【インタビュー】本田望結、18才“新成人”を迎え「大人」への思い「小さい頃から両親ではなく自分が責任を取りたいと思ってた」 映画『きさらぎ駅』で初の女子高生役

2022年6月21日 / 08:00

-その自立心が芽生えるきっかけやタイミングはあったのでしょうか。

 4歳の頃からこのお仕事をしていて、大人の方と話をする機会が多かったですし、両親も何でも手伝ってくれるタイプではなくて「自分で」というような育て方をしてくれているので、小さい頃から兄妹で力を合わせて行動することが多かったです。

-劇中で明日香は、母親に言われた言葉を心に留めて行動しますが、本田さん自身は決断や行動をするときに指針になっている、ご両親に掛けられた言葉はありますか。

 「いつ何が起こるか分からないから、『はい、今日であなたの人生、今ここでおしまい』と言われても、何も後悔がないようにやり切った、今日は楽しかったと言えるように、毎日丁寧に行動しなさい」という、両親の言葉はいつも心に留めています。いつ言ってもらったのかが分からないぐらい、小さい頃から頭の中にある言葉なのですが、以前、兄妹と話したときに、みんながこの言葉を知っていたので、私たちが小さいときに両親がそうやって教えてくれていたのだなと思います。

-18才になってやってみたいことは? 今後の目標も教えてください。

 お芝居の仕事もフィギュアスケートも、大学生になっても続けていたいなという目標があるので、今の状態を続けていくためには、現状維持ではなく進化していかないといけないなと思います。18才になってやってみたいことは、賃貸物件に興味があるので、自分が決めたおうちを借りて、両親を招待してみたいなという夢があります。

-最後に、改めて映画の見どころを教えてください。

 ホラー感が強くて怖い部分だけでなく、究極に追い込まれたときの人の裏の顔や裏切り、そういうものも詰まっているので、ぜひ劇場に見に来てもらえたらなと思います。

(取材・文・写真/小宮山あきの)

(C)2022「きさらぎ駅」製作委員会

 

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第二十回「望みの先に」伊周、詮子、道長…藤原一族に見るキャラクター表現の見事さ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年5月25日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。5月19日に放送された第二十回「望みの先に」では、藤原伊周(三浦翔平)&隆家(竜星涼)兄弟が花山院(本郷奏多)に矢を射かけた不祥事(長徳の変)をめぐる内裏でのやり取りと、主人公まひろ(吉高由里子 … 続きを読む

磯村勇斗「新たな『演じ屋』になるのでは、とワクワクしました」奈緒とダブル主演を務めるヒューマンストーリー第2弾がスタート! 連続ドラマW-30「演じ屋 Re:act」【インタビュー】

ドラマ2024年5月24日

 2021年7月からWOWOWで放送・配信され、大好評を博したオリジナルドラマ「演じ屋」に続く第2弾「演じ屋 Re:act」(全7話)が5月24日から放送・配信スタートとなる。依頼された役になり切る仕事を生業とする演じ屋ファミリーが、演じる … 続きを読む

仲野太賀 出征前のデートシーンは「撮影後二、三日は、悲しすぎて台本が読めませんでした」 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

ドラマ2024年5月24日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。5月24日放送の第40回では、戦時下を生きるヒロイン・佐田(猪爪)寅子(伊藤沙莉)たちにもその影が忍び寄り、ついに夫の優三が出征することになった。優三を演じる仲野太賀が、出征前の寅子とのデート … 続きを読む

奈緒「『演じ屋』は自分のホームグラウンド」磯村勇斗とダブル主演を務めるヒューマンストーリーへの思い 連続ドラマW-30「演じ屋 Re:act」【インタビュー】

映画2024年5月24日

 2021年7月からWOWOWで放送・配信され、大好評を博したオリジナルドラマ「演じ屋」に続く第2弾「演じ屋 Re:act」(全7話)が5月24日から放送・配信スタートとなる。依頼された役になり切る仕事を生業とする演じ屋ファミリーが、演じる … 続きを読む

【週末映画コラム】問題作を2本 テーマは傍観者的な虐殺『関心領域』/石原さとみが鬼気迫る演技を披露する『ミッシング』

映画2024年5月24日

『関心領域』(5月24日公開)  本作は、ホロコーストや強制労働によりユダヤ人を中心に多くの人々を死に至らしめたアウシュビッツ強制収容所の隣で平和な生活を送る、収容所所長ルドルフ・ヘス(クリスティアン・フリーデル)一家の日々の営みを描く。 … 続きを読む

Willfriends

page top