乃木坂46、今年を表す漢字は「跳」 生田絵梨花「来年の目標は紅白歌合戦」

2014年12月15日 / 14:48

 セレモニーに出席した乃木坂46とロッチ

 JP日本郵政グループの「2015年用年賀状 引受開始セレモニー」が15日、東京都内で行われ、「ぐるぐるAR年賀状」のコンテンツキャラクターに起用された乃木坂46(秋元真夏、生田絵梨花、桜井玲香、白石麻衣、西野七瀬、橋本奈々未、星野みなみ)とお笑いコンビ、ロッチ(中岡創一、コカドケンタロウ)が出席した。

 着物姿で登場した乃木坂46メンバーは、子どもたちによる年賀状の投函(とうかん)をサポート。西野は「アクティブなポーズをしながら(自分たちが乗ったターンテーブルが)くるくる回るので難しかったけど、貴重な体験ができて楽しかったです」と撮影を振り返った。

 一方、ロッチは、AR機能がついた年賀はがきやスマホで送れる年賀状サービス、LINEと連携した新サービスなどを実演。コカドは「ロッチのちょっとした短いネタを撮って年賀状にして送りたい。見たい? LINE教えて」と“公開ナンパ”をするも、乃木坂46のメンバーは一斉に首を横に振って拒否した。

 中岡が「指原(莉乃)のは知ってる」とつぶやき、コカドも「公式ライバルは知ってるのに、『私たちも!』とはならないの?」と追撃するもかたくなに断られ、中岡は「指原がかわいそうに思えてくる」とがっくり肩を落とした。

 また、メンバーが総合プロデュースを手掛ける秋元康氏に年賀状を送っていないと知ったコカドが「そういうところを指原はうまいことやっているんですよ。そういうプラスポイントをゲットしている」とアドバイス。

 最後に今年一年を表すグループの漢字一文字を「跳」とした生田は「今年は乃木坂46としてジャンプアップできた年。今年出られなかった紅白歌合戦を大きな目標として、来年も頑張っていきたい」と抱負を語った。


芸能ニュースNEWS

「妻、小学生になる。」涙腺崩壊のストーリーと”万理華”毎田暖乃の演技に反響 「しぐさや話し方や雰囲気を文句なく完コピしている」

ドラマ2022年1月22日

 堤真一が主演するドラマ「妻、小学生になる。」(TBS系)の1話が、21日に放送された。  本作は、10年前に愛妻を亡くし、生きる意味を見失っていた新島圭介(堤)と、娘の麻衣(蒔田彩珠)のもとに、小学生の女の子として生まれ変わった妻の白石万 … 続きを読む

深津絵里「カムカムエヴリバディ」で雉真るい役 「とんでもないものを引き受けてしまったと、今さらドキドキする毎日です」

ドラマ2022年1月22日

 NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」で、2代目ヒロインの雉真るいを演じる深津絵里からインタビューコメントが届いた。  るいは、安子(上白石萌音)の娘として雉真家に生まれ、18歳まで岡山で育ったが、ある理由から“自分らしく自由に生き … 続きを読む

佐々木希「カムカムエヴリバディ」で笹川奈々役 「奈々はプロ意識が高く、面倒見がいい女性」

ドラマ2022年1月21日

 深津絵里が2代目ヒロインのるいを演じるNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」。芸能事務所「笹川プロダクション」の社長令嬢・笹川奈々役の佐々木希からインタビューコメントが届いた。  奈々は、笹川プロダクション主催の関西ジャズコンテスト … 続きを読む

松本潤主演「となりのチカラ」放送スタート「これぞ社会派ホームコメディー」 「新たな潤くんを発見した感じ!」

ドラマ2022年1月21日

 松本潤が主演するドラマ「となりのチカラ」(テレビ朝日系)の第1話が、20日に放送された。  本作は、主人公の中越チカラ(松本)が「人を救いたい」と、人の話を聞き、中途半端に他人の問題に関わり、力になろうと奮闘する、新時代のヒーローを描いた … 続きを読む

有村架純、初共演の森田剛の印象を語る 「その瞳の美しさにハッとさせられました」

映画2022年1月21日

 映画『前科者』公開直前イベントが20日、東京都内で行われ、出演者の有村架純、森田剛、磯村勇斗、石橋静河と岸善幸監督が登壇した。  本作は、前科者たちの更生、社会復帰を目指し、保護司が奮闘する姿を描いた社会派ヒューマンドラマ。  保護司の阿 … 続きを読む

amazon

page top