和田アキ子、SMAP“謝罪会見”に疑問 不倫騒動のベッキーには嫌悪感あらわ「後味が悪い」

2016年1月22日 / 12:27
「第27回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」60代以上部門を受賞した和田アキ子

「第27回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」60代以上部門を受賞した和田アキ子

 その年最もジュエリーが似合う人、最も輝いている人を世代別に表彰する「第27回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」表彰式が21日、東京都内で行われ、受賞者の小松菜奈、井上真央、松下奈緒、吉田羊、沢口靖子、和田アキ子、DAIGO、佐々木彩夏とももいろクローバーZ、市川海老蔵が出席した。

 60代以上部門を受賞した和田は、21年前に第6回同賞を40代部門で受賞以来、2回目の受賞となる。プレゼンターが和田に着けるためのネックレスのペンダントトップを落としたことをはじめ、協賛各社がプレゼンターとして受賞者にネックレスを着けるのを手間取っていたことを挙げて「もらっておいてなんですが、楽しく笑顔でハッピーな会になればいいと思います。まずは皆さんの練習です」とアドバイスして会場を沸かせた。

 表彰式後、あらためて報道陣の前に登場すると、SMAPの解散騒動の話題に「デビューした時から知っているのですが、なんだったんでしょうね」と、メンバー5人が18日放送のフジテレビ系「SMAP×SMAP」に緊急生出演した際の“謝罪”に首をかしげた。「皆さんは“謝罪会見”とおっしゃっているけど、なんで謝罪しなきゃいけないのか。結局、存続はするんですよね?」と疑問が残る様子だった。

 ゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音との不倫騒動に揺れるベッキーについても「結婚していると分かった時点で、騒ぎになった時点でもう一度LINEするというのはちょっと大人げないというか。ちょっとうまく言えないけど後味が悪い。残念ですね」と苦言を呈し、「もし私がベッキーの連絡先を知っていたら、『何やってんだ』と言いますね」と嫌悪感を示した。

 遅い時間の会見だったこともあり関係者から「取材終了」の合図が出ると、まだ話し足りなかったのか最後に「本当はもっと言いたいんだけどね」と言葉を残して笑いを誘った。

 そのほか10代部門を小松、20代部門を井上、30代部門を松下、40代部門を吉田、50代部門を沢口、男性部門をDAIGO、特別賞女性部門を佐々木彩夏とももいろクローバーZ、特別賞男性部門を海老蔵がそれぞれ受賞した。

 


芸能ニュース

 発表会に出席した秋山翔吾選手(左)と大谷翔平選手

大谷翔平&秋山翔吾、WBCに向け気合十分 「とにかく勝ちたい。優勝したい」

トレンド2017年1月20日

 J SPORTS 開局20周年プレス発表会&侍ジャパン選手 トークショーが20日、東京都内で行われ、北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手、埼玉西武ライオンズの秋山翔吾選手ほかが出席した。 続きを読む

大学生役を演じる坂口健太郎

坂口健太郎、10月公開『ナラタージュ』で松本潤の恋敵役 ヒロイン有村架純をめぐり三角関係に

映画2017年1月20日

 主演・松本潤とヒロイン有村架純の映画初共演作『ナラタージュ』に、坂口健太郎が出演することが分かった。  本作は、作家・島本理生氏が20歳の若さで執筆した同名恋愛小説を原作に、高校教師と生徒として出会った2人が、時がたち再会した後、決して許 … 続きを読む

新TVCM「アクサダイレクトを選んだ日」篇から

堤真一「温泉の看板にぶつけちゃいました!」 新CMで“まさかの事故”に遭遇

CM2017年1月20日

 俳優の堤真一が出演する「アクサダイレクト総合自動車保険」の新TVCM「アクサダイレクトを選んだ日」篇が、21日から全国地上波、衛星波で放映される。  同CMシリーズ4作目の出演となる堤は、今回、まさかの事故に遭遇するユーザー役を演じる。C … 続きを読む

ミュージカルに初挑戦する片岡愛之助

愛之助、初ミュージカルに意気込み 妻・紀香から「公演の6時間前には起きて」

舞台・ミュージカル2017年1月20日

 ブロードウエー・ミュージカル「コメディ・トゥナイト! ローマで起こったおかしな出来事《江戸版》」の制作発表記者会見が20日、東京都内で行われ、主演の片岡愛之助と演出の宮本亜門氏が登壇した。  本作は、スティーブン・ソンドハイム作詞作曲の傑 … 続きを読む

 (左から)佐藤晴美、楓、藤井夏恋、藤井萩花

E-girls、“OL初体験”にドキドキ! 「名刺交換ではブルブル震えちゃいました」

トレンド2017年1月20日

 「サマンサタバサ×E-girls 期間限定スペシャルコラボショップ」オープニングセレモニーが19日、東京都内で行われ、サマンサミューズを務める佐藤晴美、楓、藤井萩花、藤井夏恋が登場した。 続きを読む

more
page top