永瀬正敏、樹木希林と感激のハグ 樹木は秦基博との“間接キス”を希望

2015年5月30日 / 18:07

 (左から)永瀬正敏、河瀬直美監督、樹木希林、浅田美代子

 映画『あん』の初日舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、出演者の樹木希林、永瀬正敏、浅田美代子、主題歌を担当した秦基博、河瀬直美監督ほかが登壇した。

 本作は、ドリアン助川の同名小説を映画化。小さなどら焼き屋を舞台に、一人の老女と周囲の人々が“人生とは”を問い掛ける魂の物語。

 千太郎(永瀬)の店で働くことになる徳江を演じた樹木は「吉井徳江でございます。今日はありがとうございます」と役名であいさつ。続いて秦があいさつを終えると「秦さんの使っていたマイクと交換してもいいですか。だって、秦さん(マイクに)口をくっ付けてしゃべってたでしょ」と語り、観客の笑いを誘った。

 また、秦がサプライズで主題歌「水彩の月」を披露すると、じっと聞き入っていた樹木は「ありがとうございます」としみじみと礼を述べた。

 永瀬も「すごい曲を作られたなと。僕はどうしても(役の)千太郎として聞いちゃうので。すみません…」と声を詰まらせながら樹木をハグすると、客席から温かい拍手が送られた。

 この日は河瀬監督の誕生日で、作品にちなんだ「どら焼き」ケーキも登場。「ところであなた何歳になったの?」と尋ねた樹木は、「26歳です」とおどける河瀬監督に、「お若いわね。まだまだこれからね。頑張って」とエールを送った。


芸能ニュースNEWS

中島健人、ネット炎上や誹謗中傷などの“SNSトラブル”を語る 「アイドルとして、いろんな言葉を全身で受け止めて来た」

ドラマ2024年7月14日

 ドラマ「しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~」の記者会見が12日、東京都内で行われ、出演者の中島健人、白石聖、片平なぎさが登場した。  本作は、原作・左藤真通氏、作画・富士屋カツヒト氏の同名漫画をドラマ化。変わり者の弁護士 … 続きを読む

「ギークス」“基山伊織”滝沢カレンの複雑な家庭環境が話題に 「家族が全員ヤバい」「父親はとんだろくでなし」

ドラマ2024年7月12日

 松岡茉優が主演するドラマ「ギークス~警察署の変人たち~」(フジテレビ系)の第2話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、警察署に勤務する、卓越した知識や技術を持っているのに人間関係が苦手な“3人の女ギーク”(=賢いオタ … 続きを読む

「クラスメイトの女子、全員好きでした」ジャイアン声優・木村昴の初主演作に反響 「ダメな男のツボに入れてくる」「展開最高ー」

ドラマ2024年7月12日

 「クラスメイトの女子、全員好きでした」は、偶然手に入れた小説を盗作し、人気作家となった枝松脛男(木村昴)が、中学時代に恋したクラスメイト女子たちとの思い出を回想しながら編集者の片山美晴(新川優愛)と“真の作者”を探すハートフルコメディー。 … 続きを読む

三谷幸喜が主宰する東京サンシャインボーイズが30年ぶりに復活 「傑作になるような予感がしています」

舞台・ミュージカル2024年7月12日

 東京サンシャインボーイズによる新作舞台の製作発表会見が11日、東京都内で行われ、作・演出の三谷幸喜、出演者の相島一之、阿南健治、小原雅人、梶原善、甲本雅裕、吉田羊ほかが登壇した。  東京サンシャインボーイズは、1983年に三谷が高校、大学 … 続きを読む

「新宿野戦病院」「死ぬとき、命が消えるとき、皆心臓が止まり、息が止まり、冷たくなる」「やっぱり出たペヤング!」

ドラマ2024年7月11日

 脚本・宮藤官九郎氏の「新宿野戦病院」(フジテレビ系)の第2話が、10日に放送された。  本作は新宿・歌舞伎町にある病院を舞台に、さまざまなバックボーンを持つ“訳あり”な登場人物たちが交錯する社会の構図をテーマとし、ときにユーモアを織り交ぜ … 続きを読む

Willfriends

page top