風間俊介、主演作を母親から褒められた? 「今回あんたは演技をしていなかった」

2016年2月20日 / 14:30

原作者の杉作氏

 映画『猫なんかよんでもこない。』の大ヒット&猫の日Wメモリアル上映会が20日、東京都内で行われ、出演者の風間俊介と原作者の杉作氏が出席した。

 実話を基にした同名人気コミックを映画化した本作は、ボクシングに人生を懸ける猫嫌いのミツオ(風間)と、兄が拾ってきた2匹の猫“チン”と“クロ”とのかけがえのない日々を描く。

 主演の風間は「大ヒット舞台あいさつができるというのが本当にうれしい。こればっかりはお客さんに映画を好きになってもらわないとかなわないこと。本当に幸せ。ありがとうございます」と感謝の言葉を述べた。

 また「猫好きの人も、猫を飼っていない人も『すごく良かった』と言ってくれる」と周囲の反応を明かした風間は、「僕は、役柄を盛りにかかるというか、個性的なキャラクターにする癖があるんですが、今回、日常にいる青年をやれたのは猫のおかげ。あいつらが自然勝手に動くから」と撮影を振り返り、「そんなわけでうちの母親からは『今回あんたは演技をしてなかった』と言われました」と明かし、笑いを誘った。

 ミツオのモデルの杉作氏も「実は自分の親友も、『(風間が)おまえに似てた』と言っていて…。顔は全然違うのに。風間さんすごいなと思った」とうれしそうに語った。

 また「猫との共演で一番時間が掛かった撮影は?」と尋ねられた風間は、「寝床に入ったミツオの上をガッサガッサ走り回る猫を、起き上がったミツオがつかまえて『食っちまうぞ』と言うシーン」を挙げ「3、4時間掛かりました」と付け加えた。

 その理由を「すごく短いシーンなんですが、僕があいつらをつかむ射程範囲にいないという…。ドタバタは撮れるんだけど、ババって起き上がった瞬間に(猫が)三々五々散ってしまう」と説明した風間は、「だから(寝ている時も)すっごく薄目で(猫の動きを)“ここらへんにいるな”と見ていました」と告白。

 さらに「僕、目が細いので、完全につぶっているように見えるけど、実は見えている。ガバって起き上がる時には手は伸びてました。芝居としてはうそだけど、何とか(場面を)成立させようと思って…」と“裏技”の薄目を再現して、会場を盛り上げた。


芸能ニュースNEWS

中島健人、ネット炎上や誹謗中傷などの“SNSトラブル”を語る 「アイドルとして、いろんな言葉を全身で受け止めて来た」

ドラマ2024年7月14日

 ドラマ「しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~」の記者会見が12日、東京都内で行われ、出演者の中島健人、白石聖、片平なぎさが登場した。  本作は、原作・左藤真通氏、作画・富士屋カツヒト氏の同名漫画をドラマ化。変わり者の弁護士 … 続きを読む

「ギークス」“基山伊織”滝沢カレンの複雑な家庭環境が話題に 「家族が全員ヤバい」「父親はとんだろくでなし」

ドラマ2024年7月12日

 松岡茉優が主演するドラマ「ギークス~警察署の変人たち~」(フジテレビ系)の第2話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、警察署に勤務する、卓越した知識や技術を持っているのに人間関係が苦手な“3人の女ギーク”(=賢いオタ … 続きを読む

「クラスメイトの女子、全員好きでした」ジャイアン声優・木村昴の初主演作に反響 「ダメな男のツボに入れてくる」「展開最高ー」

ドラマ2024年7月12日

 「クラスメイトの女子、全員好きでした」は、偶然手に入れた小説を盗作し、人気作家となった枝松脛男(木村昴)が、中学時代に恋したクラスメイト女子たちとの思い出を回想しながら編集者の片山美晴(新川優愛)と“真の作者”を探すハートフルコメディー。 … 続きを読む

三谷幸喜が主宰する東京サンシャインボーイズが30年ぶりに復活 「傑作になるような予感がしています」

舞台・ミュージカル2024年7月12日

 東京サンシャインボーイズによる新作舞台の製作発表会見が11日、東京都内で行われ、作・演出の三谷幸喜、出演者の相島一之、阿南健治、小原雅人、梶原善、甲本雅裕、吉田羊ほかが登壇した。  東京サンシャインボーイズは、1983年に三谷が高校、大学 … 続きを読む

「新宿野戦病院」「死ぬとき、命が消えるとき、皆心臓が止まり、息が止まり、冷たくなる」「やっぱり出たペヤング!」

ドラマ2024年7月11日

 脚本・宮藤官九郎氏の「新宿野戦病院」(フジテレビ系)の第2話が、10日に放送された。  本作は新宿・歌舞伎町にある病院を舞台に、さまざまなバックボーンを持つ“訳あり”な登場人物たちが交錯する社会の構図をテーマとし、ときにユーモアを織り交ぜ … 続きを読む

Willfriends

page top