高良健吾「こういう時だからこそ舞台に立ちたい」 地元熊本への思いを胸に舞台あいさつ

2016年4月16日 / 17:16

「本当は不安なので…」と心境を吐露した高良健吾

 映画『蜜のあわれ』の大ヒット御礼舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、出演者の大杉漣、高良健吾と石井岳龍監督が出席した。

 舞台あいさつの冒頭、石井監督が熊本地震について切り出した。「熊本と縁の深い高良くんも、心配だと思いますが来てくれました。これからの推移を見守り、何ができるかをしっかり見守っていきたいと思います」と語った。

 大杉は午前中に高良と話したという。「大変なことが今現在も続いていますが、『高良くんはどうする』と聞いたら、『こういう時だからこそ舞台に立ちたい』と彼は力強く言いました。僕が言わなきゃいけない言葉を高良くんからもらって、背中を押してもらうような形で今日来ました」と話し、固い決意の上で出席したことを明かした。

 スーツ姿で登壇した高良は「今日は見に来てくださってありがとうございます。確かに自分の地元が地震で大変なことになっています。だからといってこの舞台に立たないという選択はない」と言葉をかみしめるように語り「こちらでしかできないこともあるし、あちらでしかできないこともある。自分は今与えられた仕事がここ。短い間ですが楽しんでいってください」と気丈に語った。

 その後は、共演作も多い大杉と高良が撮影現場でのエピソードを披露し、互いの強固な信頼関係も明かした。報道陣向けの写真撮影後には大杉が高良に耳打ちし、「映画のために写真を撮っていただいて結構です。今日はそういう日だったんだと思います。高良くんも快く引き受けてくれました」と集まった観客にも写真撮影を勧めた。

 最後に高良は「映画の舞台あいさつなので映画のことだけで終わりたいけど、本当は不安なので…」と心境を吐露し、「こうして写真を撮ってくださった方は、少しでも熊本のことを気に掛けてくれたり、ちょっと何か思ってくれるだけでいいので。それをしてくれるとうれしいです」と呼び掛けた。

(左から)石井岳龍監督、大杉漣、高良健吾

(左から)石井岳龍監督、大杉漣、高良健吾


芸能ニュースNEWS

「Re:リベンジ」悲痛な展開に「何ともいえない虚脱感…」 「この怒りは“大友先生”錦戸亮に託すしかない」

ドラマ2024年5月24日

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の第7話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  天堂記念病院では、朝比奈陽月(芳根京子)の妹・美咲(白山乃愛)の手術が行われていた。血管から出血し、危険 … 続きを読む

「Believe」“狩山”木村拓哉、まさかのラスト展開に反響 「ラスト5分の展開は怒涛過ぎて混乱中」

ドラマ2024年5月24日

 木村拓哉が主演するドラマ「Believe-君にかける橋-」(テレビ朝日系)の第5話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  テレビ朝日開局65周年として制作される本作は、大手ゼネコンで橋づくりに情熱を燃やす、狩山陸(木村)が刑務 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」“渋谷くん”京本大我の愛の告白に反響多数  「渋谷くんの告白は100億点満点」「キュンが止まらない」

ドラマ2024年5月22日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の第8話が、21日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、売れっ子俳優の渋谷大海(京本)が、保育士・青田愛花(田辺桃子)に出会い、不器用ながらも恋を育んでいく“ … 続きを読む

「Destiny」ドライブレコーダーに映る“放火犯”が判明 「“真樹”亀梨和也はかばっていたんだね」「何か深い理由がありそう」

ドラマ2024年5月22日

 石原さとみが主演するドラマ「Destiny」(テレビ朝日系)の第7話が、21日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  横浜地検中央支部の検事・西村奏(石原)は、主治医でもある恋人・奥田貴志(安藤政信)の言葉で、吐血し倒れた真樹(亀梨和也 … 続きを読む

「95」エンディングの“秋久”高橋海人らの表情に注目集まる 「役者さんってすごい」「エンディングだけが癒やし」

ドラマ2024年5月21日

 高橋海人が主演するドラマ「95」(テレビ東京系)の第7話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)    本作は、早見和真氏の青春小説が原作。大人の作った社会の仕組みにあらがい、大切なものを守りながら1995年の渋谷をがむしゃらに駆 … 続きを読む

Willfriends

page top