榮倉奈々が憧れる理想の夫婦「10年後にあの時はこうだったと答え合わせできる関係がすてき」「モダンラブ・東京」【インタビュー】

2022年10月8日 / 08:00

 榮倉奈々が出演するAmazon Originalドラマ『モダンラブ・東京~さまざまな愛の形~』が10月21日からPrime Videoで世界同時独占配信される。本作は、2019年にアメリカで制作され話題を呼んだオムニバスドラマ「モダンラブ」の舞台を東京に移して描く。映画界の第一線で活躍する監督たちと俳優陣が集結し、オムニバス形式の七つの物語で構成される。榮倉が出演するのは、そのエピソード2となる「私が既婚者と寝て学んだこと」が、マッチングアプリでの出会った見知らぬ男性たちとその場限りの関係を結んでいくうちに、自分でも気付かなかった本心に向き合っていく姿を描く。

榮倉奈々(ヘアースタイリスト:KENICHI for SENSE OF HUMOUR/メーク:松井里加(A.K.A.)/スタイリスト:MIYUKI UESUGI for SENSE OF HUMOUR) (C)エンタメOVO

-多様な価値観や愛を描いた本作に出演を決めたときの思いを聞かせてください。

 もともとアメリカで制作された「モダンラブ」のファンでした。なので、その作品の日本版だということと、(エピソード2を)廣木隆一監督が撮影されるということでぜひ出演したいと思いました。この作品をご覧になって、皆さんがどんな感想を持つのか、とても気になっています。感想を聞ける機会があればいいなと思いながら過ごしています。

-廣木監督とは、映画『娚の一生』など、多数の作品で一緒に仕事をしていますね。

 監督とは、19歳の頃に初めてお仕事させていただいて、それからはオリンピックのように数年に一回、定期的にご一緒させていただいています。声を掛けていただけることはとてもうれしいのですが、初めてご一緒したときは、怖くて仕方ありませんでした(笑)。監督は、(撮影現場で)役者に「今のせりふ、どんな気持ちで言ったの? 何でそこに立っているの?」と問いかけるときがあって…。それを怖いと思っていたのですが、だんだんと、それは言葉がストレートで、ストイックなんだと気付いてからは、とても愛情深い方だと感じるようになりました。今回もどんな気持ちなのかは聞かれましたが、今はもうはっきりと伝えられるようになりました(笑)。

-加奈を演じる上で意識したことは?

 加奈さんはとても理論的で、思考の道筋を作るのが得意な人という印象を受けたので、そういう人物に映ったらと思って演じました。私自身も理論で頭の中を整理するのが好きなのですが、逆にそれに苦しめられることもあって、「こうした方がいい。こうなるべきだ」という思いにとらわれてしまうことがあります。なので、そういう癖があることを理解して、本当の気持ちがどこにあるのかを自分に問いただす訓練や鍛錬が必要だと思っています。加奈さんも、この物語の中で自分の気持ちはどこにあるのかという“旅”に出ていると感じました。(加奈は)とても好奇心旺盛ですし、ポジティブで、前向きな気持ちを感じられたので、活力ある女性と感じました。

-加奈を演じたことで、榮倉さんの価値観に変化はありましたか。

 この作品は、ニューヨークタイムズの人気コラム「モダンラブ」に投稿された一般読者の実体験を基に作られているのですが、(エピソード2の基になった)その投稿を読むと、時間の流れを一緒に経験することが、人と人とのつながりになるんだと勉強になりました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【週末映画コラム】人類初の月面着陸を描いた“変化球映画”『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』/1人の少女の恐るべき妄想を描いた『あのコはだぁれ?』

映画2024年7月19日

『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』(7月19日公開)  1969年、人類初の月面着陸を目指す国家的プロジェクト「アポロ計画」の開始から8年が過ぎ、アポロ11号の発射が迫っていたが、失敗続きのNASAに対して米国民の関心は薄れつつあった。   … 続きを読む

杉野遥亮&岡崎紗絵&宮澤エマ&向井康二「ムードメーカーは向井さん」 “山岳医療ドラマ”「マウンテンドクター」4キャストが撮影現場を語る【インタビュー】

ドラマ2024年7月13日

 杉野遥亮が主演を務めるドラマ「マウンテンドクター」(カンテレ・フジテレビ系)が、毎週月曜22時から放送中だ。本作は長野県松本市を舞台に、山岳医療の現場に放り込まれた青年医師が、さまざまな思いを抱えた山岳医や患者と触れ合い、現実と向き合いな … 続きを読む

「家族には、一線を超えてもそれを受け止めて、翌日にはケロッとしているという弾力みたいなものがある」橋口亮輔監督、江口のりこ『お母さんが一緒』【インタビュー】

映画2024年7月12日

 親孝行のつもりで母親を温泉旅行に連れてきた長女・弥生(江口のりこ)、次女・愛美(内田慈)、三女・清美(古川琴音)の三姉妹。3人が宿の一室で母親への愚痴を爆発させているうちにエスカレート。互いをののしり合う修羅場へと発展する。そこへ清美がサ … 続きを読む

柄本時生、賀来賢人、落合モトキ「みんなで語っていた夢を実現できたことがうれしい」長年の親友同士が、掃除屋たちの人間ドラマで共演「錦糸町パラダイス~渋谷から一本~」【インタビュー】

ドラマ2024年7月12日

 テレ東にて、7月12日(金)深夜24時12分から始まる「錦糸町パラダイス~渋谷から一本~」(略称:錦パラ)は、東京・墨田区錦糸町を舞台に掃除屋たちがさまざまな人々との出会いを重ねていく人間ドラマだ。本作は、俳優の柄本時生が初プロデュースを … 続きを読む

【週末映画コラム】親子について考える映画を2本 認知症の父と息子の葛藤を描く『大いなる不在』/激しくやり合う三姉妹の家族ドラマ『お母さんが一緒』

映画2024年7月12日

『大いなる不在』(7月12日公開)  幼い頃に自分と母を捨てた父・陽二(藤竜也)が警察に捕まったという知らせを受け、久しぶりに父のもとを訪れた卓(森山未來)は、認知症で変わり果てた父と再会する。  さらに、父の再婚相手の直美(原日出子)が行 … 続きを読む

Willfriends

page top