門脇麦「長谷川博己さんを“尾行”するのは楽しかった」 リリー・フランキーは長谷川のアルバイト時代を明かす

2016年6月14日 / 19:59

大学院生を演じた門脇麦

 映画『二重生活』の完成披露試写会が14日、東京都内で行われ、出演者の門脇麦、長谷川博己、菅田将暉、リリー・フランキー、岸善幸監督が出席した。

 小池真理子氏の同名小説を映画化した本作は、大学院の哲学科に通う珠(門脇)が修士論文の題材として“哲学的尾行”を実践することになり、次第に尾行による高揚感と胸騒ぎに溺れていく様子をスリリングに描く心理エンターテインメント。

 劇中で尾行を実践した門脇は「楽しかったです」と晴れやかな笑顔を浮かべた。クランクインから2日間は恋人役の菅田とのシーンで「悶々とした日々で不安もあった」と振り返り、「尾行のシーンは見ているだけで私が特に頑張ることはなかったので楽しかった。長谷川さんと女性がいざこざを起こしているシーンは面白くて面白くて」と笑わせた。

 一方、尾行対象の編集者・石坂を演じた長谷川は「役とはいえ、ずっと尾行されてすごく嫌な気持ちでした」と苦笑しつつ、「尾行されているという気持ちは消さないと芝居ができないのですが、それでもなんとなく嫌なものを感じました。のぞきたいけどそういうものはちょっと隠しておこうという気持ちを満たしてくれる作品になっていると思います」とアピールした。

 また、タイトルにちなんだ共演者の意外な一面について、リリーが「長谷川くんは大学生の時に出版社でアルバイトをしていて、僕の現場に原稿を取りに来ていた。長谷川くんに尾行されていたわけです」と明かした。

 長谷川も「20年前ですね。(玄関を)ピンポンしても居留守を使われるときもありました」と当時を懐かしみ、リリーは「その時は卒業したら映画監督になりたいと言っていたんですけどね」としみじみ語った。

 映画は6月25日から新宿ピカデリーほか全国ロードショー。

(左から)小池真理子氏、岸善幸監督、菅田将暉、門脇麦、長谷川博己、リリー・フランキー

(左から)小池真理子氏、岸善幸監督、菅田将暉、門脇麦、長谷川博己、リリー・フランキー


芸能ニュースNEWS

向井地美音、先輩・高橋みなみの著書を推薦 杉良太郎、ATSUSHIと更生支援企画に参加

イベント2020年10月23日

 杉良太郎、EXILE ATSUSHI、AKB48の向井地美音が23日、東京都内の法務省で行われた、「読書の日2020」企画にかかるイベントに出席し、上川陽子法務大臣を表敬訪問した。  コロナ禍において、特別矯正監と矯正支援官による矯正施設 … 続きを読む

川栄李奈&池田エライザ「5G体験を楽しんで」 新iPhoneの発売をオンラインで祝う

イベント2020年10月23日

 KDDI「iPhone12 Pro/iPhone12発売イベント」が23日、オンラインで開催され、同社のCMで織姫役を演じる川栄李奈、親指姫役を演じる池田エライザが出席した。  この日の午前8時、au5Gに対応した初めての「iPhone1 … 続きを読む

小栗旬「星野源ボイスは“罪な声”」 「気持ちを穏やかにさせる声の持ち主」

映画2020年10月23日

 映画『罪の声』公開直前イベントが22日、東京都内で行われ、出演者の小栗旬、星野源と土井裕泰監督が登壇した。  本作は、未解決のまま時効となった昭和の大事件をモチーフにした塩田武士氏の同名ミステリー小説を映画化。事件の真相を追う新聞記者・阿 … 続きを読む

「ルパンの娘」深田恭子演じる華が出産 「円城寺さんのダンスが意味不明で元気出た」

ドラマ2020年10月23日

 深田恭子が主演するドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系)の続編・第2話が、22日に放送された。  本作は、代々泥棒一家“Lの一族”の娘・三雲華(深田)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の許されない恋愛を描くラブコメディー。  今回 … 続きを読む

「七人の秘書」木村文乃、菜々緒、大島優子らが悪を倒す 「現代版必殺仕事人」の声も

ドラマ2020年10月23日

 木村文乃が主演するドラマ「七人の秘書」(テレビ朝日系)の初回が、22日に放送された。  本作は、東都銀行常務秘書の望月千代(木村)、照井七菜(広瀬アリス)、長谷不二子(菜々緒)、朴四朗(シム・ウンギョン)、風間三和(大島優子)と情報屋の鰐 … 続きを読む

page top