吉永小百合“息子”二宮和也の朗読に感激 二宮「普段の汚い格好や髪形に戻るのは…」

2015年12月12日 / 13:56

(左から)山田洋次監督、吉永小百合、黒木華

 映画『母と暮せば』の初日舞台あいさつが12日、東京都内で行われ、出演者の吉永小百合、二宮和也、黒木華、浅野忠信、山田洋次監督が出席した。

 本作は、劇作家故井上ひさしの長崎を舞台にした作品を描きたいという思いを受け、山田監督が終戦70年の今年、映画化。長崎を舞台に、原爆で亡くなった息子と遺された母親の物語を描く。

 吉永は初日を迎え「“山田丸”という大きな船に乗って、キャストとスタッフが、心も力も合わせて長崎を出航して、今日、東京に上陸しました」と喜びのコメントを。

 二宮は「初日はうれしい気持ちでいっぱいなんですが、どこか寂しい気持ちもあって。公開へ向けてテレビや雑誌、新聞などに、きれいな服を着てきれいな髪にしてもらって出ていた毎日もなくなってしまうんだなぁと。普段の汚い格好で汚い髪形になってしまうんだなぁと思うとどこか寂しい気持ちもあります。ですが、映画自体は今日から始まりますので、皆さんの力で広めていただけたら」とあいさつした。

 印象に残ったシーンを問われた二宮は「僕が歌を歌うシーンがあるんですが、そこは監督とのやり取りがたくさんあったシーンです」と回答。「監督と『もうちょっと優しくがいいんだよなぁ』、『はい!』、『もうちょっと伸びやかに』、「はい!』、『あれ、キーが違うんじゃないか?』…とやり取りをしていたら、だんたんよく分からなくなっちゃって。そのぐらい何度もやらせていただきました。でもそこはすごく、浩二という人が現れているシーンかなと思っています」と笑いを交えて語る二宮に、山田監督も笑顔でうなずいていた。

 舞台では、山田監督と吉永へキャストから感謝を込めて花束が贈られ、さらに、吉永へのサプライズとして、キャスト、スタッフからの手紙を二宮が朗読した。

 「製作発表から1年間、小百合さんのそばでわれわれは楽しくて充実した日々を過ごさせていただきました。撮影中の小百合さんは誰よりも気遣いの人でした」と、ゆったりと言葉をかみしめるように読み上げていく二宮。

 「小百合さんと一緒の船に乗って本当に幸せな時間を過ごせました。先頭を走り続ける小百合さんはとてもかっこよかったです。その姿をいつも思いながら、一人一人がもっと頼れる存在になって、小百合さんとまた一緒に素晴らしい作品を作りたい。それが今日からのわれわれの目標です。この映画に関わった出演者、スタッフを代表して。二宮和也」と締めくくり、手紙を手渡した。

 吉永は「感激しております。皆さんのおかげでやり通せたと思っておりますし、今日初日を迎えて胸がいっぱいです」と語り、目を潤ませた。


芸能ニュースNEWS

妻夫木聡、当選金の10億円で「家を建てたい」 今年の漢字1文字は「耐」

CM2020年11月24日

 「年末ジャンボ宝くじ」「年末ジャンボミニ」発売記念イベントが24日、東京都内で行われ、CMキャラクターを務める妻夫木聡、吉岡里帆、成田凌、矢本悠馬、今田美桜が出席した。  1等・前後賞合わせて10億円と超豪華賞金が魅力の「年末ジャンボ宝く … 続きを読む

「監察医 朝顔」“桑原”風間俊介の不倫疑惑に衝撃 ともさかりえが新キャストで登場

ドラマ2020年11月24日

 上野樹里が主演するドラマ「監察医 朝顔(第2シーズン)」(フジテレビ系)の第4話が、23日に放送された。  本作は、法医学者の朝顔(上野)と刑事の父(時任三郎)の姿を描くヒューマンドラマ。今回は、マンションの一室で遺体となって発見された若 … 続きを読む

玉木宏主演の「極主夫道」第7話 「龍と酒井の本気のネオポリスガールに爆笑」

ドラマ2020年11月23日

 玉木宏主演のドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系)の第7話が、22日に放送された。  本作は、裏社会に数々の伝説を残した元極道の龍(玉木)が“専業主夫”となり、愛する家族や町のために奮闘する姿を描く任侠コメディー。  今回は、妻・ … 続きを読む

「危険なビーナス」視聴者の犯人予想が加速 麻生祐未に「悪役をやらせたらピカイチ」の声も

ドラマ2020年11月23日

 妻夫木聡と吉高由里子が出演する日曜劇場ドラマ「危険なビーナス」(TBS系)の第7話が、22日に放送された。  今回は、伯朗(妻夫木)の父・手島一清(R‐指定)と母・禎子(斉藤由貴)の過去、そして佐代(麻生祐未)との関係が明らかになった。 … 続きを読む

水川あさみ「自分は突っ込みのつもりで…」 関西弁で傷つけた過去を告白

映画2020年11月20日

 映画『滑走路』初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の水川あさみ、浅香航大、寄川歌太と大庭功睦監督が登壇した。  本作は、32歳の若さで命を絶った歌人・萩原慎一郎のベストセラー歌集を映画化。非正規、いじめ、過労、自死…。現代を … 続きを読む

page top