【インタビュー】映画『エターナルズ』 キンゴ役日本版声優・杉田智和「常に別の未来やリスクを考えて活動しています」

2021年11月25日 / 06:18

 アベンジャーズに続く、新たなヒーローチーム・エターナルズ。『アベンジャーズ/エンドゲーム』(19)後の世界を舞台に、10人のヒーローが人類の危機へ立ち向かう映画『エターナルズ』が全国公開中だ。本作で、映画スターの顔を持つ陽気な戦士・キンゴ(クメイル・ナンジアニ)の日本版声優を担当した杉田智和にキンゴの魅力や声優としての考えなどを聞いた。

キンゴの日本版声優を担当した杉田智和

-今回、杉田さんが演じたキンゴの第一印象を教えてください。

 初めて映像を見たときに、キンゴについては、“華やかな世界にいる明るい男”という印象を受けました。ただそれだけではなくて、仲間たちと意見が対立したとき、場の空気が重くよどんだときに、彼はその場の空気が軽く、明るくなるような発言や立ち居振る舞いをしているんです。そんなさりげない心遣いができる男だと思いました。

-もし、杉田さんが究極の選択を迫られたとしたらどのような行動を取るのでしょうか。

 自分は何かを選択するとき、常に別の未来やリスクというのを想像しながら活動しています。そういったことを想定しておかないと立ち回れないかなって思います。挑戦することへのためらいや、失敗することへの恐怖というのは日に日に増してきていて、それでも失敗しないためにはどうしたらいいかと。うまくいかなかったときの自分を想像できないと、自身の選択が納得いかないものになってしまう、というのは声優の道を志したときから思っていました。

-デビュー前から現在までということは、随分長い期間考えているのですね。

 例えば、夢がかなわなかったときの自分を想像できないと、人生で挫折を経験する役がきたときにどうやって演じたらいいのか分かりません。うまくいかなかったときや、自分の選択とは異なる未来も想像できないと自分の仕事は成り立たないと思っています。役者を続けられなくなったとしたら、地元に帰って何をするか、常に考えていた時期があったのですが、それが役作りに生きたこともありました。

-これまでの経験で役に立ったことを具体的に教えてください。

 アルバイトの経験です。僕は、昔工場でアルバイトをしていたんですけど、たまたま同じようにキャラクターが工場で働くシーンを演じることがありまして。そのときの経験が役に立ちました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】懐かしさと新しさが混在する摩訶不思議な世界が現出する『ラストナイト・イン・ソーホー』

映画2021年12月9日

 『ベイビー・ドライバー』(17)のエドガー・ライト監督によるタイムリープ・ファンタジーホラー『ラストナイト・イン・ソーホー』が12月10日から公開される。全編に流れる、1960年代のブリティッシュ・ポップスが聴きものだ。  60年代に憧れ … 続きを読む

【インタビュー】舞台「大阪環状線 大正駅編」阿部純子 初舞台に向けて「自分のできることを一つずつ丁寧にやっていきたい」

舞台・ミュージカル2021年12月8日

 「大阪環状線 大正駅編 愛のエイサー プロポーズ大作戦」が12月11日から大阪松竹座で上演される。本作は、大阪環状線の各駅を舞台に、恋愛、友情、家族愛などのさまざまな人間ドラマが詰まった関西テレビ制作のテレビドラマ「大阪環状線」の舞台化第 … 続きを読む

渋沢栄一と慶喜の最後のシーンは「同志として、役を超えたところで吉沢亮くんとお芝居ができた気がします」草なぎ剛(徳川慶喜)【「青天を衝け」インタビュー】

ドラマ2021年12月5日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「青天を衝け」。12月に入り、いよいよ物語は最終盤を迎える。ここまで、主人公・渋沢栄一(吉沢亮)と共に物語を盛り上げてきたのが、江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜だ。将軍を退いた後は静かに隠居生活を送る慶喜だが、栄 … 続きを読む

【コラム】ビッグネームがそろった2022年の正月映画を一挙紹介!

映画2021年12月4日

 間もなくお正月映画のシーズンが到来。そこで、注目作をまとめてみた。この秋の映画興行はハリウッド映画の完全復活を印象づけたが、お正月のラインアップも負けていない。人気シリーズやテレビドラマの映画化など今冬もブランド名の立った話題作がそろい踏 … 続きを読む

名脚本誕生の舞台裏「渋沢栄一さんは、すごく分かりにくい人だと思った」大森美香(脚本)【「青天を衝け」インタビュー】

ドラマ2021年12月3日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「青天を衝け」。12月に入り、激動の幕末から近代を駆け抜けた日本資本主義の父・渋沢栄一(吉沢亮)の物語はいよいよ大詰めを迎える。本作を通して波瀾(はらん)万丈なその生涯に触れ、「新1万円札の人」のイメージが大 … 続きを読む

amazon

page top