長谷川博己「トム・クルーズになった気分」 TOHOシネマズ新宿前を「ゴジラロード」と命名

2016年7月25日 / 19:59

レッドカーペットを歩く長谷川博己

 映画『シン・ゴジラ』のワールドプレミアレッドカーペットセレモニーイベントが25日、東京都内の新宿歌舞伎町で行われ、出演者の長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、高良健吾、松尾諭、市川実日子、大杉漣、塚本晋也と尾上克郎監督、樋口真嗣監督、庵野秀明総監督が出席した。

 この日、TOHOシネマズ新宿前の新宿歌舞伎町セントラルロードが、新たに“ゴジラロード”と命名され、キャストと監督が集まった3千人にファンサービスを行いながら、ゴジラの全長118.5メートルと同じ長さのレッドカーペットをウオーキングした。

 大盛り上がりの会場で長時間にわたってファンと交流した長谷川は「すごい熱気で自分がトム・クルーズになった気分」と語り、「ものすごく期待されているんだと肌で感じました。ポケットに入る小さなモンスターを追い掛けるのもいいけど、今年の夏は皆さんと一緒に史上最強のモンスター、ゴジラを追い掛けていきたいと思います」とあいさつした。

 ファンの声に丁寧に応えた石原は「この勢いに、ゴジラがついに公開されるんだという実感が湧きました。一人一人受け取り方が全然違うと思うので、感想がすごく楽しみです」と期待を寄せ、高良も「日本が世界に誇る作品ゴジラ。今だから伝わるメッセージも込められています」とアピールした。

 改めてレッドカーペットを歩いた感想を問われた長谷川は「もしかしたら(ゴジラは)あのビルよりも高いかもしれない。そう考えるとものすごいものが東京に来るんだなと思います」とゴジラの大きさに思いをはせた。

 竹野内は「このゴジラロードから皆の思いが広がっていくといいなと思う」、石原は「世界初、ゴジラの名前が付いた場所です。どこかにゴジラが現れてもここだけは守られるんじゃないかと思う」と語り、笑いを誘った。

 映画は7月29日から全国東宝系で公開。

(前列左から)庵野秀明監督、竹野内豊、長谷川博己、石原さとみ、高良健吾、(後列左から)樋口真嗣監督、尾上克郎監督、市川実日子、大杉漣、塚本晋也、松尾諭

(前列左から)庵野秀明監督、竹野内豊、長谷川博己、石原さとみ、高良健吾、(後列左から)樋口真嗣監督、尾上克郎監督、市川実日子、大杉漣、塚本晋也、松尾諭


芸能ニュースNEWS

篠原涼子、子どもの反抗期を告白 「『ちょっと触らないで』って言われて寂しい」

映画2019年6月15日

 映画『今日も嫌がらせ弁当』親子試写会イベントが15日、東京都内で行われ、主演した篠原涼子が登場した。  本作は、Amebaブログ「デイリー総合ランキング」1位を獲得した人気ブログから生まれたエッセーを映画化したもの。  八丈島に暮らすシン … 続きを読む

前田敦子、ウズベキスタンの危険な遊具体験に涙 加瀬亮「最初は大げさかなって思っていた」

映画2019年6月15日

 映画『旅のおわり世界のはじまり』公開記念舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の前田敦子、加瀬亮、染谷将太、柄本時生、アディズ・ラジャボフ、黒沢清監督が登場した。  本作は、テレビリポーターの主人公(前田)が番組のクルー(加瀬、染 … 続きを読む

堤真一「初日に社長が見に行ったら観客が10人だった」 ロケ地の群馬では1位を獲得

映画2019年6月15日

 映画『泣くな赤鬼』の公開御礼舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の堤真一、柳楽優弥、川栄李奈、竜星涼、堀家一希、武藤潤、兼重淳監督が登壇した。  本作は、重松清氏の同名短編を映画化。厳しくすることでしか教え子に向き合えなかった熱 … 続きを読む

志尊淳、夏帆との衝撃シーンを振り返る 「初めまして」の10分後に“ぬれ場”

映画2019年6月15日

 映画『潤一』の公開記念舞台あいさつが14日、東京都内で行われ、出演者の志尊淳、藤井美菜、夏帆、蒔田彩珠、伊藤万理華、原田美枝子、北原栄治監督、広瀬奈々子監督が登壇した。  本作は、謎めいた青年・潤一(志尊)とさまざまな背景を持った6人の女 … 続きを読む

舞台『刀剣乱舞』最新作開幕! 荒牧慶彦「新たな戦いを続けていく」

舞台・ミュージカル2019年6月15日

 舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむの囲み取材が14日、東京都内で行われ、出演者の荒牧慶彦、和田雅成、健人、前山剛久ほかが登壇した。  本作は、名だたる刀剣が戦士となった「刀剣男士」を集めて育てる刀剣育成士シミュレーションゲーム「刀剣 … 続きを読む

page top