FTISLANDインタビュー「僕らのライブに遊びにおいで!」

2013年4月10日 / 18:42

記念すべきメジャー10枚目のシングル「You Are My Life」をリリースしたFTISLAND。
理想の結婚生活、オフの旅行話、ソロ活動から見えたことなど、
本音たっぷりのわいわいトークをお届けします。

――先日のファンミーティングはいかがでしたか。

スンヒョン 久しぶりのライブだったので、本当に楽しかったです。もっと頻繁にやりたいんですが、1日に2回公演はちょっと大変でした(笑)。

ジェジン 司会って難しいなと。もう少し日本語の勉強を頑張ったら、もっとうまくやれそうだと思いました。

――ジェジンさんは日本語の台本で進行していましたね。

ジェジン そうなんです。昼の回は(台本に)平仮名だけが書いてあって、夜の回は韓国語だけが書いてあったんです。スタッフの方々も試行錯誤されたみたいですけど、僕らは日本語と韓国語両方あった方がいいみたいです。そうすれば、日本語で何て言えばいいか分からない部分では、平仮名を読み上げるだけで伝わるじゃないですか。あのときは、韓国語の原稿を日本語に直しながら進行したので。だから少し残念ではありますね。

――新曲「You Are My Life」は結婚を連想させる曲ですが、どんな結婚生活を思い描いていますか?

スンヒョン 僕は娘がほしいです。でもその前に僕は結婚したら、奥さんと一緒にボランティアをしたいです。発展途上国に行って。

ミンファン 今からやってよ。

スンヒョン 今はミュージカルがあるし、スケジュールがいっぱいあるじゃん。

ミンファン たぶん、結婚した後だって仕事はあるよ?

イ・ホンギ

――今よりも人気になってさらに忙しくなるのでは?

スンヒョン そうですね。僕もそう思います(メンバー失笑)。とにかく、奥さんと一緒にボランティアをしながら、「この人は他人を思いやって助けてあげられる人だな」と、奥さんをもっと知ることができるんじゃないかなと思うんです。もちろん僕もボランティアをしてみたいですし。

ミンファン 子どもはいっぱいほしい! 7人ぐらい?

ジェジン 7人は多いでしょ~!

ミンファン じゃあ、5人? 5人は絶対ほしい。

スンヒョン 奥さんがすごく大変じゃん。

ジェジン 3人ぐらいがいいんじゃない?

ミンファン 3人は少ないよ~!

ジェジン おい、おまえが産むんじゃないだろ。

スンヒョン 2人が妥当じゃないですかね。(ミンファンに)奥さんもいっぱいほしいって人じゃないと難しいよ。

ミンファン 僕そういう女性と結婚する!

――タイトルにちなんで、「○○は僕の人生」で表現してください。

ジェジン (即答で)FTISLAND is my life!

スンヒョン Live is my life.

ジョンフン お金 is…(笑)。

ホンギ Friend is my life.

ジョンフン 僕は? 僕には聞かないんですか?

チェ・ジョンフン

――さきほど「お金」と…。

ジョンフン あ、さっきのお金? (激しく首を振りながら)違います、違います。仕事です。あ…やっぱり、音楽にしてください!

ミンファン 恋。Love is my life.

ジェジン えっ、何で?

ミンファン 恋がないと音楽もできないから。

ジェジン お~。はい、よくできました。

――今回のシングルにはメンバー作の曲が入っていないですね。

ミンファン 曲の準備はずっと続けています。

ジェジン 今、韓国と日本で、両方のアルバムを準備しているんですが、曲がたくさん必要であれこれ調整しているんです。今回のシングルは、作曲家の方に作っていただいた曲の中から、僕たちが気に入った曲を選んで発表することになったんです。

――ホンギさんも曲作りを始められたそうですが。

ホンギ 韓国のアルバムにも日本のアルバムにも入ると思います。別々の曲ですよ。ラップが必要なので、今、フィーチャリングを受けてくれる方を探しているところです。

――今回が日本メジャー10作目のシングルですが、デビューから全ての曲を振り返って一番“FTっぽい”と思うのはどの曲?

スンヒョン え、何だろう…。やっぱり「Flower Rock」かな? 若い僕らが一番表現しやすかった曲だし、楽しめる曲だし、僕らのイメージとも合ってましたし。

ミンファン 「TOP SECRET」も!

――今までで一番印象に残っている衣装は? 

ジェジン (即答で)「NEVERLAND」! 僕、ゴーグルかぶってたんで(笑)。

ジョンフン 「Brand-new days」かな~。

ミンファン …「Polar Star」。最高に暑かったな、あの衣装。

スンヒョン 僕も「Brand-new days」。紫の半袖にブラックベストを着ていたんですけど…。

ジョンフン 「Brand-new days」のPVは…。

ジェジン よく見てみると汗でびしょびしょですよ。

スンヒョン 暑くて汗でびしょびしょで、照明でもっと汗かいて…。あのときは本当、大変でした。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】映画『キャッツ』トム・フーパー監督 フランチェスカ・ヘイワード「人間が踊りを通じてこれだけのことができるということを見せる作品」

映画2020年1月24日

 1981年のロンドンでの初演以来、世界中で上演されているミュージカル劇「キャッツ」が映画化され、1月24日から全国公開となる。公開を前に来日したトム・フーパー監督と、主役のヴィクトリアを演じたバレリーナのフランチェスカ・ヘイワードに、映画 … 続きを読む

【インタビュー】映画『シグナル100』小関裕太 デスゲーム映画に歓喜「ようやく好きなジャンルに携われる」

映画2020年1月23日

 “かわいいイケメン”で朗らかな性格、たまに繰り出す天然発言などで人気を集め、ドラマ「ごめんね青春!」で演じたトランスジェンダーの男子高生・村井守役や、連続テレビ小説「半分、青い。」でのアメリカ育ちの陽気な青年・健人役同様のほんわかしたイメ … 続きを読む

【2.5次元】舞台「KING OF PRISM ‐Shiny Rose Stars‐」橋本祥平インタビュー 第2弾ではお風呂シーンもパワーアップ!「楽しみにしていただきたい」

舞台・ミュージカル2020年1月21日

 歌、ダンス、ジャンプなどのパフォーマンスで観客をどれだけ魅了できるかを競う「プリズムショー」に挑む男子プリズムスタァたちの成長と輝きを描いた、劇場版『KING OF PRISM by Pretty Rhythm』、劇場版『KING OF … 続きを読む

【インタビュー】映画『キャッツ』葵わかな「真っ白な状態の猫なので、純粋さを失いたくないという思いを込めました」

映画2020年1月21日

 ミュージカルの金字塔「キャッツ」がついに実写映画化され、1月24日から全国公開される。監督は、『英国王のスピーチ』(10)や『レ・ミゼラブル』(12)で知られるトム・フーパー。主人公の白猫ヴィクトリア役を、英国ロイヤルバレエ団のプリンシパ … 続きを読む

【インタビュー】「エブリ・ブリリアント・シング~ありとあらゆるステキなこと~」佐藤隆太「覚悟を決めて挑んで、必死に戦えば、今までとは違う自分が見えてくる」

舞台・ミュージカル2020年1月20日

 今年デビュー20周年を迎える佐藤隆太が、海外で旋風を巻き起こした一人舞台「エブリ・ブリリアント・シング~ありとあらゆるステキなこと~」に挑戦する。本作は、上演前にキャストから直接手渡されたカードを持っている観客が、自分の番号が呼ばれたら、 … 続きを読む

page top