草川拓弥(超特急)「さまざまなものにチャレンジして、学んでいきたい」 俳優としての思いを語る【インタビュー】

2022年11月5日 / 08:00

 3時のヒロイン・かなでと草川拓弥(超特急)が、W主演するドラマ「デブとラブと過ちと!」が11月7日から放送される。本作は、電子書籍サイト「コミックシーモア」で累計6千万ダウンロードを突破したオリジナルコミックが原作のドタバタラブコメディー。ビルの屋上から落下したものの、一命を取り留めた夢子が、ポジティブに生まれ変わり、恋に仕事に友情に、全力で突き進む姿を描く。夢子が恋する若手副社長・結城圭介を演じる草川に、本作の見どころや俳優としての思いなどを聞いた。

草川拓弥(超特急) (ヘアメーク:Mashino/スタイリスト:東正晃) (C)エンタメOVO

-今回は、ヒロインが恋する副社長役での出演ですが、出演が決まったときの心境を教えてください。

 率直にすごくうれしかったです。かなでさんとは、超特急の舞台で一度だけご一緒させていただいたことがあるんです。ただ、そのときはあまりお話しすることができなかったので、今回、ご一緒できることを楽しみにしていました。

-かなでさんの印象は?

 かなでさんご自身も原作者の方もおっしゃっていましたが、夢子そのままだなと思いました。すごく明るく気さくで熱心な方です。

-最初に脚本を読んだとき、どこに面白さを感じましたか。

 今回、仕事や日常生活で感じる悩みやモヤモヤ、それから夢子と結城の恋愛関係を軸にしたドラマオリジナルの展開になっています。結城の過去も登場し、ドラマならではの面白さや楽しみがあるのではないかなと思います。ただ、もちろん夢子のポジティブなせりふの数々は変わらず登場しますし、原作同様、勇気づけられる作品になっています。

-恋愛関係を軸にしているということは、キュン要素も多いんですね。

 多いと思います! ですので、ぜひ楽しみにしていただけるとうれしいです。

-結城を演じるに当たっては、どんなところを意識しましたか。

 結城は、副社長としてバリバリと仕事をしていますが、実はいろいろなことを抱えていて、人に打ち明けられずにいる状況です。そんな中、夢子と出会い、夢子のおかげでどんどん変わっていきます。ツンデレなところも多く、仕事をしているときと夢子といるときはまるっきり違う顔を見せる人物なので、そこは特に意識して演じました。

-結城に共感できるところや、自分と似ていると思うところはありましたか。

 僕は、思ったことをすぐに口に出してしまうタイプですが、そんな僕でも言えないこともあります。それは結城も同じで、いろいろと抱えながら生きているということにすごく共感できました。

-草川さんから見た夢子はどんな人物ですか。

 元気やエネルギーをもらえる人です。夢子はすごくポジティブで、明るくて、彼女を見ているだけでも周りは和むし、笑顔にもなれる。どんなときも、適した言葉をくれるすてきな女性だと思います。今回、撮影期間中、かなでさんはカットがかかっても夢子であり続けてくれたので、居心地のいい雰囲気を作ってくださいました。

-では、ラブコメディーである本作にちなんで、草川さんの理想の女性像を教えてください。

 僕は料理ができないので、おいしい料理が作れる人に引かれます。それから、目標に向かって諦めずに突き進んでいる人はすてきだなと思います。男女関係なく、何かに向かって頑張っている姿って応援したくなりますよね。その姿を見て僕も頑張ろうと思えます。

-どんな料理ができたらうれしいですか。

 料理のこだわりはないので、何でもうれしいです。しいたけが苦手なので、それが入ってなければ(笑)。

-ところで、俳優としても「超特急」としても幅広く活動している草川さんですが、芸能界を目指すきっかけは何だったんですか。

 実はこの世界には全く興味がなかったんですよ。ですが、中1の終わり頃、サッカーの練習をするために学校に向かっていたときに、突然声を掛けられてオーディションの案内が入った封筒を渡されたんです。あまりにも突然だったので、すごく怖かったんですが(笑)、それがきっかけでした。それまでこの世界に入ることを考えたこともなかったので、オーディションに行こうかどうしようか悩んだんですが、いとこがスターダスト事務所を知っていて背中を押してくれて…。それで、オーディションに行って事務所に所属することになりました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

杉野遥亮&岡崎紗絵&宮澤エマ&向井康二「ムードメーカーは向井さん」 “山岳医療ドラマ”「マウンテンドクター」4キャストが撮影現場を語る【インタビュー】

ドラマ2024年7月13日

 杉野遥亮が主演を務めるドラマ「マウンテンドクター」(カンテレ・フジテレビ系)が、毎週月曜22時から放送中だ。本作は長野県松本市を舞台に、山岳医療の現場に放り込まれた青年医師が、さまざまな思いを抱えた山岳医や患者と触れ合い、現実と向き合いな … 続きを読む

「家族には、一線を超えてもそれを受け止めて、翌日にはケロッとしているという弾力みたいなものがある」橋口亮輔監督、江口のりこ『お母さんが一緒』【インタビュー】

映画2024年7月12日

 親孝行のつもりで母親を温泉旅行に連れてきた長女・弥生(江口のりこ)、次女・愛美(内田慈)、三女・清美(古川琴音)の三姉妹。3人が宿の一室で母親への愚痴を爆発させているうちにエスカレート。互いをののしり合う修羅場へと発展する。そこへ清美がサ … 続きを読む

柄本時生、賀来賢人、落合モトキ「みんなで語っていた夢を実現できたことがうれしい」長年の親友同士が、掃除屋たちの人間ドラマで共演「錦糸町パラダイス~渋谷から一本~」【インタビュー】

ドラマ2024年7月12日

 テレ東にて、7月12日(金)深夜24時12分から始まる「錦糸町パラダイス~渋谷から一本~」(略称:錦パラ)は、東京・墨田区錦糸町を舞台に掃除屋たちがさまざまな人々との出会いを重ねていく人間ドラマだ。本作は、俳優の柄本時生が初プロデュースを … 続きを読む

【週末映画コラム】親子について考える映画を2本 認知症の父と息子の葛藤を描く『大いなる不在』/激しくやり合う三姉妹の家族ドラマ『お母さんが一緒』

映画2024年7月12日

『大いなる不在』(7月12日公開)  幼い頃に自分と母を捨てた父・陽二(藤竜也)が警察に捕まったという知らせを受け、久しぶりに父のもとを訪れた卓(森山未來)は、認知症で変わり果てた父と再会する。  さらに、父の再婚相手の直美(原日出子)が行 … 続きを読む

石丸幹二「捨てるものもあれば、新しく受け取るものがあるのが人生」 年を重ねたからこそ分かる役との向き合い方【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年7月11日

 「劇団四季」の看板俳優として活躍し、退団後も数々のミュージカルや舞台作品に出演し、人気を博す石丸幹二。俳優としてのみならず、「題名のない音楽会」「健康カプセル!ゲンキの時間」の司会やオーケストラコンサートをはじめとした音楽活動もこなすなど … 続きを読む

Willfriends

page top