木村拓哉×三池崇史監督で『無限の住人』を実写映画化 キムタク「現場を体感しながら演じたい」

2015年10月5日 / 16:27

原作画像×三池監督_(C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会

 沙村広明氏による人気コミック『無限の住人』が木村拓哉主演、三池崇史監督のタッグで実写映画化され、2017年に公開されることが分かった。

 原作漫画は1993年から12年に『月刊アフタヌーン』(講談社刊)で連載され、圧倒的な画力と斬新な殺陣の描写が人気を集めた剣客アクションコミック。全30巻の原作を映像化することは至難を極め、これまで実現に至らなかったが、ついに実写での映像化が決定した。

 物語は江戸時代の日本を舞台に“百人斬り”の威名を持つ伝説の侍・万次(木村)が不老不死の肉体を与えられ、無限の命を生きる中で、用心棒を依頼してきた少女にあだ討ちを遂げさせるため、剣客集団・逸刀流と戦う姿を描く。

 『武士の一分』以来、約10年ぶりの時代劇映画主演となる木村は、「映画監督に求められるというのは役者にとって最もありがたいことなので、『三池崇史監督が僕のことを要してくださった』という事実に、自分の中でなんだかざわめいた、という気持ちがありました」とオファーを受けた一番の理由を明かした。

 ストーリーについても「原作は僕自身、好きな世界観。原作にある『死なない』ことと『死ねない』ということへの向き合いについては今回の脚本にも描かれているので、そこをどう体現するのか、監督が求めるものがどこなのか、頭でっかちにならずに現場を体感しながら演じたいと思います。もちろん自分の“個”はありますけど、現場では監督の求める“素材の一つ”だと思うので、共演者、スタッフと集中して現場に臨みたい」と意気込みを語った。

 本作が初タッグとなる木村について、三池監督は「昭和と平成を串刺しにするスーパースター木村拓哉を用心棒につけたわれら映画界の逸刀流・三池組は世界最強である。これはそういう映画です」と大きな期待を寄せた。


芸能ニュースNEWS

フワちゃん、「流行語」受賞に「まじサイコー!」 「いろんな大御所の人と友達になった」

授賞式2020年12月1日

 年末恒例の「2020ユーキャン新語・流行語大賞」発表・授賞式が1日、東京都内で行われ、「年間大賞」は「3密」に決定した。  「トップ10」には、「愛の不時着」「あつ森(あつまれ どうぶつの森)」「アベノマスク」などの他、人気ユーチューバー … 続きを読む

ヒョンビン「流行語」受賞に喜びのコメント 「この賞は『愛の不時着』に送ってくださった愛情」

授賞式2020年12月1日

 年末恒例の「2020ユーキャン新語・流行語大賞」発表・授賞式が1日、東京都内で行われ、「年間大賞」は新型コロナウイルス関連の「3密」に決定した。  また、「トップ10」には、「アベノマスク」「鬼滅の刃」などの他、今年2月からNetflix … 続きを読む

「共演NG」第5話「里見浩太朗の名演技に涙が出た」 次週最終回を控え「すでにロスッている」の声

ドラマ2020年12月1日

 中井貴一と鈴木京香が出演するドラマ「共演NG」(テレビ東京系)の第5話が、30日に放送された。  本作は、25年間「共演NG」だった元恋人同士の大物俳優・遠山英二(中井)と大園瞳(鈴木)が、再び「共演」することで繰り広げられる、大人のラブ … 続きを読む

「監察医 朝顔」“桑原”風間俊介に急展開 “大じいじ”柄本明の思いに「胸が苦しくなる」の声も

ドラマ2020年12月1日

 上野樹里が主演するドラマ「監察医 朝顔(第2シーズン)」(フジテレビ系)の第5話が、30日に放送された。  今回は、祖父・浩之(柄本明)が暮らす岩手県の仙ノ浦を訪れていた朝顔(上野)に、県警から、遺体を解剖するべきか判断してほしいという要 … 続きを読む

仲間由紀恵、健康にいい食生活を意識 困ったときは「野菜たっぷりスープ」

授賞式2020年11月30日

 「第9回 健康寿命をのばそう!アワード」表彰式が30日、東京都内で行われ、女優の仲間由紀恵、フリーアナウンサーの宇賀なつみがトークショーに登場した。  2児の母親でもある仲間は「健康のために意識していること」を尋ねられると、「特に食生活に … 続きを読む

page top