三浦透子「心が温かくなる実感をたくさん得られた現場でした」縁を感じる広島で、人と触れ合うことの大切さを再確認 『とべない風船』【インタビュー】

2022年12月26日 / 08:00

 瀬戸内海に浮かぶ広島の小さな島を舞台にしたヒューマンドラマ『とべない風船』が1月6日から公開される。妻子を亡くした地元の漁師・憲二(東出昌大)と、疎遠だった父が暮らす島を訪れた元教師の凛子。共に心に傷を負った2人が、互いに交流する中で再生していく物語だ。凛子を演じたのは、『ドライブ・マイ・カー』(21)でブルーリボン賞助演女優賞を受賞するなど、近年目覚ましい活躍が続く若手俳優の三浦透子。舞台となる広島に「縁を感じている」と語る彼女に、作品に込めた思いを聞いた。

三浦透子 (C)エンタメOVO

-“多島美”と呼ばれる瀬戸内海の風景も美しく、傷ついた心を優しく包み込むようなすてきな映画でした。まずは、オファーを受けたときに感じた作品の魅力を教えてください。

 広島という場所で、広島在住のスタッフの皆さんと撮影できることが一番の魅力でした。というのも、広島は個人的にすごく縁を感じている土地なんです。映画の撮影もこれで三度目ですし、子どもの頃、広島ガスのCMのお仕事をしていたこともあって。そして何より、撮影していて、土地の力をすごく感じるんです。ここで撮れたからこそ生まれたシーンや、瞬間だと思うような体験ができる場所だという印象がすごくあって。

-広島在住の宮川博至監督のこの作品に懸ける思いを、どんなところに感じましたか。

 広島を舞台に脚本を書き、スタッフもほとんどが広島在住の方、さらに地域の方々の協力を得て撮影する。そんなふうに「広島のみんなで映画を撮る」という状況を作ったところに、広島への思いがものすごくあふれていますよね。その上、「映画を撮りたい」という熱意をすごく感じて。そういう監督の思いが実現する瞬間に、少しでもお手伝いできるならうれしいなと思っていました。

-三浦さんが演じる凛子は、教師の仕事に挫折し、自分が進むべき道を見失ったことをきっかけに、疎遠だった父・繁三(小林薫)が暮らす島を訪れます。教師時代については、劇中で詳しくは語られませんが、演じるに当たって、凛子をどんな人物だと捉えましたか。

 凛子は、自分が貫きたいものがきちんとある人なんでしょうね。それを曲げられない心の強さ故、人とぶつかってしまったり、受け入れられない何かがあったりで、教師生活の中で心が疲れてしまったのかなと。お父さんとの関係も同じように、自分が素直になれなかった、あるいは「父親が間違っている」という思いが強過ぎたため、視野が少し狭くなり、親子の間がすれ違ってしまった瞬間があるんじゃないかなと。その半面、実はそういう自分の思いを正直に伝えるのが苦手だったり、素直になるのが苦手だったりするところは、彼女の愛らしさでもあるのかなと思っていました。

-凛子にとって、父親との関係は物語上のポイントになりますね。

 父親とは似た者同士で、お互いちょっと照れくさい部分があるんです。演じる上では、その関係性が劇的に変化するのではなく、ちょっとだけほっこりするような温かさが感じられる、ささいだけど特別な変化、というふうにできたら…と思っていました。

-凛子にとってもう一つ重要なのが、地元の漁師・憲二との出会いです。かつて豪雨災害で妻子を失い、心に傷を負った憲二との交流を通して、凛子の気持ちに徐々に変化が訪れますが、2人の関係をどう捉えていましたか。

 この2人の関係性って、ちょっと距離がある故に、生まれた瞬間があると思うんです。恋愛や友情とは違うし、もちろん家族でもない。出会って間もない、特別ではない関係だからこそ、言えた言葉や漏らすことができた本音があるんじゃないかなと。そう考えると、必ずしも人同士って、分かろうとしなくてもいいのかもしれない。そんなことを感じました。

