吉永小百合“息子”二宮和也の朗読に感激 二宮「普段の汚い格好や髪形に戻るのは…」

2015年12月12日 / 13:56

(左から)山田洋次監督、吉永小百合、黒木華

 映画『母と暮せば』の初日舞台あいさつが12日、東京都内で行われ、出演者の吉永小百合、二宮和也、黒木華、浅野忠信、山田洋次監督が出席した。

 本作は、劇作家故井上ひさしの長崎を舞台にした作品を描きたいという思いを受け、山田監督が終戦70年の今年、映画化。長崎を舞台に、原爆で亡くなった息子と遺された母親の物語を描く。

 吉永は初日を迎え「“山田丸”という大きな船に乗って、キャストとスタッフが、心も力も合わせて長崎を出航して、今日、東京に上陸しました」と喜びのコメントを。

 二宮は「初日はうれしい気持ちでいっぱいなんですが、どこか寂しい気持ちもあって。公開へ向けてテレビや雑誌、新聞などに、きれいな服を着てきれいな髪にしてもらって出ていた毎日もなくなってしまうんだなぁと。普段の汚い格好で汚い髪形になってしまうんだなぁと思うとどこか寂しい気持ちもあります。ですが、映画自体は今日から始まりますので、皆さんの力で広めていただけたら」とあいさつした。

 印象に残ったシーンを問われた二宮は「僕が歌を歌うシーンがあるんですが、そこは監督とのやり取りがたくさんあったシーンです」と回答。「監督と『もうちょっと優しくがいいんだよなぁ』、『はい!』、『もうちょっと伸びやかに』、「はい!』、『あれ、キーが違うんじゃないか?』…とやり取りをしていたら、だんたんよく分からなくなっちゃって。そのぐらい何度もやらせていただきました。でもそこはすごく、浩二という人が現れているシーンかなと思っています」と笑いを交えて語る二宮に、山田監督も笑顔でうなずいていた。

 舞台では、山田監督と吉永へキャストから感謝を込めて花束が贈られ、さらに、吉永へのサプライズとして、キャスト、スタッフからの手紙を二宮が朗読した。

 「製作発表から1年間、小百合さんのそばでわれわれは楽しくて充実した日々を過ごさせていただきました。撮影中の小百合さんは誰よりも気遣いの人でした」と、ゆったりと言葉をかみしめるように読み上げていく二宮。

 「小百合さんと一緒の船に乗って本当に幸せな時間を過ごせました。先頭を走り続ける小百合さんはとてもかっこよかったです。その姿をいつも思いながら、一人一人がもっと頼れる存在になって、小百合さんとまた一緒に素晴らしい作品を作りたい。それが今日からのわれわれの目標です。この映画に関わった出演者、スタッフを代表して。二宮和也」と締めくくり、手紙を手渡した。

 吉永は「感激しております。皆さんのおかげでやり通せたと思っておりますし、今日初日を迎えて胸がいっぱいです」と語り、目を潤ませた。


芸能ニュースNEWS

ミルクボーイ内海「東京進出は考えていない」 NSC東京で未来の芸人に特別授業

トレンド2020年1月17日

 「NSC東京 ミルクボーイ特別授業」が17日、東京都内で行われ、M-1グランプリ2019王者のミルクボーイ(駒場孝、内海崇)が登場した。 続きを読む

シシド・カフカ「不運な探偵役は新鮮」 「これまで平々凡々に生きてきたので」

ドラマ2020年1月17日

 ドラマ10「ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~」の試写会が17日、東京都内で行われ、出演者のシシド・カフカ、間宮祥太朗、中村梅雀ほかが出席した。  本作は、若竹七海氏の人気作『女探偵・葉村晶』を初ドラマ化したもの。訳ありの転職、転居を繰 … 続きを読む

稲垣吾郎“貴重な楽譜”のプレゼントに感激 「世界の皆さまに自慢をさせていただきたい」

舞台・ミュージカル2020年1月17日

 「ウォルト・ディズニー・アーカイブス コンサート」ワールドプレミアプレス向けセレモニーが16日、千葉県浦安市の舞浜アンフィシアターで行われ、コンサートのナビゲーターを務める稲垣吾郎が出席した。  コンサートは、貴重な映像や資料を保有する「 … 続きを読む

長谷川博己、過酷な撮影の舞台裏を告白 迫力満点の殺陣で「酸欠状態になった」

ドラマ2020年1月16日

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の初回完成試写会が16日、東京都内の同局で行われ、上映後、主人公・明智光秀を演じる長谷川博己、演出の大原拓氏、制作統括の落合将氏が会見に応じた。  本作は「本能寺の変」を引き起こした武将・明智光秀 … 続きを読む

横浜流星&飯豊まりえ、四千頭身の後藤を絶賛 「突っ込みが最高」

トレンド2020年1月16日

 中古車情報メディア「カーセンサー」新CM発表会が16日、東京都内で行われ、横浜流星、飯豊まりえ、お笑いトリオ・四千頭身の後藤拓実が出席した。 続きを読む

page top