ふぉ~ゆ~「“座長感”を盗んでいきたい」 共演の西岡徳馬から刺激を受ける

2015年12月5日 / 17:39

自動車修理工場の頑固おやじを演じる西岡徳馬

 舞台「REPAIR~アナタの人生、修理(リペア)しませんか?~」の公開舞台稽古が5日、東京都内で行われ、出演者でジャニーズjr.ユニットふぉ~ゆ~の福田悠太、越岡裕貴、辰巳雄大、松崎祐介の他、唯月ふうか、林田一高、西岡徳馬が出席した。

 4人の東宝演劇初主演となる本作は、古ぼけた油まみれの自動車修理工場を舞台に、人生の目標を失った4人の青年がガチンコバトルを通して自分たちの人生を“修理”していく様子を描く。

 稽古の様子について尋ねられた福田は「みんなで楽しく話し合いながらという感じ」と明かし、「特に西岡さんがみんなの役を誰よりも理解されていて、『こうしたらいいんでないか』といったアドバイスをたくさんしてくれた」と感謝を口にした。

 これに対して西岡は「(アドバイスをすると)明らかに変わってどんどん(舞台が)熱くなる。せっかくやるんだったら“いいな”と思うものは採用してもらえれば」と照れ笑いを浮かべながら「“要らない”と思うものは捨ててくれていいので」と控えめにコメントした。

 リポーターから「要らないということもあるの?」と問われた4人は「いやいや、全くありません。ありがたい限りです」と口をそろえて、笑いを誘った。

 特に心に響いた西岡のアドバイスを尋ねられた越岡は「ご飯を食べに行った時に『これでいいやって思ったら駄目だ。それ以上は、伸びなくなるから』と言われ、胸に熱いものが込み上げてきた」としみじみと振り返った。

 これまでの食事会はすべて西岡のおごりだったようで「僕らが座長なのに…」と申し訳なさそうな4人。西岡の舞台に向かう姿勢に刺激を受けたという辰巳は、あらためて「これからはこの“座長感”も僕らは盗みたいと思う。今までバックで培ってきたものをどんどん“リペア”して僕らが座長になっていかなければいけない」と気持ちを引き締めた。

 福田も、今回の舞台稽古を通じて「そもそもステージに立つ、この仕事をやる、ということの意味をあらためて考えさせられた」と真剣な面持ちで語った。

 中盤に登場する“生着替え”シーンの話題になると4人は「良いお尻してました?」とリポーターに逆質問。「パンツはそれぞれ自分で選んだ衣装です」と胸を張り、「日替わり?」という突っ込みには、否定しながらも「いい案ですね」とノリノリだった。

 さらに、冒頭に登場するダンスシーンは「自分たちで考えた」といい、「もしかしたら本番が始まってからもリペア(改良)されていく可能性がある」とのこと。さらに、序盤で水をかぶるシーンがある越岡は「『滝沢歌舞伎』以来。本当に新鮮でお客さんの反応が楽しみです」と声を弾ませていた。

 舞台は都内、シアタークリエで5日~14日、大阪、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで17日~20日まで上演。


芸能ニュースNEWS

水江建太「積み重ねたものを全力でぶつける」 MANKAI STAGE『A3!』秋組公演開幕

舞台・ミュージカル2020年1月18日

 MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN 2020~初日前日会見が17日、東京都内で行われ、出演者の水江建太、中村太郎、赤澤遼太郎、稲垣成弥、藤田玲、里中将道が登壇した。  本作は、ダウンロード数650万部突破のイケメン役者育成ゲ … 続きを読む

ミルクボーイ内海「東京進出は考えていない」 NSC東京で未来の芸人に特別授業

トレンド2020年1月17日

 「NSC東京 ミルクボーイ特別授業」が17日、東京都内で行われ、M-1グランプリ2019王者のミルクボーイ(駒場孝、内海崇)が登場した。 続きを読む

シシド・カフカ「不運な探偵役は新鮮」 「これまで平々凡々に生きてきたので」

ドラマ2020年1月17日

 ドラマ10「ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~」の試写会が17日、東京都内で行われ、出演者のシシド・カフカ、間宮祥太朗、中村梅雀ほかが出席した。  本作は、若竹七海氏の人気作『女探偵・葉村晶』を初ドラマ化したもの。訳ありの転職、転居を繰 … 続きを読む

稲垣吾郎“貴重な楽譜”のプレゼントに感激 「世界の皆さまに自慢をさせていただきたい」

舞台・ミュージカル2020年1月17日

 「ウォルト・ディズニー・アーカイブス コンサート」ワールドプレミアプレス向けセレモニーが16日、千葉県浦安市の舞浜アンフィシアターで行われ、コンサートのナビゲーターを務める稲垣吾郎が出席した。  コンサートは、貴重な映像や資料を保有する「 … 続きを読む

長谷川博己、過酷な撮影の舞台裏を告白 迫力満点の殺陣で「酸欠状態になった」

ドラマ2020年1月16日

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の初回完成試写会が16日、東京都内の同局で行われ、上映後、主人公・明智光秀を演じる長谷川博己、演出の大原拓氏、制作統括の落合将氏が会見に応じた。  本作は「本能寺の変」を引き起こした武将・明智光秀 … 続きを読む

page top