【インタビュー】映画『アダムス・ファミリー2 アメリカ横断旅行!』生瀬勝久「盛りだくさんの『家族あるある』を笑い飛ばせるすてきな映画」日本語吹き替えで再びはまり役に挑戦!

2022年2月4日 / 13:50

 あのキモカワなモンスター一家が帰ってきた! 大人気アニメーションの第2弾『アダムス・ファミリー2 アメリカ横断旅行!』が全国公開中。思春期を迎え、ナイーブになった長女ウェンズデーを心配したアダムス家の大黒柱ゴメズは、家族の絆を深めようと、キャンピングカーでアメリカ横断旅行に出発。しかし、個性派ぞろいのアダムス一家は、行く先々で騒動を巻き起こす。その上、ウェンズデーに怪しい人物が近づいてきて…。シニカルなギャグとテンポのいいアクション満載でスカッとすること必至の痛快作だ。前作に引き続き、日本語吹き替え版でゴメズの声を担当する生瀬勝久が、映画の見どころや吹き替えの舞台裏を語ってくれた。

日本語吹き替え版でゴメズの声を担当した生瀬勝久

-2020年9月に前作が公開されてから2年もたたずに続編の公開となりました。再度、吹き替えに挑戦した感想は?

 シリーズなので、「1作目をやったのに、2作目に出られなかったら嫌だな」と思っていました(笑)。でも、こんなに短いスパンで続編ができて、誰一人欠けることなく吹き替えができるのも珍しいですよね。物語も、よりリアリティーが感じられるものになっていて、家族の在り方は世界共通なんだなと。

-どんなところにリアリティーを感じましたか。

 娘の思春期や家族旅行のいろいろなアクシデントが描かれている点です。前作は、(ゴメズの息子の)パグズリーの“成年への儀式”が物語の中心でしたけど、日本ではあまりなじみがありませんよね。でも今回は、「家族の不協和音」みたいなものが題材なので、より身近になっているなと。

-今回、アダムス・ファミリーは全米横断の家族旅行に出掛けますが、思春期を迎えた長女ウェンズデーをゴメズが心配したことがそのきっかけになるのも…。

 それも、どこの家庭でも同じじゃないでしょうか。うちもそうですし、「家族旅行」というのは、ちょっと煮詰まっているんじゃないかなとか、ガス抜きとか、そういうことがきっかけになると思うんです。行った先で、またけんかをするんですけど(笑)。そういうところもリアルで。

-特にコロナ禍の今は、家族でコミュニケーションを取る機会が増え、それによる不協和音みたいなものも増えている気がしますし、旅行にも行きづらい状況です。ある意味、今の世の中を反映したような映画ですね。

 その辺は絶対に意識していると思います。今回のコロナ禍で家族の集まる機会が増えましたけど、今までお父さんは働きに出ていて距離があったのに、それが近くなったことでぎくしゃくするのは、どこの家族にもあることだと思います。そんな「家族あるある」が盛りだくさんで、それを笑い飛ばせるすてきな映画じゃないかなと。

-確かにそうですね。では、生瀬さんが考える『アダムス・ファミリー』という作品の魅力は?

 シニカルでブラックなところがすごく好きです。アニメーションだからといって、必ずしも夢のような世界ばかりでなく、現実の怖さや人間の汚い部分も含めて描いているところが「いいな」と。「人はこう生きるべき」とか「正義」みたいなことを声高に訴えないところも気に入っています。「正義」はそういう中から自分で見つければいいんじゃないかな、と僕は思っているので。汚い部分も含めて人間ですから、きれいごとばかり言うよりも、ちょっとぐらい毒を吐いておかないと(笑)。

-おっしゃることはよく分かります。さらに伺いますが、生瀬さんがこの『アダムス・ファミリー』で吹き替えに挑戦する一番のモチベーションはなんでしょうか。

 キャラクターを演じる楽しさです。それは紛れもなく、僕が一番やりたいことなので。そういう意味では、ゴメズの日本語をうまくなじませることが、僕の仕事だと思っています。表情も動きも決まっているので大変ですけど、このアニメーションが違和感なく、日本語でしゃべっていると思わせたら「こっちの勝ち!」です(笑)。

-映画を見ていると、日本語でも全く違和感がありません。

 ただ、僕には声優んのようなテクニックはありませんから、僕がやる意味は、やっぱり気持ちの作り方にあるのかなと。だから、ゴメズの立場と性格を自分の中で整理し、ゴメズがどういう気持ちなのか、ということを大事にして、この作品の中のゴメズをどう表現するかということを終始徹底しました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第二十四回「忘れえぬ人」“忘れえぬ人”への思いに突き動かされる人々のドラマ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月16日に放送された第二十四回「忘れえぬ人」では、思いがけない藤原宣孝(佐々木蔵之介)からの求婚と宋人の周明(松下洸平)への思いの間で揺れる主人公まひろ(吉高由里子)を中心に、さまざまな人間模 … 続きを読む

【週末映画コラム】70年代にこだわった『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』/とにかく草笛光子が素晴らしい『九十歳。何がめでたい』

映画2024年6月21日

『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』(6月21日公開)    1970年、米マサチューセッツ州にある全寮制の寄宿学校。生真面目で皮肉屋で学生や同僚からも嫌われている独身教師のポール(ポール・ジアマッティ)は、クリスマス休 … 続きを読む

森公美子、「天使にラブ・ソングを…」は「心の成長を描いたストーリー」 ブロードウェー来日版の上演に「本物に触れていただきたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月20日

 ウーピー・ゴールドバーグ主演の大人気コメディー映画『天使にラブ・ソングを…』を原作としたミュージカルの来日版、ブロードウェイ・ミュージカル「天使にラブ・ソングを…(シスター・アクト)」が7月3日から上演される。ウーピー・ゴールドバーグ自身 … 続きを読む

Matt「自分が自然のままの自分でいられるのが音楽」 吹奏楽部での経験から学んだこと【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月19日

 7月28日から上演される、パフォーマンスショー「blast ブラスト!」のスペシャルサポーターに、タレント・アーティストのMattが就任。幼少期からピアノとバイオリンを習い、中学・高校では吹奏楽部に所属するなど、豊富な音楽経験を持つMat … 続きを読む

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

Willfriends

page top