高良健吾「こういう時だからこそ舞台に立ちたい」 地元熊本への思いを胸に舞台あいさつ

2016年4月16日 / 17:16

「本当は不安なので…」と心境を吐露した高良健吾

 映画『蜜のあわれ』の大ヒット御礼舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、出演者の大杉漣、高良健吾と石井岳龍監督が出席した。

 舞台あいさつの冒頭、石井監督が熊本地震について切り出した。「熊本と縁の深い高良くんも、心配だと思いますが来てくれました。これからの推移を見守り、何ができるかをしっかり見守っていきたいと思います」と語った。

 大杉は午前中に高良と話したという。「大変なことが今現在も続いていますが、『高良くんはどうする』と聞いたら、『こういう時だからこそ舞台に立ちたい』と彼は力強く言いました。僕が言わなきゃいけない言葉を高良くんからもらって、背中を押してもらうような形で今日来ました」と話し、固い決意の上で出席したことを明かした。

 スーツ姿で登壇した高良は「今日は見に来てくださってありがとうございます。確かに自分の地元が地震で大変なことになっています。だからといってこの舞台に立たないという選択はない」と言葉をかみしめるように語り「こちらでしかできないこともあるし、あちらでしかできないこともある。自分は今与えられた仕事がここ。短い間ですが楽しんでいってください」と気丈に語った。

 その後は、共演作も多い大杉と高良が撮影現場でのエピソードを披露し、互いの強固な信頼関係も明かした。報道陣向けの写真撮影後には大杉が高良に耳打ちし、「映画のために写真を撮っていただいて結構です。今日はそういう日だったんだと思います。高良くんも快く引き受けてくれました」と集まった観客にも写真撮影を勧めた。

 最後に高良は「映画の舞台あいさつなので映画のことだけで終わりたいけど、本当は不安なので…」と心境を吐露し、「こうして写真を撮ってくださった方は、少しでも熊本のことを気に掛けてくれたり、ちょっと何か思ってくれるだけでいいので。それをしてくれるとうれしいです」と呼び掛けた。

(左から)石井岳龍監督、大杉漣、高良健吾

(左から)石井岳龍監督、大杉漣、高良健吾


芸能ニュースNEWS

竹内涼真、写真集の出来に「自信はあります」 “ギャランドゥ”も披露「そらなくてよかった」

トレンド2018年7月21日

 写真集『Ryoma Takeuchi』の発売記念イベントが21日、東京都内で行われ、俳優の竹内涼真が出席した。 続きを読む

福士蒼汰、真野恵里菜に「結婚おめでとう」と祝福 杉咲花は吉沢亮と「会話ができてうれしかった」

映画2018年7月21日

 映画『BLEACH』の公開記念舞台あいさつが21日、東京都内で行われ、出演者の福士蒼汰、杉咲花、吉沢亮、小柳友、早乙女太一、MIYAVI、江口洋介、佐藤信介監督が登場した。  本作は、死神を代行するはめになった高校生の黒崎一護(福士)が、 … 続きを読む

黒木華「親の強さに『ありがとう』って…」 “家族愛”を感じる瞬間は実家に帰った時

映画2018年7月21日

 映画『未来のミライ』の初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、声優を務めた上白石萌歌、黒木華、星野源、麻生久美子と細田守監督が浴衣姿で登壇した。  本作は、甘えん坊の4歳の男の子“くんちゃん”と、未来からやってきた妹の“ミライちゃん” … 続きを読む

バカリズムが2.5次元舞台の脚本に初挑戦 佐奈宏紀「僕たちなりの笑いを信じる」

舞台・ミュージカル2018年7月21日

 舞台「ひらがな男子」の初日会見が20日、東京都内で行われ、出演者の佐奈宏紀、高橋健介、武子直輝、後藤大、演出の川尻恵太が登壇した。  本作は、日本テレビで放送中の「アイキャラ」から生まれたキャラクター「ひらがな男子」を基にした舞台で、芸人 … 続きを読む

西銘駿「人の命の重さを感じられる作品」 主演舞台「ダンガンロンパ3」が開幕

舞台・ミュージカル2018年7月20日

 舞台「ダンガンロンパ3 THE STAGE 2018~The End of 希望ヶ峰学園~」の囲み取材が20日、東京都内で行われ、出演者の西銘駿、岡本夏美、神永圭佑、飯田里穂、竹若元博(バッファロー吾郎)らが出席した。  本作は、ハイスピ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top