円井わん「海外進出することが夢」新進気鋭の若手俳優が新感覚のタイムループ映画で主人公を好演 【インタビュー】

2022年10月12日 / 07:00

 小さな広告代理店で、休む間もなく仕事に追われる吉川朱海はある時、後輩社員から「僕たち、同じ1週間を繰り返しています!」と告げられる。週末が終わっても、再び訪れる先週と全く同じ月曜日、全く同じ1週間…。半信半疑が確信に変わる中、吉川たちはこのタイムループを抜け出す方法を探し始めるが…。どこにでもあるごく普通のオフィスを舞台にした新感覚のタイムループ映画『MONDAYS/このタイムループ、上司に気づかせないと終わらない』が10月14日から公開となる。本作で主人公の吉川を演じているのが、早くも映画主演2作目となる新進気鋭の若手俳優・円井わん。撮影の舞台裏や今後への意気込みなどを語ってくれた。

円井わん(スタイリスト:飯間千裕/ヘアメーク:MARI(SPIELEN)) (C)エンタメOVO

-本作は同じ時間を何度も繰り返す“タイムループもの”ですが、どこにでもありそうなオフィスを舞台にしている点がとてもユニークです。最初に台本を読んだときの感想はいかがでしたか。

 最初は、同じような場面が何度も繰り返されるので、どう演じたらいいのか分かりませんでした。ただ、監督から説明を受けながら撮影を進めていく中で、少しずつ違いが見えてきて、だんだんと「なるほど」と理解していった感じです。

-竹林亮監督は『恋はデジャ・ブ』(93)や『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(14)といった“タイムループもの”の映画を参考にしたそうですが、それらの作品は事前に見ましたか。

 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』は、昔見たことがありましたが、内容を完全に忘れていました。ただ、それに引っ張られるのも嫌だったので、今回は、あえて見ることはしませんでした。

-吉川を演じる上で心掛けたことは?

 「円井に戻らない」です(笑)。私はバチバチの関西人で、めっちゃお調子者で、吉川とは全然違うタイプなので、「円井」が出たら“終わり”だと思って(笑)。生真面目で上昇志向、仕事人間だけど、ちょっと他人を見下していて、一人でなんでもやろうとする…。そういう“吉川的な要素”を忘れず、よろいをかぶり続けようと。監督が、「『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(16)の石原さとみさん」というイメージを伝えてくださったので、それも参考にさせていただきました。

-完成した映画を見た感想は?

 よく分からなかったことが全部ふに落ちて、「すごい! めっちゃ面白い」と思いました。「傑作!」と言いたくなるほどで、すごくうれしかったです。撮影は、良くも悪くも「主演だから」と気負うことなく、みんなで一緒にやっていく中で、だんだんと一致団結していく感じもあって、先輩方にすごく助けてもらいました。だから、「携われてよかった」と心から思いました。

-特に気に入った点は?

 ちょっと洋画っぽい雰囲気で、テンポがすごくいいんです。音楽の使い方もすてきで。何より、キャラクターが全員立っているのが素晴らしいなと。

-おっしゃる通り、それぞれキャラが立っていて魅力的なので、出演者の皆さんの今後の活躍も楽しみになってきますね。

 そうなんです。だから、「この映画をきっかけに、皆さん活躍するんじゃないかな」って思いました。

-タイムループものに、単調な日々を繰り返す会社員の切なさが投影されていることもこの作品の特徴なので、その点に共感する人も多そうです。

 私は会社勤めをしたことがないので、そういう感覚は分からないんですけど、人とのつながりや思いやりの心、「人間は一人では生きていけない」ということを描いているところが、すごく好きで。一人一人の人間性もきちんと描かれていて、本当の吉川はこういう人で、永久部長(マキタスポーツ)はこういう人で、というものがちゃんと見えてくる。そこもすごくいいんです。

-この作品の本質を突いた話ですね。ところで、この物語は、ある人物の「長年の夢」が大きな鍵になりますが、そんなふうにいつまでも夢を持ち続けることについては、どう思いますか。

 私は「年齢に関係なく、夢を追い掛けていきたい」というタイプなので、どんどんチャレンジしたらいいと思います。たとえ、おじいちゃんやおばあちゃんでも、「今から何かやりたい!」と言えば応援しますし。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

ディズニーの人気者「くまのプーさん」がミュージカルに! 「没入感や生の迫力を楽しめる」舞台公演を福尾誠が語る【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年4月21日

 ディズニーの大人気者、くまのプーさんと仲間たち、クリストファー・ロビンが四季をめぐって楽しい冒険をする、新作ミュージカル「ディズニー くまのプーさん」が4月27日から全国10都市で上演される。等身大のパペットを役者たちが操り、すてきなセッ … 続きを読む

「光る君へ」第十五回「おごれる者たち」見どころを成立させるドラマの積み重ね【大河ドラマ コラム】

ドラマ2024年4月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。4月14日に放送された第十五回「おごれる者たち」では、藤原道長(柄本佑)の長兄・道隆(井浦新)を筆頭に、隆盛を誇る藤原一族の姿やその支配下の世で生きる主人公まひろ(吉高由里子)の日常が描かれた。 … 続きを読む

「今回は、極上のエンターテインメントを作ったつもりです」 『悪は存在しない』濱口竜介監督【インタビュー】

映画2024年4月19日

 長野県の自然豊かな高原を舞台に、代々つつましい生活を続けてきた住民の、レジャー施設の開発をめぐる生活の変化を描いた『悪は存在しない』が、4月26日から全国公開される。本作で第80回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門で銀獅子賞に輝いた … 続きを読む

【週末映画コラム】気持ちのいい人情喜劇『あまろっく』/山田太一の小説をイギリス人監督が映画化『異人たち』

映画2024年4月19日

『あまろっく』(4月19日公開)  理不尽なリストラに遭い尼崎の実家に戻ってきた39歳の近松優子(江口のりこ)は、定職に就くことなくニートのような毎日を送っていた。  ある日、「人生に起こることはなんでも楽しまな」が信条の能天気な父・竜太郎 … 続きを読む

小関裕太&岡宮来夢、念願のロミオ役に「プレッシャーも力に変えて頑張りたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年4月19日

 上演の度に大きな話題を呼ぶミュージカル「ロミオ&ジュリエット」の3年ぶり6度目の上演が決定。5月16日に東京・新国立劇場 中劇場で幕を開ける。  本作は、2001年にフランスで生まれ、世界20カ国以上で600万人以上を動員したメガヒットミ … 続きを読む

Willfriends

page top