森公美子、「天使にラブ・ソングを…」は「心の成長を描いたストーリー」 ブロードウェー来日版の上演に「本物に触れていただきたい」【インタビュー】

2024年6月20日 / 08:00

 ウーピー・ゴールドバーグ主演の大人気コメディー映画『天使にラブ・ソングを…』を原作としたミュージカルの来日版、ブロードウェイ・ミュージカル「天使にラブ・ソングを…(シスター・アクト)」が7月3日から上演される。ウーピー・ゴールドバーグ自身がプロデュースし、2009年にミュージカル化が実現した本作は、ロンドン・パレイディアム劇場で初演されると連日スタンディング・オベーションの大ヒットを記録。翌年にはローレンス・オリヴィエ賞4部門にノミネートされ、11年にはトニー賞5部門にノミネートされた。日本には、15年、17年と2度にわたって来日。3度目となる今回の来日公演は、過去2回の来日公演とは異なる新演出と豪華にグレードアップした新しい舞台が特徴となっている。

 今回は、14年の日本版初演以降、主人公のデロリスを演じる森公美子に、来日版の魅力や見どころを聞いた。

森公美子 【写真:源賀津己】(C)エンタメOVO

-デロリスは、森さんのハマり役ですね。14年から5回にわたって演じてこられましたが、これまでの思い出を教えてください。

 日本版では、2014年からデロリスを演じさせていただいていますが、実は最初はどうなるか分からないと思いながら練習していました。ですが、そうしてやっていくうちに、リハーサルを見ていたシスター(役のキャスト)たちが泣いていたんですよ。それを見て、私もこれは絶対にいけるなと思ったことを覚えています。日本ではシスターというのは遠い存在だったので、私たちは修道院に行って、シスターはどういう1日を過ごしているのかを聞いて役作りをしていきました。「シスターはそんなことはしない」と反対されて、なくなったシーンもあったんですよ。たとえそれがエンターテインメントであっても、シスターを描く上では(シスターが)絶対にしない行動をなくしていかなければならなかったので、本当に試行錯誤しながら作り上げた思い出があります。

-森さんがとても楽しそうに演じられている姿が印象的ですが、実はこんな苦労もあったというエピソードは?

 私は年齢のこともありますから、踊るのが本当に大変(笑)。「サンデイ・モーニング・フィーヴァー」という楽曲では、私と春風(ひとみ)さんは息を切らして「もう無理」と言いながら踊っていました(笑)。今回の来日公演は、それほど大きな振りはなかったような気がしているので、これなら私にもできるのかなと思いますが(笑)。

-今回の来日版と日本版の違いや、来日公演の魅力を教えてください。

 以前にLAでナショナルツアーを見ましたが、シスターたちが食事のための机を出したり、片付けをしたりするシーンがとても楽しくて印象に残っています。それから、とにかく最初のコーラスが下手(笑)。もちろん、それはあえてやっていることですが、曲にもなっていないような状態で、みんな好き勝手に歌っていて。日本初演のときは、私たちもそれを引き継いでやっていました。今回の来日公演のカンパニーは、皆さんお上手だったので、洗練されたシスターになっていると思います。それから、これまではとても人種的な話として扱われていましたが、それも変わってきていて、今回の公演ではいろいろな国の方々がシスター役を演じていると聞いています。肌の色がどうではなく、その人間の性格や態度が問題として定義されている。それは、すごく今の時代にあった作り方をしているなと感じました。

-ここは見逃さないでほしいという見どころは?

 私たち日本チームは、あくまでも音楽とストーリーだけをお借りして作っていたので、全て日本スタッフの方たちと作り上げていきました。そういった意味では、来日版はオリジナルの「シスター・アクト」に触れる機会になると思います。ぜひ本物に触れていただきたいと思いますし、その上で、いつかまた帰ってくるかもしれない日本版にも触れていただきたいと思います。来日版は、より分かりやすく、すぐにストーリーに入り込めるものになっていると私は感じています。ステージも豪華。警察のシーンなんて、部屋が一つそのままセットとして作られていますから! 豪華できらびやかなセットも楽しんでいただけると思います。それから、ドレスも美しくて華やかですし、着替えも多いので、それも見どころです。

-森さんがデロリスを演じたからこそ学んだ、デロリスの生き方のすばらしさとは?