-ところで、この映画では凛子の変化を描いていますが、三浦さん自身も2022年はNHKの朝ドラ「カムカムエヴリバディ」や、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」、フジテレビ系の「エルピス-希望、あるいは災い-」といった話題作に出演し、変化の大きい1年だったと思います。改めて振り返ってみて、どんなことを感じますか。

 新しいチャレンジがたくさんあった1年だと思っています。今までは映画の仕事が多かったのですが、2022年はテレビドラマやミュージカルに挑戦したり、1年に二つの舞台に出演したり、今までとは違った経験をすることができました。

-02年、5歳のときにサントリーのCM「2代目なっちゃん」でデビューしてから早20年、今では俳優として高い評価を受けるほか、歌手としても活躍していますね。

 そういう意味ではこれまで、人との出会いや作品との出会いなど、自分が豊かになるいい経験をたくさんさせていただきました。もともと、CMに出演したのも、子どもの頃に通っていたダンススクールでオーディションの告知を見て、友だちと一緒に「行ってみようか」と軽い気持ちで受けたことがきっかけですが、それから目の前のことを一つ一つやってきた積み重ねの先に今があると思っています。おかげで、皆さんから、ありがたい評価を頂けるようになりましたが、私自身はこれからも今まで通り、一つ一つ丁寧にやっていこうと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

杉野遥亮&岡崎紗絵&宮澤エマ&向井康二「ムードメーカーは向井さん」 “山岳医療ドラマ”「マウンテンドクター」4キャストが撮影現場を語る【インタビュー】

ドラマ2024年7月13日

 杉野遥亮が主演を務めるドラマ「マウンテンドクター」(カンテレ・フジテレビ系)が、毎週月曜22時から放送中だ。本作は長野県松本市を舞台に、山岳医療の現場に放り込まれた青年医師が、さまざまな思いを抱えた山岳医や患者と触れ合い、現実と向き合いな … 続きを読む

「家族には、一線を超えてもそれを受け止めて、翌日にはケロッとしているという弾力みたいなものがある」橋口亮輔監督、江口のりこ『お母さんが一緒』【インタビュー】

映画2024年7月12日

 親孝行のつもりで母親を温泉旅行に連れてきた長女・弥生(江口のりこ)、次女・愛美(内田慈)、三女・清美(古川琴音)の三姉妹。3人が宿の一室で母親への愚痴を爆発させているうちにエスカレート。互いをののしり合う修羅場へと発展する。そこへ清美がサ … 続きを読む

柄本時生、賀来賢人、落合モトキ「みんなで語っていた夢を実現できたことがうれしい」長年の親友同士が、掃除屋たちの人間ドラマで共演「錦糸町パラダイス~渋谷から一本~」【インタビュー】

ドラマ2024年7月12日

 テレ東にて、7月12日(金)深夜24時12分から始まる「錦糸町パラダイス~渋谷から一本~」(略称:錦パラ)は、東京・墨田区錦糸町を舞台に掃除屋たちがさまざまな人々との出会いを重ねていく人間ドラマだ。本作は、俳優の柄本時生が初プロデュースを … 続きを読む

【週末映画コラム】親子について考える映画を2本 認知症の父と息子の葛藤を描く『大いなる不在』/激しくやり合う三姉妹の家族ドラマ『お母さんが一緒』

映画2024年7月12日

『大いなる不在』(7月12日公開)  幼い頃に自分と母を捨てた父・陽二(藤竜也)が警察に捕まったという知らせを受け、久しぶりに父のもとを訪れた卓(森山未來)は、認知症で変わり果てた父と再会する。  さらに、父の再婚相手の直美(原日出子)が行 … 続きを読む

石丸幹二「捨てるものもあれば、新しく受け取るものがあるのが人生」 年を重ねたからこそ分かる役との向き合い方【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年7月11日

 「劇団四季」の看板俳優として活躍し、退団後も数々のミュージカルや舞台作品に出演し、人気を博す石丸幹二。俳優としてのみならず、「題名のない音楽会」「健康カプセル!ゲンキの時間」の司会やオーケストラコンサートをはじめとした音楽活動もこなすなど … 続きを読む

Willfriends

page top