【インタビュー】ミュージカル「ジェイミー」森崎ウィン&高橋颯がダブルキャストで贈る「今の時代に生きる僕たちでしか伝えられないもの」

2021年5月17日 / 08:00

 演劇の本場・イギリス発の大ヒットミュージカル「ジェイミー」が、8月8日から上演される。本作は、英BBCで放送されたドキュメンタリーに基づいた、16歳の高校生ジェイミー・ニューの物語。ドラァグクイーンになることを夢見た少年が、周囲の反対や、多くの困難を乗り越えながら自分らしさを貫く姿を描く。主人公ジェイミーをダブルキャストで演じる森崎ウィンと高橋颯に、役柄への思いや公演への意気込みを聞いた。

高橋颯(左)と森崎ウィン 

-イギリスでは異例の大ヒットを記録し、その後、映画化もされた作品ですが、まずは、出演が決まった気持ちを聞かせてください。

森崎 役者として、チャレンジすべき作品に出演できることがうれしかったです。この作品が持つメッセージは、今の時代に生きる僕たちでしか伝えられないものでもあると思うので、もちろん責任感も感じていますが、何はともあれミュージカルに出演できるというのは喜びが大きかったです。

高橋 僕はまだ、ミュージカルが二度目なので、(共演の)名だたる俳優さんの名前を拝見して、この中で主演をやるんだというプレッシャーもありましたが、同時にすごくうれしかったです。ウィンさんとダブルキャストということで、2人でジェイミーを作っていけることがすごく楽しみでもあります。

-森崎さんは「ウエスト・サイド・ストーリー」以来、約1年ぶりのミュージカルです。「ウエスト・サイド・ストーリー」は、新型コロナの影響で一部公演が中止になってしまいました。だからこそ、ミュージカルに出演したいという思いも強かったのでしょうか。

森崎 それもありますが、「ウエスト・サイド・ストーリー」に出演して、改めてミュージカルにもっと出演したい、もっと触れてみたいという気持ちが強くなったんだと思います。しかも、このご時世に生で何かを届けられるというのはすごくありがたいことです。僕はアーティスト活動もしていますが、ライブではその瞬間にしか生まれないものがあって、それを届けることが好きなんです。ミュージカルも同じように、生でその特別な瞬間を届けられるものだと思うので、それができることをすごくうれしく思っています。

-高橋さんは「デスノート THE MUSICAL」でミュージカルに初めて挑戦しましたね。今は、ミュージカルに対してどんな思いがありますか。

高橋 「デスノート THE MUSICAL」では、たくさんのことを学ばせていただきました。自分がどれだけ恵まれているかを実感しましたし、いろいろなことを経験させていただきました。その恩返しをするためにも、一つ一つ大事に積み上げて作り上げていきたいと思います。

-脚本を読んで、本作の魅力をどこに感じましたか。

森崎 ジェイミーの自分らしく生きる姿は憧れでもありますが、それは彼がいろいろなものを乗り越えてきたからこその姿だと思いました。僕自身もアーティストとして、一人のエンターテイナーとして、そして一人の人間として、自分らしく生きる勇気をもらいました。

高橋 「ありのままでいい」ということを伝えているすてきな作品だと感じました。僕からみると、ジェイミーも十分ありのままに生きているように見えますが、そのジェイミーも葛藤したり、悩んだりしている。僕は、自分の殻に閉じこもってしまうところがあるので、そんなことをしている場合じゃない、きちんと向き合っていくべきだと思いました。

-ドラァグクイーンに憧れる高校生という役柄についてはいかがですか。

森崎 もちろんこの作品は、ジェイミー自身のジェンダー観を描いている作品ではありますし、LGBTQがベーシックにはありますが、僕自身は、ゲイだから、ドラァグクイーンだからこうしようというわけではなく、一人の人間が葛藤していく姿を演じていけたらいいなと思っています。

高橋 僕はまだ芝居の経験が少ないこともあるので、前回出させていただいた「デスノートTHE MUSICAL」では、演出の栗山民也さんの言葉をそのまま受け止めることを大切にしていました。今回も、もちろん自分で準備していくことも必要だとは思いますが、演出のジェフリー・ペイジさんの言葉をしっかり受け止めていきたいと思います。その上で、ジェイミーが抱える悩みや思いが溶けて再生していく中でのドロドロとした感情や情念も大事に演じられたらいいなと思います。

-本作にちなんで、お二人の夢や目標を教えてください。

高橋 僕、夢を語ると泣いちゃうんですよ。だから、言えません(笑)。夢について語るのは、一番、自分に素直にならなくてはいけないし、それをうそなく伝えるのは怖いという思いもあって…なので、夢を語れるようになるのが僕の夢です。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

濱田龍臣、ターニングポイントは“ウルトラマン”「役者をやっていこうと強く思った」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年5月23日

 2006年に子役としてデビュー、大河ドラマ「龍馬伝」で坂本龍馬の幼少期を演じ、16歳で史上最年少のウルトラマンとして「ウルトラマンジード」の主人公にも抜てきされた濱田龍臣。近年は、舞台にもその活躍の場を広げ、「大地」(20年上演)や「更地 … 続きを読む

【特集】「鎌倉殿の13人」義経、散る! 菅田将暉「三谷幸喜さんはすごい」石橋静河「こんなこと、ふつうは経験できない」歴史に名を残すカップルを演じた2人が明かす舞台裏

ドラマ2022年5月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。5月22日に放送された第20回「帰ってきた義経」では、平家を滅ぼした英雄・源義経が、兄・頼朝(大泉洋)と溝を深めた結果、悲運の最期を遂げた。新たな義経像を作り上げた菅田将暉と愛妾・静御前役 … 続きを読む

大河ドラマ初出演で知った当時の人々の思い「価値観や常識は違っても、抱く感情は変わらない」新垣結衣(八重)【「鎌倉殿の13人」インタビュー】

ドラマ2022年5月22日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。名手・三谷幸喜の巧みな脚本と主人公・北条義時役の小栗旬をはじめとした俳優陣の好演により、およそ800年前の平安末期から鎌倉初期を彩った人々の活躍が生き生きと現代によみがえり、好評を博している。 … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「鎌倉殿の13人」第19回「果たせぬ凱旋」今に通じる人間関係の問題を浮き彫りにする頼朝と義経の断絶

ドラマ2022年5月21日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。5月15日に放送された第19回「果たせぬ凱旋」では、宿敵・平家を滅ぼした後、源頼朝(大泉洋)と義経(菅田将暉)の兄弟が溝を深めていく姿が描かれた。  “平家打倒”という兄・頼朝の悲願をかな … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「片恋グルメ日記2」本仮屋ユイカ&平岡祐太&藤田玲&兵頭功海、オリジナルストーリーで描く“コロと八角さんの恋の行方”に注目

ドラマ2022年5月21日

 出版社を舞台に、現実の恋に踏み込めない漫画編集部員・所まどかが、思いを寄せる男性営業部員・八角直哉に近づくべく、彼が食べたものと同じメニューを食べることで、妄想しながら追体験=“食事ストーキング”をするという、“新食感”のラブコメディーの … 続きを読む

amazon

page top