【インタビュー】舞台「テンペスト~はじめて海を泳ぐには~」柳浩太郎舞台復帰2作目での挑戦「ハンディがあることは隠すものではないし、隠す必要もない」

2021年5月26日 / 08:00

-今回、柳さんが演じる役柄とその見どころを教えてください。

 僕は劇中劇で描かれる『テンペスト』のファーディナンド役でもあり、稽古場のシーンでは現代の俳優・ヤナギという役でもあります。劇中劇では、ファーディナンドと(関場理生が演じる)ミランダの2人きりのシーンがあります。出演のお話を頂いたあと、僕はシェークスピア原作の映画を幾つか見て、シェークスピアが描いた時代に合うような昔のヨーロッパ的な芝居を調べました。本作では、そうした古典的なシェークスピアの世界と、現代の稽古場という二つの世界が描かれているので、その雰囲気の妙を楽しめるように考えて芝居しています。そこはぜひ注目していただけるとうれしいです。

-改めて、公演を楽しみにされている方にメッセージを。

 ハンディがあることは隠すものではないし、隠す必要もないと思っています。そして、ハンディがあっても頑張っているからすごいというつもりもありません。ただ僕たちは、この作品の素晴らしさを芝居できちんと届けたいと思っているだけです。ジェニーが作ったシェークスピアの作品を僕たちが芝居として届けます。ぜひご覧ください。

-最後に、柳さんご自身の今後の活動についても教えてください。

 楽しんでやれることをたくさんやろうと思って、料理の動画を配信したりしています。今は、僕にダンスの楽しみを与えてくれた友人を、ダンス動画を発表することで探したいなと思っているんです。彼とは、高1ぐらいのときに、浦和駅の地下通路で一緒にダンスを踊っていました。僕のダンス動画を見て、彼が気付いてくれたらいいな、と。そして、いつか再会できることを願っています。

(取材・文・撮影/嶋田真己)

インクルーシブ・シアタークリエイション・プロジェクト「テンペスト~はじめて海を泳ぐには~」

 インクルーシブ・シアタークリエイション・プロジェクト「テンペスト~はじめて海を泳ぐには~」は、6月1日~6日、都内・あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)で上演。

公式サイト https://www.owlspot.jp/events/performance/post_207.html

 

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

杉野遥亮&岡崎紗絵&宮澤エマ&向井康二「ムードメーカーは向井さん」 “山岳医療ドラマ”「マウンテンドクター」4キャストが撮影現場を語る【インタビュー】

ドラマ2024年7月13日

-杉野さんと向井さんは初共演となりますが、ドラマに入る前の印象と会ってみて印象が変化したことはありますか。また、皆さんの撮影現場での様子を教えてください。 杉野 向井さんは、よくしゃべる方だなと思いました(笑)。以前バラエティー番組で拝見し … 続きを読む

「家族には、一線を超えてもそれを受け止めて、翌日にはケロッとしているという弾力みたいなものがある」橋口亮輔監督、江口のりこ『お母さんが一緒』【インタビュー】

映画2024年7月12日

-それはなぜですか。  タカヒロは今時のキャスティングだとイケメンばっかりなんです。「EXILEでどうですか」って写真まで見せられました(笑)。でも、タカヒロはちょっと天然で、救いになるような役です。ちゃんと生きた男の人にしたかったんです。 … 続きを読む

柄本時生、賀来賢人、落合モトキ「みんなで語っていた夢を実現できたことがうれしい」長年の親友同士が、掃除屋たちの人間ドラマで共演「錦糸町パラダイス~渋谷から一本~」【インタビュー】

ドラマ2024年7月12日

 テレ東にて、7月12日(金)深夜24時12分から始まる「錦糸町パラダイス~渋谷から一本~」(略称:錦パラ)は、東京・墨田区錦糸町を舞台に掃除屋たちがさまざまな人々との出会いを重ねていく人間ドラマだ。本作は、俳優の柄本時生が初プロデュースを … 続きを読む

【週末映画コラム】親子について考える映画を2本 認知症の父と息子の葛藤を描く『大いなる不在』/激しくやり合う三姉妹の家族ドラマ『お母さんが一緒』

映画2024年7月12日

『お母さんが一緒』(7月12日公開)  親孝行のつもりで母親を温泉旅行に連れてきた三姉妹。長女・弥生(江口のりこ)は美人姉妹といわれる妹たちにコンプレックスを持ち、次女・愛美(内田慈)は優等生の長女と比べられたせいで能力を発揮できなかった恨 … 続きを読む

石丸幹二「捨てるものもあれば、新しく受け取るものがあるのが人生」 年を重ねたからこそ分かる役との向き合い方【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年7月11日

-この作品と向き合うことで、石丸さんご自身も年齢の重ね方やこの先について、考えが変わりましたか。  僕にとってこの作品は“テキスト”でもあります。これから、自分はどう生きたらいいのか。何を持って生きていけば自分が輝くのか。そうしたことを見せ … 続きを読む

Willfriends

page top