綾野剛「ずっと爆笑なんですよ」 ニューヨークの映画鑑賞スタイルに驚き

2016年7月10日 / 10:36

ライジング・スター賞の盾を披露した綾野剛

 映画『日本で一番悪い奴ら』の大ヒット記念イベントが9日、東京都内で行われ、出演者の綾野剛、矢吹春奈、瀧内公美、白石和彌監督が登壇した。

 本作は、北海道警察で実際に起き、「日本警察史上最大の不祥事」とされた事件を題材に描かれた異色作。

  「正義の味方、悪を絶つ」の信念を持ちながらも、あらゆる悪事に手を染めていく道警の刑事・諸星要一を演じた綾野は、本作で「第15回ニューヨーク・アジア映画祭」のライジング・スター賞を受賞した。同賞は「これからの世界的な活躍が期待される俳優」に贈られる。

 この日、観客のフラワーシャワーを浴びながら登壇した綾野は「こんなふうにスタンディングオベーションで迎えていただいて光栄です」と感謝のあいさつ。白石監督も「(本作で)綾野剛が“GO AYANO”になった。これから世界に羽ばたいていく役者になるんだろう、早くこっちで勝負してくれと現地の人も言っていた」と明かした。

 また、映画祭で観客と共に本作を鑑賞した綾野は「皆さん、とにかく、こんなところで笑うの? というぐらい、ずっと爆笑なんですよ。冒頭の、車で追っ掛けているシーンからクスクス笑っていて、『シートベルト締めるデカがどこにいるんだ、馬鹿野郎!』と言った瞬間にはもう大爆笑だし…」と振り返った。

 続けて「日本の文化というわけじゃないけど、映画館ではいろんなお客さんがいるから、気も使うし“おもてなし精神”もあるので、あまり前のめりになって声を出したりできないじゃないですか。そんな中で(米国では)逆にああやって声を出して普通に拍手とかも起こったりするので、ある種、エンターテインメントとして3割増しは面白く見られるんじゃないかなと。(自分も)巻き込まれて見るのですごくいいなと思いました」と刺激を受けた様子だった。

(左から)矢吹春奈、白石和彌監督、綾野剛、瀧内公美

(左から)矢吹春奈、白石和彌監督、綾野剛、瀧内公美


芸能ニュースNEWS

「監察医 朝顔」“桑原”風間俊介の不倫疑惑に衝撃 ともさかりえが新キャストで登場

ドラマ2020年11月24日

 上野樹里が主演するドラマ「監察医 朝顔(第2シーズン)」(フジテレビ系)の第4話が、23日に放送された。  本作は、法医学者の朝顔(上野)と刑事の父(時任三郎)の姿を描くヒューマンドラマ。今回は、マンションの一室で遺体となって発見された若 … 続きを読む

玉木宏主演の「極主夫道」第7話 「龍と酒井の本気のネオポリスガールに爆笑」

ドラマ2020年11月23日

 玉木宏主演のドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系)の第7話が、22日に放送された。  本作は、裏社会に数々の伝説を残した元極道の龍(玉木)が“専業主夫”となり、愛する家族や町のために奮闘する姿を描く任侠コメディー。  今回は、妻・ … 続きを読む

「危険なビーナス」視聴者の犯人予想が加速 麻生祐未に「悪役をやらせたらピカイチ」の声も

ドラマ2020年11月23日

 妻夫木聡と吉高由里子が出演する日曜劇場ドラマ「危険なビーナス」(TBS系)の第7話が、22日に放送された。  今回は、伯朗(妻夫木)の父・手島一清(R‐指定)と母・禎子(斉藤由貴)の過去、そして佐代(麻生祐未)との関係が明らかになった。 … 続きを読む

水川あさみ「自分は突っ込みのつもりで…」 関西弁で傷つけた過去を告白

映画2020年11月20日

 映画『滑走路』初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の水川あさみ、浅香航大、寄川歌太と大庭功睦監督が登壇した。  本作は、32歳の若さで命を絶った歌人・萩原慎一郎のベストセラー歌集を映画化。非正規、いじめ、過労、自死…。現代を … 続きを読む

今年の“ボジョパ”は、オンラインで乾杯! サントリーが多彩なゲストとLive配信

イベント2020年11月20日

 19日、待望のボジョレーヌーヴォーが解禁となった。サントリーではこれを祝して、解禁日から3日間連続で、さまざまなゲストと共に「YouTube Live」を配信。「ジョルジュ デュブッフ ボジョレーヌーヴォーを買って、毎日おうちでボジョパを … 続きを読む

page top