【インタビュー】ドラマ「恋なんて、本気でやってどうするの」広瀬アリス 胸キュンシーンの撮影は「本当に恥ずかしかった」

2022年4月11日 / 08:00

 広瀬アリスと松村北斗が出演するドラマ「恋なんて、本気でやってどうするの」が、4月18日からカンテレ・フジテレビ系全国ネットで放送開始となる。本作は、“恋なんて、人生のムダ!”と宣言する27歳のこじらせ女子・桜沢純(広瀬)や、“来るものは拒まず去るものは追わず”の危険なイケメン・長峰柊磨(松村)ら、6人の男女が、人生最大の“本気の恋”に落ちていく群像ラブストーリー。恋愛経験ゼロの純を演じる広瀬に、本作の魅力や撮影時の思い出、さらには理想のタイプについて聞いた。

桜沢純役の広瀬アリス (C)エンタメOVO

-本作は本格的なラブストーリーです。最初に台本を読んだときにどんな感想を持ちましたか。

 これまでも「あまり恋愛に前向きになれない」という登場人物はいたと思いますが、ここまで強く、「恋愛は要らない」と言っている子はあまり見たことがなかったので、まずそこが面白いと思いました。特に、第1話では仕事や好きなことなど生きがいを持っている、一見すると強い女性として純が描かれているので、きっと女性の皆さんは共感できるところもあると思います。27歳という年齢は、ちょうどいろいろなことを考える時期だと思います。同級生に子どもが生まれたりもして、変化のある年齢だと思うので、純がそうしたさまざまなことに頭を悩ませたり、それでも素直になれなかったりする姿は共感できる部分がたくさんありました。

-撮影中は、どのように純を演じたいと思っていましたか。

 物語の最初は特に、見かけだけでも強い女性であろうと思いました。序盤に、女子会のガールズトークでパーソナルな部分を話すシーンが出てきますが、そういったシーンも含めて、「完全に自立している強い女性」を描けたらいいなと思って演じています。その後に、柊磨と出会うことによって、少しずつ弱さを出していければと。

-本作は「共感できる作品」ということですが、女性同士の友人関係という点でも、共感できるところはありましたか。

 女子ってまさにあの感じだと思います(笑)。私も、10代のころからの友人には “ぶっちゃけトーク”をしています。先ほどお話しした、序盤の女子会シーンは、皆、探り探り撮影をしていたと思いますが、だんだんといいペースができてきて、その感覚も新鮮でした。

-では、男性視聴者にはどんなところを注目してもらいたいですか。

 ムズムズしてもらいたいです(笑)。「なんでそっちにいっちゃうの?」って。それと、ラブストーリーではありますが、仕事や人間関係についても描かれているので、恋愛以外の要素も楽しめると思います。展開が早く、スピード感があって、いろいろな事件が勃発するので、きっと楽しんで見ていただけると思います。

-柊磨役の松村さんとは9年ぶりの共演になりますが、久しぶりの共演で昔と変わっているところはありましたか。

 もちろんお互い大人になったなとは思います。ただ、いい意味で変わっていないところもたくさんあったので話しやすかったです。北斗くんは柊磨の雰囲気にぴったりで、初めて本読みをしたときに、目の前で北斗くんのせりふを聞いて、「あっ! 柊磨だ」って。柊磨が本当にいたらこんな感じなんだなというのが想像できたので、すごくありがたかったです。

-本作は、胸キュンシーンも満載ですね。

 本当に恥ずかしかったです(笑)。顔が真っ赤になってしまったり、笑い出してしまったりして、NGもたくさん出してしまい、迷惑を掛けてしまいました。でも、頑張りましたので、ぜひ見ていただけると(笑)。

-現場の雰囲気はいかがでしたか。

 同世代の方が多く一緒のシーンも多かったので、面白かったです。恋愛ドラマなので、現場では自然と好きなタイプや、何フェチかという話になるんです(笑)。「どんなタイプが好き?」って聞いたら「一緒に踊ってくれる人」って答える人がいたり、「歯並び」のフェチだという人がいたから、きれいな歯並びが好きなのかと思ったら「ガタガタな人がいい」って言ってたり(笑)。ドラマさながらの女子トークで盛り上がっていました。

-ちなみに広瀬さんは何フェチですか。

 私は特にないんです。でも、街中を歩いていて、背が高い人がいるとスッと見てしまうということはあります。

-では、本作に登場する、たくさんの個性的な男性の中で、広瀬さんが恋愛対象として見て一番タイプだと思う人は?

 それ、現場でも話しました(笑)。満場一致で大津くん(戸塚純貴)です。大津くんは、「安心安全」というキャッチフレーズがついている男の子なのですが、現場でも(共演者皆で)「恋愛に刺激なんていらない!」「もう落ち着きたいよ」って話していました(笑)。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

The Brow Beat「底が見えないバンドでありたい」 Major 1st Album「404」を引っさげたツアー開催中【インタビュー】

音楽2022年5月20日

 PENICILLIN「HAKUEI」とのツインボーカル&トータルプロデュースにより、俳優・佐藤流司がアーティスト「Ryuji」として結成したバンドプロジェクト「The Brow Beat」。5月6日からはThe Brow Beat Liv … 続きを読む

【インタビュー】映画『ハケンアニメ!』小野花梨 「カムカムエヴリバディ」のきぬちゃんから天才アニメーター役へ! 俳優業で大切にしているのは「他の人と自分を比べないこと」

映画2022年5月20日

 直木賞作家・辻村深月の同名ベストセラー小説を原作に、テレビアニメの制作に情熱を注ぐクリエーターたちの奮闘を描いた『ハケンアニメ!』が5月20日から全国公開となる。本作で“神作画の天才アニメーター”並澤和奈を演じるのは、NHKの連続テレビ小 … 続きを読む

【映画コラム】創作活動に共通する苦悩や喜び、そして熱気を描いた『大河への道』『ハケンアニメ!』

映画2022年5月19日

『大河への道』(5月20日公開)  立川志の輔の創作落語「伊能忠敬物語 大河への道」を、中西健二監督、森下圭子の脚本で映画化。企画兼任の中井貴一をはじめ、松山ケンイチ、北川景子らが、二つの時代で一人二役を演じ、現代を舞台に繰り広げられる大河 … 続きを読む

【映画コラム】『シン・ゴジラ』に続いて、舞台を現代社会に置き換えて再構築した『シン・ウルトラマン』

映画2022年5月16日

 「禍威獣(カイジュウ)」と呼ばれる謎の巨大生物が次々と現れ、その存在が日常になった日本。通常兵器が通じない禍威獣に対応するため、政府は、班長の田村君男(西島秀俊)、作戦立案担当官の神永新二(斎藤工)、非粒子物理学者の滝明久(有岡大貴)、汎 … 続きを読む

櫻井海音「俳優は目指そうと思って始めたわけではなかった」舞台「鎌塚氏、羽を伸ばす」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年5月14日

 2011年から定期的に上演している人気舞台シリーズ「鎌塚氏シリーズ」の第6弾となる新作M&Oplaysプロデュース「鎌塚氏、羽を伸ばす」が7月17日から上演される。本作は、「完璧なる執事」として名高い・鎌塚アカシ役でシリーズ第1弾から主演 … 続きを読む

amazon

page top