 物語を通して、デロリスも修道院の院長も修道院に関わっている人たちも、どんどん人生観が変わっていきます。「神のために歌っていた」というシスターたちが、歌うことの楽しさに気付いて、他の人のためにも歌えると考えるようになり、世界が広がっていきます。それがこの物語の根幹にあると思います。今までの自分を脱ぎ捨てて、目標に向かっていく姿のすてきさを感じてほしいなと思っています。ただ歌っていただけのシスターたちが練習を重ねて、1幕の最後にはガーンとくる歌声を聞かせてくれます。私も何度見てもおおっと思いますし、涙があふれてくるシーンです。この作品は、本当に心の成長を描いたストーリーだなと改めて思います。

(取材・文/嶋田真己)

 ブロードウェイ・ミュージカル「天使にラブ・ソングを…(シスター・アクト)」は、7月3日~21日に都内・東急シアターオーブ、7月24日~28日に大阪・オリックス劇場で上演。

ブロードウェイ・ミュージカル「天使にラブ・ソングを…(シスター・アクト)」


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

鈴木梨央「特撮映画の魅力を実感しました」子役時代から活躍してきた若手俳優が、ファンタジー映画に主演『カミノフデ ~怪獣たちのいる島~』【インタビュー】

映画2024年7月25日

 高校生の時宮朱莉は、謎の男・穂積(斎藤工)と出会い、特殊美術造形家だった亡き祖父・時宮健三(佐野史郎)が制作を望んだ映画『神の筆』の世界に入り込んでしまう。怪獣ヤマタノオロチによって、その世界が危機にひんしていることを知った朱莉は、同級生 … 続きを読む

児玉すみれ、『怪盗グルーのミニオン超変身』で声優初挑戦「アグネスになりきれるのが楽しかった」【インタビュー】

映画2024年7月24日

 怪盗グルーとその相棒ミニオンたちが活躍する「怪盗グルー」シリーズの最新作『怪盗グルーのミニオン超変身』が7月19日から全国公開された。本作は、グルーとその家族に息子が生まれ、新たな町で身分を隠しながら奮闘する姿を描く。日本語吹替版で主人公 … 続きを読む

すとぷり「初めてのことに挑戦し続けていきたい」 初めてのアニメ映画『劇場版すとぷりはじまりの物語』公開中【インタビュー】

映画2024年7月23日

 2016年に結成され、動画配信サイトを中心にさまざまな活動を行う2.5次元アイドルグループ「すとぷり」。YouTube動画再生数82.8億回再生、YouTubeチャンネル登録者数313万人超えを記録するなど、今、絶大な人気を博している。2 … 続きを読む

高畑充希 視聴者を魅了した藤原定子役は「皆さんと作っていく中で生まれたものが大きかった」【「光る君へ」インタビュー】

ドラマ2024年7月21日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。7月21日放送の第二十八回「一帝二后」で、一条天皇(塩野瑛久)の寵愛を受けた中宮・藤原定子がこの世を去った。清少納言の「枕草子」では華やかな印象の定子だが、劇中では次々と苦難に見舞われ、悲劇的な … 続きを読む

黒羽麻璃央「松村さんに大きな愛をぶつけました」 松村沙友理「もしかしたら“交際0日婚”の可能性もあるのかも!?」 ドラマ「焼いてるふたり 〜交際0日 結婚から恋をはじめよう〜」【インタビュー】

ドラマ2024年7月21日

 黒羽麻璃央と松村沙友理がW主演するドラマ「焼いてるふたり 〜交際0日 結婚から恋をはじめよう〜」が読売テレビ、中京テレビほかで放送中だ。本作は、ハナツカシオリ氏の人気漫画『焼いてるふたり』をドラマ化。“交際0日”で結婚した恋に不器用な健太 … 続きを読む

Willfriends

page top