高良健吾「こういう時だからこそ舞台に立ちたい」 地元熊本への思いを胸に舞台あいさつ

2016年4月16日 / 17:16

「本当は不安なので…」と心境を吐露した高良健吾

 映画『蜜のあわれ』の大ヒット御礼舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、出演者の大杉漣、高良健吾と石井岳龍監督が出席した。

 舞台あいさつの冒頭、石井監督が熊本地震について切り出した。「熊本と縁の深い高良くんも、心配だと思いますが来てくれました。これからの推移を見守り、何ができるかをしっかり見守っていきたいと思います」と語った。

 大杉は午前中に高良と話したという。「大変なことが今現在も続いていますが、『高良くんはどうする』と聞いたら、『こういう時だからこそ舞台に立ちたい』と彼は力強く言いました。僕が言わなきゃいけない言葉を高良くんからもらって、背中を押してもらうような形で今日来ました」と話し、固い決意の上で出席したことを明かした。

 スーツ姿で登壇した高良は「今日は見に来てくださってありがとうございます。確かに自分の地元が地震で大変なことになっています。だからといってこの舞台に立たないという選択はない」と言葉をかみしめるように語り「こちらでしかできないこともあるし、あちらでしかできないこともある。自分は今与えられた仕事がここ。短い間ですが楽しんでいってください」と気丈に語った。

 その後は、共演作も多い大杉と高良が撮影現場でのエピソードを披露し、互いの強固な信頼関係も明かした。報道陣向けの写真撮影後には大杉が高良に耳打ちし、「映画のために写真を撮っていただいて結構です。今日はそういう日だったんだと思います。高良くんも快く引き受けてくれました」と集まった観客にも写真撮影を勧めた。

 最後に高良は「映画の舞台あいさつなので映画のことだけで終わりたいけど、本当は不安なので…」と心境を吐露し、「こうして写真を撮ってくださった方は、少しでも熊本のことを気に掛けてくれたり、ちょっと何か思ってくれるだけでいいので。それをしてくれるとうれしいです」と呼び掛けた。

(左から)石井岳龍監督、大杉漣、高良健吾

(左から)石井岳龍監督、大杉漣、高良健吾


芸能ニュースNEWS

乃木坂46メンバー、なぎなた指導の恩師との再会に涙 西野七瀬「まさか来ていただけるとは…」

映画2017年9月22日

 映画『あさひなぐ』初日舞台あいさつが22日、東京都内で行われ、出演者の西野七瀬、桜井玲香、松村沙友理、白石麻衣、伊藤万理華、富田望生、生田絵梨花と英勉監督ほかが出席した。  本作で乃木坂46メンバーがなぎなたに初挑戦。キャスト陣は稽古着に … 続きを読む

杉浦太陽、娘の“芸能界入り”には消極的? 水着姿を「ウルトラボディーとか書かれそう」

トレンド2017年9月22日

 「JA中野市“きのこ”まつり」の関連イベントが22日、東京都内で開催され、俳優の杉浦太陽が消費者に直接きのこの魅力をPRした。 続きを読む

丸山隆平、共演者から部屋の様子バラされる 「しばらく誰も来ていないでしょ」「絶対女っ気ない」

イベント2017年9月22日

 映画『泥棒役者』完成披露試写会イベントが21日、東京都内で行われ、出演者の丸山隆平(関ジャニ∞)、市村正親、ユースケ・サンタマリア、石橋杏奈、宮川大輔、片桐仁、峯村リエと西田征史監督が出席した。  本作は一軒の豪邸を舞台に、“人違い”と“ … 続きを読む

綾野剛、人生をリセットできたら「学園モノをやりたい」 佐藤健は「せっかくリセットするなら芝居以外のことを…」

イベント2017年9月22日

 映画『亜人』の公開直前イベントが21日、東京都内で行われ、出演者の佐藤健、綾野剛が登壇した。  桜井画門氏の同名漫画を実写映画化した本作は、何度でも命をリセットできる、絶対に死なない新人類“亜人”同士の戦いを描く。  映画『るろうに剣心』 … 続きを読む

山田孝之、バットマン役声優に手応え せりふ再現は頑なに拒否「風邪を引いていて…」

映画2017年9月21日

 映画『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』完成報告会見が21日、東京都内で行われ、山田孝之、知英、GLIM SPANKY、KenKen、オカダ・カズチカ、FROGMAN監督、DOTAMA、着ぐるみのバト田・スパ田が出席した。  「秘密結社 … 続きを読む

page top