坂本真綾「まさかこのような展開が待っているとは夢にも思わなかった」 約9年ぶりのMCU作品参加で感じた驚きと喜び 映画『ソー:ラブ&サンダー』【インタビュー】

2022年7月6日 / 07:00

 アベンジャーズメンバー唯一の単独シリーズ4作目『ソー:ラブ&サンダー』が7月6日から公開される。『アベンジャーズ/エンドゲーム』の激闘の後、ガーディアンズとチームを組み、宇宙へと旅立ったソー(クリス・ヘムズワース)は、多くの人々の死に傷つき、戦いは止めようと心に決める。ところが、神殺しのゴア(クリスチャン・ベール)が神々の全滅を目指していると知り、地球に戻る。ニュー・アスガルドを襲撃するゴアに、ソーとヴァルキリー(テッサ・トンプソン)が応戦するが、そこへ突如もう一人のマイティ・ソーが参戦する。それは、ムジョルニアによって力を得た元恋人のジェーン・フォスター(ナタリー・ポートマン)だった。

 予告編でたくましくマイティ・ソーの武器、ムジョルニアを振りかざしていたソーの元恋人ジェーンの吹き替えを担当した坂本真綾に、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』以来の出演となる本作への期待や、俳優としての心掛け、長年吹き替えを担当してきたポートマンの印象などを聞いた。

ナタリー・ポートマンの吹き替えをした坂本真綾

-『ソー:ラブ&サンダー』の日本語吹き替え版の声優続投の第一報を聞いたときの気持ちを聞かせてください。

  2作目のラストで2人はハッピーエンドで終わったと思ったのに、(前作の)「バトルロイヤル」の中のせりふで、別れたと語られていたのでとても残念に思っていました。私自身、ソーとジェーンのカップルが大好きだったんです。もうジェーンが登場することもないんだろうなあと思っていたので、この『ラブ&サンダー』の予告を見たときは、本当にびっくりしました。普通の人間だったジェーンがまさかのヒーロー・マイティ・ソーになって再登場!? 一体どんな再会になるんだろうとワクワクしました。どういう経緯で彼女がムジョルニアを握って戦うことになるのか、意外過ぎて全く想像できませんでしたが、再びジェーン役を演じる機会を頂けて私もすごくうれしかったです。

-ジェーンはシリーズ2作目以来の登場になります。収録までに準備したことなどはありますか。

 1作目と2作目を改めて見直してみたんですが、ジェーンにとってソーがどんなに特別な存在だったかを再確認したので、一体どうして別れてしまったのか、2人にその後何があったのかを知りたいなあと思ったりしました。

-これまでのジェーンと本作のジェーンで演技を変更した点などはありましたか。

 年月を経て、年齢も重ねていますし、キャリアも順調のようで世界中の尊敬を集める有名な科学者になっていました。落ち着いた大人の雰囲気をまとっていたので、そういう変化が自然に出せればいいなと思いました。一方で、今の彼女はある葛藤を抱えていて、他の人には見せない弱い一面も描かれています。そんな彼女の揺れ動く心情に寄り添いたいなと思いました。

-アニメや吹き替え、ナレーションなどの現場で心掛けていることはありますか。

 吹き替えの場合は、すでに映像の中で演じている俳優さんがいるので、表情やせりふの言い方、体の使い方などを観察して、できる限り意図をくみ取って、寄り添いたいなと思って取り組んでいます。自分がどう演じたいかというよりも、オリジナルの俳優さんがどのように感じていたのだろうかと想像しながら、日本語に置き換えていくようなイメージです。

-ジェーンといえば、すらっとしたとても美しい女性というイメージでしたが、本作のムジョルニアを持ち上げるたくましい姿のジェーンはいかがでしたか。

 ジェーンはデータや数値とにらめっこしている頭脳派のイメージでしたから、ムジョルニアを手にどんどん敵を倒していくパワフルな彼女がすごく意外で、新鮮でした。マイティ・ソーの姿であるときは、髪形やメークなども普段のジェーンとはずいぶん違っていて、よりゴージャスな雰囲気でしたね。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

岡山天音が掲げる信念「楽しいと思いながらやっていても行き着ける場所はいっぱいある」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年8月8日

 2009年にTVドラマ「中学生日記」の転校生シリーズ「少年は天の音を聴く」で俳優デビューした岡山天音。以降、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」など、映画やドラマに多数出演し、映画『キングダム2 遙かなる大地』では尾兄弟の兄・尾平役を演じた。 … 続きを読む

新納慎也「全成は、ただ実衣を愛していただけの男」宮澤エマ「実衣と全成は“共犯者”のような感じ」権力闘争に翻弄された夫婦の愛 「鎌倉殿の13人」

ドラマ2022年8月7日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。8月7日放送の第30回「全成の確率」では、源頼朝(大泉洋)の弟で、主人公・北条義時(小栗旬)の妹・実衣の夫でもあった阿野全成が、幕府内の権力闘争に巻き込まれた末、悲運の最期を遂げた。これに関連 … 続きを読む

「鎌倉殿の13人」第29回「ままならぬ玉」 物語に新鮮な緊張感をもたらす若手俳優陣の活躍【大河ドラマコラム】

ドラマ2022年8月6日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。7月31日放送の第29回「ままならぬ玉」では、梶原景時(中村獅童)亡き後、北条家と比企家が権力争いを繰り広げるさまと、その間で自らの在り方に苦悩する2代目鎌倉殿・源頼家(金子大地)の姿が描かれ … 続きを読む

醍醐虎汰朗&黒羽麻璃央が語る野球愛「野球を通して、一生付き合える仲間たちと出会える」【インタビュー】

映画2022年8月6日

 高校球児たちの知られざる日常と生態をリアルに描いた伝説的コミックを映画化した『野球部に花束を』が、8月11日から公開される。本作は、全ての青春を野球部に捧げた、球児たちの熱過ぎる汗と涙の“時代逆行型”エンターテインメント。青春をおう歌しよ … 続きを読む

鈴木福、「もう子役じゃないんだから」の言葉で目覚めた俳優としての自覚【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年8月5日

 子役時代から数々のドラマや映画で活躍してきた鈴木福。6月17日に、18歳の誕生日を迎え、“新成人”となった。そんな鈴木が、本格的ストレートプレーに初挑戦する舞台「きっとこれもリハーサル」が9月29日から開幕する。舞台出演への意気込みや本作 … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top