【インタビュー】本田望結、18才“新成人”を迎え「大人」への思い「小さい頃から両親ではなく自分が責任を取りたいと思ってた」 映画『きさらぎ駅』で初の女子高生役

2022年6月21日 / 08:00

-その自立心が芽生えるきっかけやタイミングはあったのでしょうか。

 4歳の頃からこのお仕事をしていて、大人の方と話をする機会が多かったですし、両親も何でも手伝ってくれるタイプではなくて「自分で」というような育て方をしてくれているので、小さい頃から兄妹で力を合わせて行動することが多かったです。

-劇中で明日香は、母親に言われた言葉を心に留めて行動しますが、本田さん自身は決断や行動をするときに指針になっている、ご両親に掛けられた言葉はありますか。

 「いつ何が起こるか分からないから、『はい、今日であなたの人生、今ここでおしまい』と言われても、何も後悔がないようにやり切った、今日は楽しかったと言えるように、毎日丁寧に行動しなさい」という、両親の言葉はいつも心に留めています。いつ言ってもらったのかが分からないぐらい、小さい頃から頭の中にある言葉なのですが、以前、兄妹と話したときに、みんながこの言葉を知っていたので、私たちが小さいときに両親がそうやって教えてくれていたのだなと思います。

-18才になってやってみたいことは? 今後の目標も教えてください。

 お芝居の仕事もフィギュアスケートも、大学生になっても続けていたいなという目標があるので、今の状態を続けていくためには、現状維持ではなく進化していかないといけないなと思います。18才になってやってみたいことは、賃貸物件に興味があるので、自分が決めたおうちを借りて、両親を招待してみたいなという夢があります。

-最後に、改めて映画の見どころを教えてください。

 ホラー感が強くて怖い部分だけでなく、究極に追い込まれたときの人の裏の顔や裏切り、そういうものも詰まっているので、ぜひ劇場に見に来てもらえたらなと思います。

(取材・文・写真/小宮山あきの)

(C)2022「きさらぎ駅」製作委員会

 

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「鎌倉殿の13人」第24回「変わらぬ人」源範頼と大姫、2人の悲劇から考察したサブタイトルの意味

ドラマ2022年6月25日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。6月19日に放送された第24回「変わらぬ人」では、源頼朝(大泉洋)の弟・範頼(迫田孝也)と娘の大姫(南沙良)の死という一見、無関係な二つの悲劇が、三谷幸喜の巧みな脚本で一つのドラマにまとめ上げ … 続きを読む

横山だいすけ、歌のお兄さんを卒業後も「歌が好きで、子どもが好きだという思いは一生変わらない」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年6月25日

 NHK Eテレ「おかあさんといっしょ」の第11代目歌のお兄さんを2017年まで務め、絶大な人気を誇った横山だいすけ。歌のお兄さんを卒業後は、数々のテレビ番組やミュージカルを中心に幅広い活動を続けている。7月25日から上演される、ミュージカ … 続きを読む

『神は見返りを求める』吉田恵輔監督「自分は何か欠けているものが好きなんだなと」映画界注目の監督がYouTuberの世界を描く異色のラブストーリーに込めた思い【インタビュー】

映画2022年6月23日

 底辺YouTuberのゆりちゃん(岸井ゆきの)と彼女を献身的に支える中年男性・田母神(ムロツヨシ)。信頼で結ばれていた2人の関係が、壮絶な愛憎劇に発展するさまをシニカルでポップなタッチでつづった『神は見返りを求める』が6月24日から公開さ … 続きを読む

ハリウッドのお気楽映画が帰ってきた『ザ・ロストシティ』【映画コラム】

映画2022年6月22日

『ザ・ロストシティ』(6月24日公開)  恋愛小説家のロレッタ(サンドラ・ブロック)は、新作のロマンチックな冒険小説の宣伝イベントに駆り出されるが、主人公のイメージで、小説の表紙を飾るセクシーなモデル、アラン(チャニング・テイタム)の軽薄な … 続きを読む

“バズ・ライトイヤー”は、なぜ世界中の人々から愛されるのか? 監督が着目した「トイ・ストーリー」シリーズで、バズが一番面白い瞬間とは【独占ニュース】

映画2022年6月18日

 世界中の観客を感動の渦に包み込んできたディズニー&ピクサーの「トイ・ストーリー」シリーズの人気キャラクター・バズの原点を描く『バズ・ライトイヤー』が7月1日(金)から公開される。  “おもちゃのバズ”は、実はアンディの大好きな映画の主人公 … 続きを読む

amazon

page top