松山ケンイチ『デスノート』出演時は「ダーツバーで働いていた」 藤原竜也との共演を熱望

2016年10月25日 / 14:20

藤原竜也(左)と松山ケンイチ

 映画『デスノート Light up the NEW world』の公開記念して 『DEATH NOTE』『DEATH NOTE the Last name』イッキ見上映~あの伝説から10年。月とLは永遠に~ <10年ぶりに面白いもの見せてやろうじゃナイト>が24日、東京都内で行われ、出演者の藤原竜也、松山ケンイチが出席した。

 本作は、2006年に公開された『DEATH NOTE』シリーズの続編。夜神月(藤原)とL(松山)の死から10年後を舞台に、6冊のデスノートを巡る捜査官、探偵、サイバーテロリストによる戦いを描く。

 この日、サプライズで登場し、観客を驚かせた藤原と松山。続編にも出演することが発表されているが、トークでは出演した経緯も語った。

 松山は「電話がかかってきて『出ないか』って言われたんです。その時『聖の青春』の役作りで太らないといけない時だったので、『太っていますけどいいですか?』と聞いたら『一考する』って電話が切れました。その結果は今週土曜日に公開するので確認していただきたいと思います」とユーモアたっぷりにアピールした。

 藤原も「オファーの電話があって、松ケンと久々にお芝居ができるのかっていろいろ聞いていたら、東出昌大くんや池松壮亮くん、菅田将暉くんが出ると聞いて。そんなに出られるのって思ったし、6冊もデスノートがあるでしょ。『考えようかな』と言った瞬間に電話を切られまして」とちゃめっ気たっぷりに語った。

 ほかにも、Q&A形式で思い出を語り、松山は撮影当時ダーツバーでアルバイトをしていたことを告白。クランクアップの打ち上げでダーツバーに行った際、松山はダーツ未経験とうそをついていたそうで、「実はその時ダーツバーで働いていたんですよ。でも、(藤原に)勝てなかったです」と明かし、苦笑いを浮かべた。

 さらに、松山は当時Lを演じた心境を「僕は新人で竜也さんは百戦錬磨で、僕が竜也さんと対峙(たいじ)できるのか悩んでいました。本当に狂気じみた演技は今でも忘れられないですし、あれを超える演技を見たことがないです」と吐露。

 その後『カイジ』でも共演したが、「10年たった今でも竜也さんに追いつきたいし、追いついて思いっきり対峙するのが目標だったんです。今でもそこを超えたと思うし、目標にしている部分も残ってるんです」と熱く共演を希望した。

 映画は10月29日から全国ロードショー。


芸能ニュースNEWS

堤真一「自分の映画を見て初めて泣いた」 『泣くな赤鬼』完成披露、結婚&妊娠発表の川栄李奈も登場

映画2019年5月22日

 映画『泣くな赤鬼』の完成披露試写会が21日、東京都内で行われ、出演者の堤真一、柳楽優弥、川栄李奈、竜星涼と兼重淳監督が登壇した。  本作は、重松清氏の同名短編を映画化。厳しくすることでしか教え子に向き合えなかった熱血教師の“赤鬼先生”(堤 … 続きを読む

北斗晶、薬物依存について考える 「もし自分の子なら寄り添って戦えるのか」

トレンド2019年5月21日

 映画『ベン・イズ・バック』トークイベントが21日、東京都内で行われ、ゲストとしてタレントの北斗晶、内科医で作家のおおたわ史絵氏が出席した。 続きを読む

今田美桜、公開アフレコに挑戦 声優業は「すごく難しくて勉強中です」

映画2019年5月21日

 映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』アフレコイベントが21日、東京都内で行われ、日本語版吹き替え声優を務める女優の今田美桜が出席した。  本作は、ブラックスーツとサングラスに身を包み、地球上に生息するエイリアンが犯罪や侵略行為 … 続きを読む

長谷川博己、大河ドラマの撮影を前に墓参 「『必ずいいものにします』と念を込めました」

ドラマ2019年5月21日

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」で戦国武将・明智光秀を演じる長谷川博己が20日、光秀の菩提(ぼだい)寺である滋賀県・西教寺を訪れ、明智一族の墓に参った。  昨夏も同地を訪れたという長谷川は「今回、また西教寺に来ることになり、明智 … 続きを読む

菅田将暉、松坂桃李との不思議な関係を語る 「他の先輩陣とは違う距離感」

ドラマ2019年5月20日

 ドラマ「パーフェクトワールド」のスペシャルナイトが20日、東京都内で行われ、出演者の松坂桃李、山本美月、瀬戸康史、中村ゆり、木村祐一、菅田将暉が出席した。  本作は、有賀リエ氏の同名コミックを実写ドラマ化したもの。大学時代の事故で車いす生 … 続きを読む

page top