たけし、キーワードは「SMAPのトラブル」!? 主演映画の舞台あいさつで“たけし節”さく裂

2016年1月16日 / 19:55

「次は俺の番かな…」と語ったビートたけし

 映画『女が眠る時』の完成会見&特別試写会が16日、東京都内で行われ、出演者のビートたけし、西島秀俊、忽那汐里、新井浩文が登壇した。

 本作は、『スモーク』などのウェイン・ワン監督が、初めてオール日本人キャストで挑んだ魅惑のミステリー。

 たけしは「初めの台本は西島くんが主役だったのに、完成台本で俺が主役になっていた」とボヤきつつ、本作を「100人見れば、100人なりの解釈ができる映画」と紹介。また「厳しい評価もあると思う」と前置きした上で「最近少なくなった知的ゲーム的な映画なのでハマると面白い。とにかく楽しんで」とアピールした。

 一方「ずばり映画のキーワードは何?」と問われたたけしは「SMAPのトラブルです。“神戸SMAP”というのを考えています」と毒舌を披露。これには西島も「いいんですか。今の…」と苦笑いするしかなかった。

 さらに、映画の内容にちなみ、最近の自身の“抑えられない好奇心”を尋ねられたたけしは「パンツの中身です!」と再び冗談を飛ばした。

 困った司会から「その他には?」と促されたたけしは、あらためて「最近は台本や絵を描いているのですが、かつての巨匠と言われた人の作品を見ると、どういう発想でこういう絵が描けたり映像が撮れたのかと思いますね」と神妙に語ると「真面目な意見ですみません」と照れながら付け加えた。

 そんなたけしと共演した感想を問われた西島は「毎回たけしさんから“何かつかんでやろう”と思うのですが、他の役者さんと全然レベルの違うところで演技されているので、正直に言うと参考にしようがない」とコメント。

 「生きざまだったり、今の生き方が、役を超えている、役よりさらに大きな方じゃないかと思うので…。ただただ、すごいなって遠くから見ています」と語った。

 またイベント終盤には、あさって誕生日を迎えるたけしと新井に、忽那がサプライズで花束をプレゼントした。たけしは感謝しつつ「60過ぎてうれしくもなんともない。これは菊の花か? デビッド・ボウイも死んじゃったし、次は俺の番かな…」と最後まで“たけし節”を披露した。

 映画は2月27日から全国公開。

(左から)新井浩文、ビートたけし、西島秀俊、忽那汐里

(左から)新井浩文、ビートたけし、西島秀俊、忽那汐里


芸能ニュースNEWS

かまいたち山内「徳井義実さんに紹介したい」 確定申告アプリでシミュレーションを体験

トレンド2020年2月17日

 「freee 確定申告 SWITCH 2020」が17日、東京都内で行われ、お笑いコンビ・かまいたちの山内健司と濱家隆一、鬼越トマホークの坂井良多と金ちゃんが登場した。 続きを読む

磯山さやか、最近のバレンタイン事情を語る 「本命はいても多分あげない」

トレンド2020年2月17日

 「HOUSE JOURNEY JAPAN 茨城~常陸の国は、ラグジュアリー。~」のオープニングイベントが14日、東京都内で行われ、いばらき大使を務めるタレントの磯山さやか、荒磯親方(元横綱稀勢の里)ほかが出席した。 続きを読む

今泉佑唯「たくさんの現実と向き合うことが多かった」 瀬戸利樹「ワクワクを100パーセントに持っていけたら」

舞台・ミュージカル2020年2月14日

 舞台「あずみ~戦国編~」公演成功祈願会見が14日、東京都内で行われ、出演者の今泉佑唯、瀬戸利樹、味方良介、高橋龍輝ほかが登壇した。  本作は、小山ゆう氏の人気漫画を原作とし、刺客として育てられた美しい少女、あずみが戦国の乱世に身を投じてい … 続きを読む

成田凌「役は選ばず、地道にやっていく」 「毎日映画コンクール」で男優主演賞に輝く

授賞式2020年2月14日

 「第74回毎日映画コンクール 表彰式」が13日、川崎市で行われ、周防正行監督作の『カツベン!』で男優主演賞を受賞した成田凌が登壇した。  『カツベン!』は、日本映画の黎明(れいめい)期の大正時代に、映画の語り部として人気を博した活動弁士た … 続きを読む

シム・ウンギョン『新聞記者』で女優主演賞 「もっと良い俳優になれるよう謙虚に臨む」

授賞式2020年2月14日

 「第74回毎日映画コンクール 表彰式」が13日、川崎市で行われ、藤井道人監督作『新聞記者』が日本映画優秀賞を受賞し、シム・ウンギョンが女優主演賞を獲得した。  本作は、真実に迫ろうともがく若き新聞記者・吉岡エリカ(ウンギョン)と、「闇」の … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top