樹木希林「監督はきれいな人に目がないから」 原田監督「リハーサルからいじめられっ放し」

2015年6月16日 / 17:02

 熱いトークを交わした原田眞人監督(左)と樹木希林

 映画『駆込み女と駆出し男』の続・大ヒット御礼舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、出演者の樹木希林と原田眞人監督が出席した。

 本作は5月16日に公開され、大ヒット御礼舞台あいさつもすでに行われたものの、樹木から「もう一回やりましょうよ」との呼び掛けがあり、公開からちょうど1カ月たったこの日に再度の舞台あいさつが実現した。

 現在は観客動員数100万人を目標に続映中。原田監督は「できれば続々・舞台あいさつもしたい。なんとか200万人にこぎつけたい。続編は200万人を突破したらと言ってしまいましたし、下方修正はよくない。DVDの売り上げも入れて、超えたらいいんじゃないかな」と語った。

 樹木から、リピーターの観客が多い理由を問われた原田監督が「多分言葉じゃないですか」と答えると、樹木自身も「(せりふが)あまりの早口でもう一回見てみてみないと分からない。私はそうだと受け取っています」と笑わせた。

 また、本作はカナダ・トロントで行われた日本映画祭のオープニング作品として『KAKEKOMI』のタイトルで上映され、監督も出席した。樹木は「日本でもそれぐらい(短め)にしてもらわないと、私もいまだに題名が覚えられない」と語った。

 また、観客からの質問コーナーでは「出演者がみんな江戸時代に生きているようだった」とキャスティングを絶賛する声が上がったが、樹木は「私は役の全部がピタッと合っているとは思わない。監督はきれいな人に目がないから。自分の事は棚に上げて、(ある人については)監督に『役を変えるなら今ですよ』と言っていました」と暴露。

 原田監督は「リハーサルから(樹木に)いじめられっ放しで」と苦笑いを浮かべ、「樹木さんは思ったことをずばずば言ってくるのですが、そこで監督がビビっていると成立しない。こういう楽しい会話がずっと現場で続いていました」と明かした。


芸能ニュースNEWS

堤真一「自分の映画を見て初めて泣いた」 『泣くな赤鬼』完成披露、結婚&妊娠発表の川栄李奈も登場

映画2019年5月22日

 映画『泣くな赤鬼』の完成披露試写会が21日、東京都内で行われ、出演者の堤真一、柳楽優弥、川栄李奈、竜星涼と兼重淳監督が登壇した。  本作は、重松清氏の同名短編を映画化。厳しくすることでしか教え子に向き合えなかった熱血教師の“赤鬼先生”(堤 … 続きを読む

北斗晶、薬物依存について考える 「もし自分の子なら寄り添って戦えるのか」

トレンド2019年5月21日

 映画『ベン・イズ・バック』トークイベントが21日、東京都内で行われ、ゲストとしてタレントの北斗晶、内科医で作家のおおたわ史絵氏が出席した。 続きを読む

今田美桜、公開アフレコに挑戦 声優業は「すごく難しくて勉強中です」

映画2019年5月21日

 映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』アフレコイベントが21日、東京都内で行われ、日本語版吹き替え声優を務める女優の今田美桜が出席した。  本作は、ブラックスーツとサングラスに身を包み、地球上に生息するエイリアンが犯罪や侵略行為 … 続きを読む

長谷川博己、大河ドラマの撮影を前に墓参 「『必ずいいものにします』と念を込めました」

ドラマ2019年5月21日

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」で戦国武将・明智光秀を演じる長谷川博己が20日、光秀の菩提(ぼだい)寺である滋賀県・西教寺を訪れ、明智一族の墓に参った。  昨夏も同地を訪れたという長谷川は「今回、また西教寺に来ることになり、明智 … 続きを読む

菅田将暉、松坂桃李との不思議な関係を語る 「他の先輩陣とは違う距離感」

ドラマ2019年5月20日

 ドラマ「パーフェクトワールド」のスペシャルナイトが20日、東京都内で行われ、出演者の松坂桃李、山本美月、瀬戸康史、中村ゆり、木村祐一、菅田将暉が出席した。  本作は、有賀リエ氏の同名コミックを実写ドラマ化したもの。大学時代の事故で車いす生 … 続きを読む

page top