松山ケンイチ『デスノート』出演時は「ダーツバーで働いていた」 藤原竜也との共演を熱望

2016年10月25日 / 14:20

藤原竜也(左)と松山ケンイチ

 映画『デスノート Light up the NEW world』の公開記念して 『DEATH NOTE』『DEATH NOTE the Last name』イッキ見上映~あの伝説から10年。月とLは永遠に~ <10年ぶりに面白いもの見せてやろうじゃナイト>が24日、東京都内で行われ、出演者の藤原竜也、松山ケンイチが出席した。

 本作は、2006年に公開された『DEATH NOTE』シリーズの続編。夜神月(藤原)とL(松山)の死から10年後を舞台に、6冊のデスノートを巡る捜査官、探偵、サイバーテロリストによる戦いを描く。

 この日、サプライズで登場し、観客を驚かせた藤原と松山。続編にも出演することが発表されているが、トークでは出演した経緯も語った。

 松山は「電話がかかってきて『出ないか』って言われたんです。その時『聖の青春』の役作りで太らないといけない時だったので、『太っていますけどいいですか?』と聞いたら『一考する』って電話が切れました。その結果は今週土曜日に公開するので確認していただきたいと思います」とユーモアたっぷりにアピールした。

 藤原も「オファーの電話があって、松ケンと久々にお芝居ができるのかっていろいろ聞いていたら、東出昌大くんや池松壮亮くん、菅田将暉くんが出ると聞いて。そんなに出られるのって思ったし、6冊もデスノートがあるでしょ。『考えようかな』と言った瞬間に電話を切られまして」とちゃめっ気たっぷりに語った。

 ほかにも、Q&A形式で思い出を語り、松山は撮影当時ダーツバーでアルバイトをしていたことを告白。クランクアップの打ち上げでダーツバーに行った際、松山はダーツ未経験とうそをついていたそうで、「実はその時ダーツバーで働いていたんですよ。でも、(藤原に)勝てなかったです」と明かし、苦笑いを浮かべた。

 さらに、松山は当時Lを演じた心境を「僕は新人で竜也さんは百戦錬磨で、僕が竜也さんと対峙(たいじ)できるのか悩んでいました。本当に狂気じみた演技は今でも忘れられないですし、あれを超える演技を見たことがないです」と吐露。

 その後『カイジ』でも共演したが、「10年たった今でも竜也さんに追いつきたいし、追いついて思いっきり対峙するのが目標だったんです。今でもそこを超えたと思うし、目標にしている部分も残ってるんです」と熱く共演を希望した。

 映画は10月29日から全国ロードショー。


芸能ニュースNEWS

水江建太「積み重ねたものを全力でぶつける」 MANKAI STAGE『A3!』秋組公演開幕

舞台・ミュージカル2020年1月18日

 MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN 2020~初日前日会見が17日、東京都内で行われ、出演者の水江建太、中村太郎、赤澤遼太郎、稲垣成弥、藤田玲、里中将道が登壇した。  本作は、ダウンロード数650万部突破のイケメン役者育成ゲ … 続きを読む

ミルクボーイ内海「東京進出は考えていない」 NSC東京で未来の芸人に特別授業

トレンド2020年1月17日

 「NSC東京 ミルクボーイ特別授業」が17日、東京都内で行われ、M-1グランプリ2019王者のミルクボーイ(駒場孝、内海崇)が登場した。 続きを読む

シシド・カフカ「不運な探偵役は新鮮」 「これまで平々凡々に生きてきたので」

ドラマ2020年1月17日

 ドラマ10「ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~」の試写会が17日、東京都内で行われ、出演者のシシド・カフカ、間宮祥太朗、中村梅雀ほかが出席した。  本作は、若竹七海氏の人気作『女探偵・葉村晶』を初ドラマ化したもの。訳ありの転職、転居を繰 … 続きを読む

稲垣吾郎“貴重な楽譜”のプレゼントに感激 「世界の皆さまに自慢をさせていただきたい」

舞台・ミュージカル2020年1月17日

 「ウォルト・ディズニー・アーカイブス コンサート」ワールドプレミアプレス向けセレモニーが16日、千葉県浦安市の舞浜アンフィシアターで行われ、コンサートのナビゲーターを務める稲垣吾郎が出席した。  コンサートは、貴重な映像や資料を保有する「 … 続きを読む

長谷川博己、過酷な撮影の舞台裏を告白 迫力満点の殺陣で「酸欠状態になった」

ドラマ2020年1月16日

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の初回完成試写会が16日、東京都内の同局で行われ、上映後、主人公・明智光秀を演じる長谷川博己、演出の大原拓氏、制作統括の落合将氏が会見に応じた。  本作は「本能寺の変」を引き起こした武将・明智光秀 … 続きを読む

page top