「とにかく絵柄に没入感があるので、すっと入り込みやすいというのが注目ポイントです」 神田伯山『クラユカバ』【インタビュー】

2024年4月11日 / 08:00

 集団失踪事件の謎を追って地下世界「クラガリ」に足を踏み入れた私立探偵の活躍をレトロな世界観で描いた、塚原重義監督の長編アニメーション映画『クラユカバ』が4月12日から全国公開される。本作で探偵社を営む主人公の荘太郎の声優を務めた講談師の六代目・神田伯山に話を聞いた。

神田伯山(スタイリスト:石川 美幸 (B.I.G.S.)) (C)エンタメOVO

-まず、今回、声優をすることになった経緯からお願いします。

 活動写真弁士の坂本頼光先生が、塚原重義監督とは10年ぐらい前からの知り合いで、今回は頼光先生経由でお話がありました。僕は正直なところ、プロの声優の映画しか見たくないと思うぐらい素人が嫌いなので、自分が出るということにはものすごく抵抗があったんです。とはいえ大変光栄だなと思い直し、チャレンジしてみました。

-実際に声優をやってみて、ご自分が持っていたイメージとは違いましたか。

 もちろん、難しいということは事前に分かっていましたが、例えば「んっ?」という疑問のせりふ、これだけで15回ぐらい録り直しました。ここまで1音1音にこだわって作るのはすごいことだと心の底から思いましたし、勉強にもなりました。作り方が職人の作り方なんです。こういうことに携わらせていただけたのはうれしかったです。プロの集団ですね。だから、そういう意味でも、出てよかったなとつくづく思いました。

-アフレコは、絵を見ながら一人でやったのですか。

 そうです。要するに僕が素人なものですから、僕にとってベストな環境を作っていただきました。だからほかの人との掛け合いもありません。それで、他の声優さんは、僕が吹き込んだものを聞いてから声を当てているので、基準が分かるというか、「ああ、伯山がこんな感じだからこういうふうに合わせてあげよう」という、プロの優しさに包まれて出来上がっていると思います。声優さんは、120パーセントを声で表現をされるすごい仕事だと思うんですけど、講談は感情移入をあえて全力ではやらないんです。部分的にポンっとやるんです。極端に言うと、棒読みに近いところの方が逆に効くという時もあって、だから全部を120パーセントではやらない芸能なんです。それをやるとお客さんが疲れちゃうから。部分的に一番強調したいところでポンっとやるからいいわけです。そういう基本的なところが違うので、そこが難しい。普段の自分とは違うパターンでやるというのは大変ですが面白かったですね。

-特に印象に残ったシーンは?

 冒頭の探偵社のドアを開けるところですね。あそこが、初めてお客さまに声を聞かせるシーンだったので、荘太郎がどういう人生を送ってきたのか、どういう過去があるのだろうと、何となく空気感で味わわせないといけないと思いました。第一印象が大事かなと思ったので、結構気合を入れてやりました。講談師の癖で、最初と最後を大事にしろというのがあるんです。「切れ場よければ全てよし」みたいな。講談は、最後のところが魅力的だと、間(あいだ)がちょっとふわふわしていても、きれいに余韻が残っていい感じになるんです。だから、僕が特に気合を入れたのは最初と最後ですね。そこらへんが講談の力の入れ方なんです。

-この作品は、昭和初期のようなレトロな世界観がよく出ていますが、伯山さんはどのように感じましたか。

 探偵とレトロはぴたっと合うなと思いました。探偵という職業はやっぱりどこかミステリアスだし、探偵の奥にあるものは不思議な世界だと思うんです。映画の時代背景は明言されていませんが、昭和の時代ってどこかうさんくさくてインチキくさいところもあって、すごく閉ざされていて、良くも悪くも隠ぺいされているとこもある。だから探偵が何かを発見していくというのとは非常に相性がいい。僕はこのレトロな雰囲気を持つ塚原監督の作品と探偵はばっちりハマるという印象を受けました。でも、ただのレトロではなくてあり得ないキャラクターも出てきて、現代の令和のエッセンスみたいな味付けもされているので、ただ過去を振り返るだけではなくて、ちょっと未来も向いているような空気というのは、とてもこの主題に合うと思いました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第十九回「放たれた矢」華やかな宮廷劇の傍らで巧みに描かれたまひろの父の出世劇【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年5月18日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。5月12日に放送された第十九回「放たれた矢」では、権力の頂点に立った藤原道長(柄本佑)の活躍を軸に、藤原伊周(三浦翔平)・隆家(竜星涼)兄弟との確執や、図らずも実現した主人公まひろ(吉高由里子) … 続きを読む

「時代劇には無限の可能性があると思います」『碁盤斬り』白石和彌監督【インタビュー】

映画2024年5月17日

 身に覚えのない罪をきせられ、故郷の彦根藩を追われ浪人となった柳田格之進(草なぎ剛)は、娘のお絹(清原果耶)と江戸の貧乏長屋で暮らしていた。そんなある日、旧知の藩士からかつての事件の真相を知らされた格之進は復讐(ふくしゅう)を決意する。古典 … 続きを読む

【週末映画コラム】新作のラインアップに時代劇が並ぶ喜び『碁盤斬り』/『鬼平犯科帳 血闘』

映画2024年5月17日

『碁盤斬り』(5月17日公開)  柳田格之進(草なぎ剛)は、身に覚えのない罪をきせられた上に妻も失い、故郷の彦根藩を追われ浪人となった。今は娘のお絹(清原果耶)と一緒に江戸の貧乏長屋で暮らしている。  何ごとにも実直で、曲がったことが許せな … 続きを読む

柏木悠&石川凌雅&福澤侑「昭和のヤンキーはおしゃれで渋みがある」 ドラマ「ゴーストヤンキー」【インタビュー】

ドラマ2024年5月16日

 現在放送中のドラマ「ゴーストヤンキー」。本作は、陸上選手の夢を絶たれ、人生に絶望した少年・風町トゲルが、ひと癖もふた癖もある“幽霊の昭和ヤンキー”集団「わんぱく団」と出会い、人生が大きく変わっていくオリジナルストーリー。霊界で起こる不思議 … 続きを読む

藤原大祐「寝る前に毎日15分、ほっこりしてもらえたら」注目の若手俳優がテレビドラマ初主演 NHK夜ドラ「柚木さんちの四兄弟。」

ドラマ2024年5月16日

 5月27日から放送開始となるNHKの夜ドラ「柚木さんちの四兄弟。」は、藤沢志月氏の同名コミックを原作に、2年前に事故で両親を亡くした男だけの柚木家四兄弟の日常を描いた温かな物語だ。本作で、高校教師として働く四兄弟の長男・柚木隼を演じてテレ … 続きを読む

Willfriends

page top