吉高由里子、NHK朝ドラ「花子とアン」ヒロインに 「“吉高、したたか”といわれるぐらいに」

2013年6月25日 / 17:42

 朝ドラで主演する吉高由里子

 平成26年度前期のNHK「連続テレビ小説」の制作発表会が25日、東京都内で行われ、ヒロインを女優の吉高由里子が務めることが発表された。

 「連続テレビ小説」90作目となる本作は、『赤毛のアン』の翻訳者・村岡花子さんの明治・大正・昭和にわたる波瀾(はらん)万丈の半生記を描く。原案は、村岡さんの孫・村岡恵理さんの『アンのゆりかご 村岡花子の生涯』、脚本は中園ミホ氏が手掛ける。

 山梨の貧しい家に生まれ、東京の女学校で英語を学び、故郷での教師生活を体験して翻訳家になった花子。翻訳中に起きた太平洋戦争、生涯の友情、恋愛、結婚と、激動の時代をポジティブに生きた花子には、「半年間、皆さんに見ていただく朝ドラを心からいとおしく思ってもらえるヒロインであってほしい」(加賀田透チーフ・プロデューサー)としてオーディションではなく吉高に直接オファーされた。

 吉高は朝ドラ初出演で、NHKのドラマには「篤姫」(2008年放送)以来2度目の出演。「本当に私でいいのかなって。今日、ここに座るまで、ふわふわしてました」と緊張の面持ちで語りつつ、「“吉高、したたか”といわれるぐらい、その役に食らいついていきたいと思います。キャスティングミスしたなって思われないように頑張りたい」とどや顔で名言を生み出した。

 NHKの朝の顔を務めることについて、最も不安なことは「私に朝の顔は似合うんだろうかって不安がいっぱい」とポツリ。一方で、「うちのおばあちゃんがすごく朝ドラを見てた。まだ家族にも話してないので、親孝行みたいなのができたかなと思っています。生きている間にできてよかった」と笑顔で語っていた。

 平成26年度前期連続テレビ小説「花子とアン」は2014年3月31日からオンエア。


芸能ニュースNEWS

浜辺美波「戻りたいのは平成時代」 「小学2年生の自分に食育したい」

2019年9月21日

 アニメ映画『HELLO WORLD』の初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、声優を務めた北村匠海、松坂桃李、浜辺美波、福原遥と伊藤智彦監督が登壇した。  本作は、ヒットメーカーの伊藤監督が新たに手掛けるSF青春ラブストーリー。  劇 … 続きを読む

吉岡里帆「見えない目撃者」に自信 ハワイ映画祭に出品「反応楽しみ」

映画2019年9月21日

 映画『見えない目撃者』の初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演の吉岡里帆、高杉真宙、浅香航大、田口トモロヲと森淳一監督が登壇した。  本作は、吉岡演じる視力を失った警察官が“目撃”した、連続猟奇殺人事件の謎に迫るR15指定(15 … 続きを読む

松本穂香、ふくだももこ監督と熱い抱擁 ふくだ監督「これからも、穂香ちゃんと一緒に映画を撮っていられるように」

映画2019年9月21日

 映画『おいしい家族』の初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の松本穂香、板尾創路、浜野謙太、笠松将、モトーラ世理奈、三河悠冴、柳俊太郎、ふくだももこ監督が登壇した。  本作では、都会の生活に疲れた主人公・橙花(松本)が、母の三 … 続きを読む

上白石萌音、フランス語で歌唱を披露し「ド緊張」 美術展の“音声ガイドナビゲーター”に就任

トレンド2019年9月20日

 「横浜美術館開館30周年記念 オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち」の取材会が20日、神奈川県内で行われ、同展の音声ガイドナビゲーターを務める女優の上白石萌音が出席した。 続きを読む

中尾明慶、5歳息子から「パパすごい!」 「怪獣の番組の声、尊敬され鼻が高い」

アニメ2019年9月20日

 NHK Eテレミニアニメ「かいじゅうステップ ワンダバダ」の試写会が19日、東京都内で行われ、ナレーションを務めた中尾明慶、声優の久野美咲(ピグちゃん役)、福圓美里(カネちゃん役)、真堂圭(ダダちゃん役)と、キャラクターデザインを手掛けた … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top