堀北真希)、通称「野ブタ」をクラスの人気者に … 続きを読む

「テセウスの船」アンコール放送終了 「2度目のロス!続編が見たい」

ドラマ2020年5月23日

 竹内涼真が主演した1月期放送のドラマ「テセウスの船」(TBS系)のアンコール放送となる「テセウスの船ネタバレSP」の最終話が23日に放送された。  本作は、平成元年に起きた連続毒殺事件の犯人として逮捕された父・佐野文吾(鈴木亮平)の無実を … 続きを読む

山田孝之主演「勇者ヨシヒコ」傑作選放送 「やっぱり最高の4人」

ドラマ2020年5月23日

 山田孝之が主演したドラマ「勇者ヨシヒコと魔王の城」(テレビ東京系)の傑作選第1話が23日に放送された。  本作は、2011年に放送されたシリーズ第1作で、「深夜ドラマ×低予算×冒険活劇」という常識破りの方程式で描く、奇想天外・抱腹絶倒のア … 続きを読む

page top