鶴瓶、新作落語の歌舞伎化に大喜び 「発端はタモリさんとの会話」

2016年7月8日 / 19:04

(左から)中村七之助、笑福亭鶴瓶、中村勘九郎

 歌舞伎座8月公演「廓噺山名屋浦里(さとのうわさやまなやうらざと)」の制作発表会見が8日、東京都内で行われ、中村勘九郎、中村七之助、笑福亭鶴瓶が登壇した。

 本作は、2015年に鶴瓶が口演した新作落語「山名屋浦里」を歌舞伎化したもの。吉原に実在した花魁を題材にした人情話で、主人公の酒井宗十郎を勘九郎が、花魁の浦里を七之助が演じる。

 新作落語を作った経緯について鶴瓶は「タモリさんが12年に『笑っていいとも!』のメーク室で『花魁と武士の話がいいよ』『これ落語にしてよ』って話してくれた」と説明。

 タモリもNHKの「ブラタモリ」の収録で吉原を訪れた際に知った話だそうだが、その面白さに「分かった。それ絶対落語にできるわ」と乗り気になった鶴瓶は、実際に落語として口演。「その時に、落語を見に来てくれていた勘九郎が『これは歌舞伎にできる。お願いします』と言ってきて…」とさらに発展したことを明かした。

 それからあっという間にこの日の制作発表となり「びっくり。こんなに早くに実現されるとは思っていなかった」と驚きつつも大喜びの鶴瓶は「タモリさんのおかげ。今回も『名前載せたら』って何度も言ったんですが、『歌舞伎にタモリは似合わねーよ』って」と断られたことを明かした。

 また、生前親交のあった二人の父である中村勘三郎の存在に触れ「勘三郎が全部“操作”しているような思いがあります。落語が歌舞伎になった。本当にうれしい。歌舞伎座でそれが実現するのが本当に楽しみ」と満足げにほほ笑んだ。

 一方、勘九郎も、鶴瓶の新作落語を見に行ったのは「父と子のルーツを探す番組(収録)内でのこと」と明かし、「完全にこれは父親が巡り合わせてくれたんだなと思った」としみじみ。「本当に心温まる作品。始まって2分後には全ての情景が頭の中に(歌舞伎のイメージとして)出てきた。終わってすぐにお願いした」と言い「僕が初めてこの落語を聞いた時の感動をそのままお客さんに伝えるのが使命だと思って頑張ります」と語った。

 七之助も「鶴瓶さんと一緒に仕事できるのがすごくうれしい。父がくれたプレゼントだと思っている。プレッシャーもありますが楽しくやりたいと思います」と意気込みを語った。


芸能ニュースNEWS

「MIU404」菅田将暉のサプライズ出演に反響 「ゴールドメンツがそろいまくり」

ドラマ2020年7月11日

 綾野剛と星野源がW主演する、金曜ドラマ「MIU404」(TBS系)の第3話が10日に放送された。  本作は、警視庁の働き方改革の一環で作られた臨時部隊「機動捜査隊」を舞台に、刑事の伊吹藍(綾野)と志摩一未(星野)がバディとなって犯人逮捕に … 続きを読む

NEWS増田「手越ふざけるなー」と爆発 千鳥・ノブ「いつまで二日酔いで来るんだ、大悟」

テレビ2020年7月10日

 NEWSの増田貴久、お笑いコンビ・千鳥のノブほかが9日に放送された「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ系)の人気企画「グルメチキンレース ゴチになります!」に出演。ゲームの対決の中で、NEWSメンバーの減少を嘆く場面があった。  番組 … 続きを読む

「BG」木村拓哉、岡田義徳&平泉成と久々の共演 「本物の演技はこんなに人を引き込む」と絶賛の声

ドラマ2020年7月10日

 木村拓哉が主演するドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系)の第4話が9日に放送された。  本作は、2018年1月期に放送されたドラマのシーズン2。木村演じる島崎章が、“利益優先”の組織を飛び出し、私設ボディーガードとして活躍する姿を描 … 続きを読む

佐藤浩市「あまりにも知らないことが多過ぎた」 渡辺謙「災害時に大事なのは現場の声」

映画2020年7月10日

 映画『Fukushima50』カムバック上映舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、出演者の佐藤浩市と渡辺謙が出席した。  本作は、2011年の東日本大震災の際に起きた福島第1原発事故で、被害を食い止めるべく戦い続けた50人の作業員たちの姿 … 続きを読む

橋本良亮が朗読劇に挑戦 「ジャニーさん見ててね」

舞台・ミュージカル2020年7月9日

 音楽朗読劇「日本文学の旅」囲み取材が8日、東京都内で行われ、出演者でA.B.C-Zの橋本良亮と新納慎也ほかが登壇した。  本作は、あらゆる日本文学作品がそろっている“架空の図書館”を舞台に、司書と読書家に扮(ふん)した2人の旅人が、時空を … 続きを読む

page top